アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MH用 4エレbend dipole(再・再々)

(1) はじめに
   前回の再々は’16.10.21です。 再は’13.11.13です。 続々は’13.10.05です。 
   続は’13.10.04です。 始めは’13.08.28の記事の3エレでした。 
   前回の再々のブーム材はプラスチック定規で、重くなり、収納も嵩張りました。
   今回は軽量化と収納のサイズダウンを狙ってみましたが


(2) また つまらぬものを 
a あんと
ブームはφ6アルミパイプ。エレメントはφ2アルミ線。白いサポートパイプ
(φ4樹脂パイプ)でエレメントを連結して整列を補助します。
b すんぽ
MMANAのデータ通りの組立で、SWRは432.2〜434.4の範囲内で1.1以下でした。
但し、各エレメントをキレイに整列しない場合はSWRが増加しました。

何時もの簡易電界強度計は測定値が異常に小さく、他の八木アンテナも一緒に測り
ましたが同様で、何かの外乱がある様です。評価できません。困っています。


             給電部  
c Qでんぶ
φ2の軟質アルミ線(¥100店の工芸用アルミ線)と硬質アルミ線(東急ハンズで購入)
とをφ3黄銅パイプを介して圧着で連結。軟質アルミ線を「曲げられる関節」として
折り畳み収納します。Ra以外の各エレメントも上図と同様(BNCは無いですが)です。
尚、「関節」はブームへの固定部の両側の2か所と、エレメントの屈曲部付近2か所の
計4か所に設け(φ3黄銅パイプで連結)ました。
d Qでん


  ブームは着脱可能に2分割(従前と同じやり方)三脚への固定部も従前と同じです。
e じぐ


  分解収納状態(重量100g  うちサポートパイプは12g)
  前回(再々)は226gでした。重量比は約44%
f ぶんかい
 6本の白いサポートパイプ(φ4樹脂パイプ)は、エレメント側に設けた受けパイプ
(φ6樹脂パイプ)の長さを変える事で、同一長さとしています。


  収納状態です。  前回(再々)との容積比は約70%
g ひかく


(3) 蛇足
(a)SWRは下がったが飛ばないアンテナを、いっぱい作っているので、簡易電界強度計
 での評価が出来ないのが不安ではありますが、あたってくだけろ。
 東急ハンズで購入したφ2の硬質アルミ線は加工硬化している様で、同じ商標の
 φ3アルミパイプよりもむしろ曲げ剛性があります。最寄のDIYに置いていない
 のが残念ですが。

(b)MMANAのデータ
         計算値  前回(再々)とさほど変わりません。
h Kさん

         パターン 前回(再々)との違いが私には見分けられない
i ぱたん

         定義
j Tぎ

スポンサーサイト

PageTop

カズマグサ

 鶴見川沿いの遊歩道で
170324 かすまぐさ

                カタバミ
170324 かたばみ

               スイバ
170324 すいば

               ハナニラ
170324 はなにら

               ハハコグサ
170324 ははこぐさ

              ジョウビタキ
170324a じょうびたき

              ツグミ
170324a つぐみ

              ヒヨドリ
170324a ひよどり

             コブシ
170324b こぶし

             モクレン
170324b もくtれん

170324b もくれんあ

            桃
170324b ももも

           陽光桜
170324b ようこ か

          散り始めた。 花の命は短くて 
170324b ようこう

PageTop

? アカツメクサ ?

 鶴見川沿いの遊歩道で
170323 あかつめくさ
  
                 黄梅
170323 おうばい

                 オオイヌノフグリ
170323 おおいぬ

                 カラスノエンドウ
170323 からすのえんどう

                 フキノトウ
170323 ふきのとう

                 イソシギ
170323a いそしぎ

                 コサギ
170323a こさぎ

                 ジョウビタキ
170323a じょうびたき

                 木の芽
170323b のめ

                 キュウリグサ
170323b きゅうりぐさ

                 タネツケバナ
170323b たねつけばな

                 ヒナゲシ
170323b ひなげし

                 ムラサキツユクサ
170323b むらさきつゆくさ

 陽光桜 遊歩道に落ちていました。 花びらはまだ散っておらず たぶん鳥が    
170323b ようこう

PageTop

オイヌノフグリ

 鶴見川沿いの遊歩道で
170322 おおいぬのふぐり

                 タンポポ
170322 たんぽこ

170322 たんぽぽ

                  ノゲシ
170322 のげし

                 ハナニラ
170322 はなにら

                 ツクシ
170322a つくしん

                 コブシ
170322b こぶし

                 シジュウカラ
170322c しじゅうから

                 ハクセキレイ
170322c はくせきれい

                ユキヤナギ
170322e ゆきやなぎ

                モモ
170322f もも

                枝垂れ桜 
170322g しだれさくら

                桜  そろそろ咲き終わり
170322h さくらん

                桜  陽光という種類だそうです。
170322i ようこ

170322i ようこう」さくら

170322i ようこうん

PageTop

赤芽樫

 鶴見川沿いの遊歩道で
170321 あかめがし

                 黄梅
170321 おうばい

                 山茶花
170321 さんざんか

                 沈丁花
170321 じんちょうげ

                 水仙
170321 すいせん

              雨の中がんばっています   鵜   コサギ
170321a うさぎ

              キセキレイ   濡れています
170321a きせきれい

             ジョウビタキ   濡れて、、
170321a じょうびたきん

             鯉    ぬ
170321b こい
 
             ミカン  
170321b みかん

            ハナダイコン 
170321c はなだいこん
 
            ヒュウガミズキ
170321c ひゅうがみずきん

            ホトケノザ
170321c ほっとけのざ

            レンギョウ
170321c れんぎょう

            ムスカリ  濡れていない これだけは、遊歩道でなく、自宅の軒下で
170321c むすかり

PageTop