アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

キンモクセイ

 鶴見川沿いの遊歩道で   香が、、。   蝉の聲が途絶えました。
170925 きんもくせい

                キクイモ
170925 きくいも

                ニラ
170925 にら

                ヤナギハナガサ
170925 やなぎはながさ

               アカツメクサ
170925a あかつめくさ

  アカボシゴマダラ  遊歩道の(車止めφ10cmほどのステンレスパイプ)で食事?
170925a あかぼしごまだら

               亀
170925a かめん

               カワセミ
170925b かわせみ

           お地蔵さん  ピサの斜塔?
170925b じぞうさん

           ノゲシ
170925c げしむ

          ハゼラン
170925c ぜらん

          ツユクサ
170925c つゆくさ

         ? ヤブマメ ?
170925c やぶまめ?

          夾竹桃
きょうちくとう

スポンサーサイト

PageTop

'17.09.24 御岳山 東京都青梅市

立川駅で山の主局2局と八王子市在住のフレンド局と合流。計4局で青梅線乗車。
御嶽駅から満員のバスでケーブル下へ。やはり満員の御岳ケーブルで登り、更に、
リフト(乗客は4局のみでした)で展望台へ登ると、おや、羽村市在住の局が、、。
今日が月例の運用と云うのを、他のフレンド局から聞き、先回りしていたとの由。
今日は 5局での運用となりました。

御岳ケーブルを降りたところで、デジカメを取り出したところ「バッテリー残量0」
の表示が出て、撮影不能。  あんれまぁ!!
のところに、山の主局が、ご自身のデジカメの共同使用を許可して下さいました。
今日の写真は山の主局のカメラをお借りして撮影。下山後メールで送って戴きました。

展望台のテーブルをお借りしてアンテナ設営。
山の主2局と八王子局は位相給電7エレループ八木。私は7エレ('17.09.09の記事)と
5エレ八木垂直スタック('17.09.23の記事)を設置。 羽村局は特定小電力、市民無線
1200MHzなど多彩に運用。

    ナントカ菊 似たものが多く、私には判別できません。
a ナントカギク

        ミズヒキ
c ミズヒキ

  暗い曇天でしたが、青空が拡がり気温も上昇、半そでTシャツで丁度良い感じ。
汗もかかずにさわやか。展望台はリフトで登ってきた小さいお子さん連れのご家族など
次第に賑やかに。
d 展望台からの眺め

       ヤマノイモ
e ヤマノイモ

        ツリフネソウ
f ツリフネソウ

       ゲンノショウコ
g ゲンノショウコ

           ミズヒキ
h ミズヒキ

12:10交信終了。 昼食&歓談。 昼食後リフトで降りました。

リフト上駅の神代杉の展示 (撮影は 山の主局)
j 神代杉

同上 説明文 (撮影は 山の主局)
k_20170924210927bc1.jpg


 帰路は羽村局の車で青梅駅まで送って戴き(ありがたや)、そこそこの時刻の帰宅。
 風呂掃除を実施出来ました。


殆どの交信相手局が(5/9)-(5/9)での交信でしたが、Sが少し小さ目の3局との交信
での比較は 5エレスタックは、7エレ八木よりも送受信共にS1〜S2大きい。
ビーム幅は不確実ですが、5エレスタックがやや広い(感じ)がありました。
位相給電7エレループ八木(300mW送信)は 3局のSがまちまち(主にビームの
違いのためと思われる)でしたが、 100mW送信の5エレ八木スタックと
アンテナ利得は、ほぼ同等と思われます。
 

デジカメのバッテリーについて、デジカメはオートパワーオフで、電源スイッチの切り忘れ
ではないと思われます。帰宅後の充電は(たぶん正常に)出来ました。更に様子を見ますが、
今後は予備バッテリーを持参しようと思います。





PageTop

アメリカンブルー

 鶴見川沿いの遊歩道で(9/19)〜(9/21)
170924 あめりかんぶるー

                イヌタデ
170924 いぬたで

                カタバミ
170924 かたばみ

                茅
170924 かや

               コサギ
170924 こさぎ

               ハグロトンボ
170924a ぐろとんぼぼ

               アカトンボ
170924a あかとんぼ

               柿
170924b き

               スイフヨウ
170924b すいふよう

               ? センダングサ ?
170924b せんだんぐさ

               椿? 山茶花?  蕾が 
170924b つばきかさざんか

              ハキダメギク
170924b はきだめぎく

             ヤブガラシ
170924b ぶがらし

             マルバルコウソウ
170924b まるばるこうそう

PageTop

アキノゲシ

 鶴見川沿いの遊歩道で(9/19)〜(9/21)
170923 あきのげしん

                キクイモ
170923 きくいもん

                キンノエノコログサ
170923 きんのえのころぐさ

               葛
170923 くず

170923 くずん

              ハナミズキ
170923a はなみずき「

              ミズヒキ
170923a みずひき

             チカラシバ
170923b からしば

            スズメノヒエ  に クサカゲロウ
170923b すずめのひえ くさかげろう

            メリケンカルカヤ
170923b めりけんかるかや

            イヌガラシ
170923c いぬがらしん

           トキワハゼ
170923c きわはぜ

           ニラ
170923c にらら

          ヤナギハナガサ
170923c やなぎはながさ

PageTop

430MHz用 5エレ・八木

(1) はじめに。
5エレ八木('17.02.01の記事)はA,B2種類の5エレ八木の記事ですが、このうち
ビーム幅が僅かですが広い方のBを、エレメント径をφ2に変更して作成。


(2) 反射器Raが”くの字”に曲がった八木です。 
a あん
エレメントはφ2アルミ線、ブームは薄肉φ5アルミパイプ
b すん
MMANAのデータとおりの組立でSWRは427.3〜436.2MHzの範囲内で1.1以下。
簡易電界強度計 距離2m 出力1Wで 2.1mA でした。

給電部、導波器はいつも通りで、説明を省略します。
(もし 必要でしたら前回('17.09.17の記事)参照ください。)
反射器Reは¥100店の自在アルミ線---φ2軟アルミ線—で折り曲げ収納可能としました。
c れ


  分解収納状態(重量46g)
d ぶん


(3)もう1本同じのを作り、間隔1.2λの垂直スタックとしました。
e すたく
ガラス強化樹脂パイプのスタックバー(3分割)と同軸管分配器で連結、
e すたっくようひん
 スタック後のSWRは428.9〜434.2MHzの範囲内で1.1以下。
シングルでは前記の様に427.3〜436.2MHzの範囲内で1.1以下でした。

簡易電界強度計 距離2m 出力100mW で2.6mA。
         シングルでは前記の様に 2.1mAでした。


 スタック間隔はMMANAの計算値より、 「シングルに対して約3dBの利得増加
 & SWRが小さ目」で1.2λとしました。
f Kさん


スタックバーは3分割しましした。
スタックバー中は、M3ローレットねじで、三脚への支持パイプへ固定します。 
f なか

 スタックバー下にはミニステーを加工した治具でアンテナを取り付けます。
g した

スタックバー下とスタックバー中とはM3tローレットねじを介して連結。
h れした

 スタックバー中とスタックバー上とは差し込むだけ。 あとは地球の重力により支持。
i れうえ
 スタックバー上のアンテナ取付け部はスタックバー下と同様ですので省略します。


(4)蛇足
(a)MMANAの計算値(スタックにより、利得が3dB増加)に対して簡易電界強度計の
   測定値の増加が小さすぎる感じがするが、、、。 それもそうだが
   アンテナ重量46*2=92g スタックバー43g 同軸分配器100g 以上計235g。
   アンテナよりもスタック機材の方が重いというのはいかがなものか。

(b)MMANAのデータ
              計算値
j KKさん

             パターン
j ぱし

k ぱす

             定義
l Tぎ

PageTop