FC2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

アカツメクサ

 鶴見川沿いの遊歩道で    北風強く爽やか
180817 あかつめくさ

               アカバナウゲショウ
180817 あかばなゆうげしょう

               アオサギ
180817a あおさぎ

               亀
180817a かめ

               カルガモ
180817a かるがも

              鯉
180817a こい

              柿
180817b かき

              桜
180817b さくら

              栴檀
180817b せんだん

              欅
180817c けやきん

              柳
180817c やなぎ

              ソクズ
180817c そくず

              キンシバイ
180817d きんしばい

              ママコノシリヌグイ
180817d ままこのしりぬぐい

スポンサーサイト

PageTop

アカツメクサ

 鶴見川沿いの遊歩道で
180816 あかつめくさ

                jアジサイ
180816 あじさい

                セイヨウキンシバイ
180816 せおyぷきんしばい

                千日紅
180816 せんにちこう

                ヒルザキツキミソウ
180816 ひるざきつきみそう

   シオカラトンボ  遊歩道から見下ろした護岸のハシゴ段に。
180816a しおからとんぼぼ

                  蝉
180816a せみ

                 ヘリ
180816a へり

                 カルガモ
180816b かるがも

                 カラス   胸、腹に白髪
180816c からす

                 カラスウリ
180816c からすうり

                 蔦
180816d つた

                 ママコノシリヌグイ
180816d ままこのしりぬぐい

                ヤマノイモ
180816d やまのいも

PageTop

アサガオ

 鶴見川沿いの遊歩道で
180815 あさがお

                  ウリクサ
180815 うりくさ

                  ツユクサ
180815 つゆくさ

                  ニチニチソウ
180815 にちにちそう

                  ヒメジョオン
180815 ひめじょおん

                  亀
180815a かめ

                  カルガモ
180815a かるがも

                  ノウゼンカズラ
180815a のうぜんかずら

                  ハハコグサ
180815a ははこぐさ

                 ベゴニア
180815a べごにあ

                  サルスベリ
180815b さるすべる

                 ヘクソカズラ
180815b へくそかずら

                 ポーチュラカ
180815b ぽーちゅらか

                 ミズキ
180815b みずき

PageTop

430MHz用6エレ八木

(1)はじめに
'18.07.28の記事の6エレ八木のReを「く」の字形に曲げました。
 放射パターンのサイドローブが小さくなる事を期待したのですが、
 さほどの変化はなく、ただ、利得とF/B比が少し良くなりました。
a ひかく
元の参照HPは,50MHz用の6八木の記事ですが、消去された様です。


(2)ヒマつぶし
b あん
 エレメントはφ2アルミ線。ブームはΦ5アルミパイプ。
c すん
 D2の位置の変更で調整しで、SWRは430.3〜434.0MHzの範囲内で1.1以下。
 いつもの簡易電界強度計距離2m出力1Wで1.7μ(計算利得12.26dBi)
 同時測定の7エレ八木(18.07.10の記事)は.1.9μA(計算利得13.91dBi)

 Re以外の工作は、従前と同じですので省略します。もし、必要でしたら
 前回の記事('18.08.08 8エレ)をご参照ください。

  Reの工作
(1)φ4樹脂パイプに挿通した¥100店のφ2アルミ自在ワイヤーの
   両端の塗装(赤色)を8mm長剥離。16mm長のφ3アルミパイプを
   介してφ2アルミ線と圧着して連結。
(2)古いカレンダーの裏に、MMANAのデータに従って描いた図に
   沿わせてφ4樹脂パイプの中央を曲げました。
  (樹脂パイプ中央部は¥100ライターで加熱)
(3)φ4樹脂パイプ中央をブーム(φ5アルミパイプ)に木綿糸+
   瞬間接着剤で固定し、更にエポキシ接着剤で補強。
(4)ブームとφ2アルミ線とを水糸で結び瞬間接着剤で固定。
  「水糸」はDIYで入手した「工事用の目印用?の糸」らしいです。
d cれ

         収納状態
e れれ


分解収納状態(重量54g うちエレメント:25g ブーム+Re:29g)
f ぶん


(3)蛇足
(a)簡易電界強度計での比較を似た様な6エレで行いたかったのですが、
   今回は適当なものが無くて。('18.07.28の6エレは既にリサイクル)
   DIYの高価な立派な材料を購入して、切り刻み、その結果として、
   燃えないゴミとして出す。 というサイクルを行っております。

(b)MMANAのデータ
           計算値
g K3

           放射パターン
h かた
 
           定義
i Tぎ

PageTop

アカツメクサ

 鶴見川沿いの遊歩道で(8/6)〜(8/10)
180814 あかつめくさp

               アキノベニバナ
180814 あきのべにばな

               コデマリ
180814 こでまり

               ツユクサ
180814 つゆくし

               ハゼラン
180814 はぜらんぐ

               ヒメジョオン
180814 ひめじょおん

                ムクドリ
180814a むくどり

                アオゲイトウ
180814b あおげいとう?

                マメグンバイナズナ
180814b まめぐんばいなずな

                メリケンガヤツリ
180814b めりけんがやつり

                 ヤエムグラ
180814b やえむぐら

                 ママコノシリヌグイ
180814c ままこのしりぬぐい

                 ムクゲ
180814c むくげい

                 フウセンカズラ
180817c ふうせんかずら

                  タケニグサ
180824c たけにぐさ

PageTop