アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 9エレ八木

(1)はじめに
   ('16.05.19の記事)のリニューアルです。
   参照HPは下記 144MHz用の八木をMMANAで430MHz用にサイズ変換、
   http://www.powabeamantennas.co.uk/yagi%20designs/CQM9UX0.html145MHz
   「利得の割にはブーム長が短い」が特徴です。


(2)エレメント径φ4('16.05.19の記事)をφ2に変更。
a あんと
エレメントはφ2アルミ線、ブームはφ6アルミパイプ。
b すんぽ
MMANAのデ-タ通りに作ると、SWR最低値は420MHz付近433MHzでは1.5でした。
D2,D3の移動でSWR調整 424.9~437.3MHzの範囲内で1.1以下に。


        給電部
エレメント(φ2アルミ線)の端部にφ3黄銅パイプを圧着し、ブームへの取付け用の
φ8樹脂パイプに接着した樹脂板に「木綿糸+瞬間接着剤」で固定。エポキシ接着剤で補強。
c QQ


          給電部のブームへの取付け
ブーム(φ6アルミパイプ)には待ち受け用のφ8樹脂パイプを接着。
給電部側のφ8樹脂パイプの弾性を利用して、ブームにパチンと嵌めこみます。
d ら1


       導波器、反射器のブームへの取付け
ブーム側に20mm長のφ4樹脂パイプを「木綿糸+瞬間接着剤」&エポキシ接着剤で
取付け、エレメントには「抜け止め&位置決め」用のφ4樹脂パイプを接着。
e_20170622201255074.jpg


      ブームは4分割しました。
補強用にφ3黄銅パイプを挿通したφ5樹脂パイプを介して連結
f れんけつ


いつもの様に、アンテナを三脚への取付け用に、M3ローレットねじを使用
g じじ
三脚等への取付け治具は「無線関連のカテゴリーの'15.01.30の記事を参照下さい。


  分解/収納状態(重量78g うちエレメントは37g-このうちRaは15g)
h ろーず


(3)蛇足
(a)ブーム長は('16.05.19の記事)よりも58mm長くなってしまいました、残念。
   アンテナの重量は('16.05.19の記事)よりも37g低減。爺が自讃。

(b)MMANAのデータ
        計算値
i Kさん

         パターン
j ぱたん

         定義
k Tぎ

スポンサーサイト

PageTop

アジサイ

 鶴見川沿いの遊歩道で
170622 あじさいん

                アカツメクサ
170622 ちょあかつめくさ

               ハルジオン
170622 ちょはるじおん

170622 はるじおん

170622 はるじおんぐ

               ヒルガオ
170622 ひるがお

       亀  いつもは水面上の岩 昨日の雨の増水が残っています。
170622a かめ

        マガモ   川もまだ濁っています
170622a まがも

              エノコログサ
170622b えのころぐさや

              コマツイグサ
170622b こまつよいぐさん

             シモツケ
170622b しもつけ

           ゼニアオイ  昨日は水面下でした
170622b ぜにあおい

            ソクズ
170622b そくず

           ツツジ  まだまだ咲いています
170622c つつじ

PageTop

アジサイ

 鶴見川沿いの遊歩道で
170621 あじさいん

               クチナシ
170621 くちなし

              コバンソウ
170621 こばんそう

              ツユクサ
170621 つゆくさ

              ノウゼンカズラ
170621 のうぜんかずら

             竹
170621 たけん
           
            アオサギ
170621a あおさぎん

            ヒヨドリ
170621a ひよどり

           オオキンケイギク
170621b おおきんけいぎく

          コデマリ
170621b こでまり

         コマツヨイグサ
170621b こまつよいぐさ

         ハルジオング
170621b はるじおんぐ

        ヒルガオ
170621b ひるがお

        ヤマブキ
170621b やまぶきん

PageTop

アジサイ

 鶴見川沿いの遊歩道で
170620 あじさいん
  
                 アザミ
170620 あざみ

                 オキザリス
170620 おきざりす

                 カタバミ
170620 かたばみ

                 夾竹桃
170620 きょうちくとう

                 キンシバイ
170620 きんしばい

                 ビヨウヤナギ  白髪?
170620 びようやなぎしらが


                亀    光合成タイプの
170620a かめせなか

               スズメ  たぶん風呂上りの
170620a すずめふろあがり

              キバナコスモス
170620b きばなこすもす

              ソクズ
170620b そくず

             ナンテン
170620b なんてん

170620b なんてんぐ

             ノゲシ
170620b のげし

                 アメリカノウゼンカズラ
170620a あめりかのうぜんかずら

PageTop

430MHz用 3エレAWX

(1)はじめに
 '14.01.18の記事のリニューアルです。
 もともとは、JF1MHN局のHP:http://koedokawagoe.sakura.ne.jp/s_jf1awx_r.htmlの
 記事(AWXに円リングの反射器を付加)を参照して、でっちあげたシロモノです。

AWXのエレメント長を430MHzの1/2λ長に延長し、円リングの反射器は、AWXのX型
とし、SWRやらインピーダンスやらの都合で 短い導波器を1本追加しての3エレです。


(2)'14.01.18の記事のエレメント径φ4をφ2に変更しました。
エレメントに使用したφ2硬アルミ線は東急ハンズで購入の硬めのアルミ線。
φ2軟アルミ線は¥100店で購入の工芸用アルミ線で、折り曲げ収納可能とするために。
これらをφ3アルミ及び黄銅パイプで連結してエレメントを構成しました。
ブームはφ5アルミパイプとφ7樹脂パイプ(肉厚1mm)とで構成。
a あんと


寸法図が読みにくくてすみません。定義も参照してください。
b すんぽ
MMANAのデータとおりに組立て、SWRは427.5MHz〜438.4MHzの範囲内で1.1以下。


Ra,Reは樹脂板に「木綿糸+瞬間接着剤で固定後、エポキシ接着剤で補強。
c Q11


各エレメントにはφ7樹脂パイプを取付け。φ5アルミパイプのブームに取り付けた
φ7樹脂パイプとの、各々の「半割り部」を噛み合わせる様にブームに挿通して取付け。
 D1はφ7樹脂パイプにφ2硬アルミ線を貫通/固定しています。
d えれめんと

       取付け後
e ぶむ


    分解収納状態(重量80gr.)
f ぶん


(3)蛇足
(a)'14.01.18の記事のエレメントはφ4アルミ棒で、重量は200gでした。
   今回φ2エレメントにするためにMMANAで遊んで出来たデータのうち
   いちばんビーム幅が大きい(鋭くない)データで作成しました。

   MMANAの垂直放射パターンに斜め上方(下方)の大きな成分があります。
   SWRの小さい周波数範囲はAWXと同様に広いですが、エレメントの
   上下の開きの角度は小さく、1/2λダイポールに似た動作なのかも。
   
   144.2MHzでのSWRは2.5で、'14.01.18の記事と同じく430MHz専用です。

(b)MMANAのデータ
           計算値
g Kさん

            パターン
h ぱたん

             定義
i Tぎ




PageTop