アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

'17.11.12 飯山白山(284m)神奈川県厚木市

小田急線本厚木駅からバス20分弱で飯山観音前バス停に到着。橋を渡り10分ほど。
その先の山門から階段を登ると飯山観音堂
a 飯山観音堂

 登山道は観音堂の裏手から。 すぐに男坂と女坂に分かれます。無論女坂へ。
b 男坂女坂道標

c 登り道

cc 登り道

  山頂まで、たぶん1/2くらいの処ですが。
d 道標まだ山頂ではない

    階段と
e 登り道階段

    楽ちん道が交互に。
f 登り道楽ちん

      コウヤボウキ
g コウヤボウキ

      イヌコウジュ?
h イヌコウジュ

    この上が白山展望台。 バス停から45分
i この上が山頂

     展望台から右手に丹沢大山
l 丹沢大山

     正面に 枝の陰ですが 江の島
m 江の島

    左手は 厚木市内から 都心方向
j 都心方向

    スカイツリー
k すかいつりー

 展望台のベンチをお借りして今日は8エレ八木と3エレAWXを設置
少しワッチして8エレ八木 出力1Wで08:40交信開始 気温13℃ お日様ぽかぽか。
n あんてな

 10:30 アマチュア無線局が2局登ってこられました。
 1局は朝のうちに交信した同じ厚木市内の局で、アンテナを見せてほしいとの事でした。
 もう1局は偶然一緒に登ってこられたとの事で、お会いするのは初めてですが、
 ブログを時折拝見している局でした。交信中止。アンテナその他 懇談会開始。
 1時間ほどの楽しい時間の後厚木市の局は下山。ブログの局は少し離れた山頂で
 運用との事で。懇談会終了。 勉強もさせて戴きました。

     鳶?
o 鳶

 11:35交信再開。12:00頃終わりにしようかな?と思ったところへ、懐かしい局から
 声が掛り、うれしく話し込みました。 交信終了13:10  昼食を短時間で終え下山。

p 下り道

     20分ほどで 飯山観音堂
q 飯山観音堂

      参道の小菊の花壇
r 小菊

 20分ほどの待ち合わせでバスに乗車。電車は快速急行が利用できた事もあり、
 朝よりも短時間の乗車で帰宅。 風呂掃除 つつがなく実施。


 AWXと八木とは最大S3程度の差がありました。(無論八木が強い)ビーム幅は
 AWXが2倍半くらいかな?広い ”感じ”でした。



スポンサーサイト

PageTop

'17.11.03 御岳山 展望台(882m地点)

自宅を出た時には路面が濡れておりました、電車での移動中に空は速やかに明るくなり、。
立川駅で山の主局、八王子局と合流。3局で青梅線御嶽駅へ。
御嶽駅前バス停からの空は。
a 御嶽駅前

バスでケーブル下バス停へ、御岳ケーブル内から見た上駅です。
b ケーブル上駅

ケーブル上駅からリフトに乗る予定でしたが、
c ケーブル上駅前

時間が早い為にリフトがまだ動いておらず、リフト脇の階段を登りました。
d ケーブル上駅前2

かなり急な階段ですが 5分ほどで リフト上駅に
e 標高882m展望台

 リフト上駅脇の展望台(左側の青い骨組み)のテーブルを借りて運用します。
f 展望台

青い骨組みの下に、2局は位相給電7エレループ八木。私は9エレ八木('17.10.31の記事)
と缶缶テナ('17.10.07の記事)を揚げているところへ、小金井市のフレンド局が現れ
50MHzの運用だそうで、V型ダイポールを設置。
g アンテナ

   展望台からの日の出山
h 日の出山

430MHz3局。50MHz1局が送信を始めたところへ 更にフレンド局2局到着。
特定小電力、CB無線、1200MHz等を運用との事です。

i 展望台から

リフトが動き始めた様で、小さいお子さん連れ等、展望台は少し賑やかになりました。
10時の気温15℃。無風で、陽射しが暖かです。

j 展望台から2

11:50交信終了。その少し前から小金井局の温めて戴いた「おでん」で昼食。

昼食後、 
かねて楽しみにしていたリフト上駅階上で開催の「田部井淳子さん」の写真展を見学。
畳敷きの室内にたくさんの写真(すでに病気がかなり進行した頃だそうですが、
溌剌とした姿の)の展示。VTRも放映されており田部井さんの元気な声も聞こえました。

       ノコンギク たぶん
k ノコンギク

 リフト上駅脇からケーブル上駅へ下りました。
l 展望台上

m t展望台上

    ヤクシソウ
n ヤクシソウ

     ケーブル上駅
o ケーブル上駅

6局で御岳ケーブルで下り、、。ケーブ下駅付近は駐車場の空きを待つ車の列が出来て。
朝、青梅線で来た3局は小金井市局の車で青梅駅まで送り届けて戴ける事になりました。
以降 電車の接続良好で早い帰宅。余裕で風呂掃除 実施。

 殆どの局とは缶缶テナ出力100mWで交信。無指向性と思っていた缶缶テナにも
僅かな指向性がありました。 2局の7エレループ八木(出力300mW)との、
相手局から戴く受信レポートは、1〜4程度缶缶テナが小さい程度でしたが、
これはロケに恵まれた為の様で、 缶缶テナでは復調できない相手局が3局あり
9エレ八木に交換して交信を行いました。缶缶とループとの利得の差は歴然です。
とはいえ7エレループはかなりビームが切れます。 ”ほぼ無指向性”の缶缶テナは
気楽に交信できました。

PageTop

'17.10.15 大塚山(920m) 東京都青梅市

昨夜の天気予報は早朝の雨 のち曇 午後雨。でしたが、雨男の予想のとおり、御嶽駅で
下車したときはかなり強い雨で、帰路 御嶽駅に戻った時にも降り続いておりました。
ともあれ
御嶽駅からバスでケーブル下へ。御岳ケーブルで上がりました。
a_20171015175123b1b.jpg

ケーブル上駅から大塚山へ
b_2017101517515978e.jpg

    巻道との分岐点 
c_20171015175217aba.jpg

 右の巻道は工事中の様で 通行注意 の表示がありました。
dd_20171015175252ece.jpg

  左の道を大塚山へ
d_2017101517534614c.jpg

e_2017101517544066e.jpg

g_20171015175459e65.jpg

h_20171015175519758.jpg

i_20171015175535d53.jpg

j_20171015175552ee9.jpg

k_20171015175608fca.jpg

ケーブル上駅から 何時もより少し余計に25分で 大塚山の四阿に到着。
8エレ八木('17.09.07の記事)と缶缶テナ('17.10.07の記事)を設置してしばらくワッチ。
缶缶テナの受信Sは八木よりも1〜4小さいですが、無指向性の強みがあります。
l_20171015175735c17.jpg
08:45 交信開始。 気温12.6℃  いつもの様に出力100mWで始めましたが、
違法局による妨害があり、以降出力1Wに増加、八木で交信を行いました。
四阿の屋根を叩く雨の音に時折小鳥の聲が聞こえます・ 
ハイカーも全く訪れません。  静かです。

        四阿からの眺め
n_201710151758093f2.jpg

交信するうちに気温は12℃まで下がり、長袖シャツの上にヤッケを着ました。
楽しい交信を続けて12時に交信終了。昼食。帰路は工事中の様でしたが巻道を戻ります。 

巻道へ下る道は川になっていました。
o_2017101517584712a.jpg

  巻道  工事用車両の深い轍の真ん中を快適に歩けました。
p_20171015175928131.jpg

 黄葉にはまだ早いし、花はそろそろ終わりのようだし、
q_20171015175949b82.jpg

  下りの御岳ケーブルです。朝よりも 少し霧が濃くなりました。
r_20171015180029513.jpg


 ケーブルカーからバス停へ下る道の シュウカイドウもそろそろ咲き終わりの様です。
s_20171015180129890.jpg


バス、電車の待ち時間が重なり、風呂掃除にギリギリの時間に帰宅。

今回は缶缶テナの評価は殆ど出来ませんでしたが、「使い勝手は良さそう」な感触。
ただ、嵩張ります。今回は下に示す様にプラスチックケースに入れてザックに詰めましたが、
僅かですが凹みました(容易に修正出来ましたが)スーパーのレジ袋にでも入れて、ザック
の外にぶら下げた方が良さそうです。
m_201710151802317d7.jpg


PageTop

'17.09.24 御岳山 東京都青梅市

立川駅で山の主局2局と八王子市在住のフレンド局と合流。計4局で青梅線乗車。
御嶽駅から満員のバスでケーブル下へ。やはり満員の御岳ケーブルで登り、更に、
リフト(乗客は4局のみでした)で展望台へ登ると、おや、羽村市在住の局が、、。
今日が月例の運用と云うのを、他のフレンド局から聞き、先回りしていたとの由。
今日は 5局での運用となりました。

御岳ケーブルを降りたところで、デジカメを取り出したところ「バッテリー残量0」
の表示が出て、撮影不能。  あんれまぁ!!
のところに、山の主局が、ご自身のデジカメの共同使用を許可して下さいました。
今日の写真は山の主局のカメラをお借りして撮影。下山後メールで送って戴きました。

展望台のテーブルをお借りしてアンテナ設営。
山の主2局と八王子局は位相給電7エレループ八木。私は7エレ('17.09.09の記事)と
5エレ八木垂直スタック('17.09.23の記事)を設置。 羽村局は特定小電力、市民無線
1200MHzなど多彩に運用。

    ナントカ菊 似たものが多く、私には判別できません。
a ナントカギク

        ミズヒキ
c ミズヒキ

  暗い曇天でしたが、青空が拡がり気温も上昇、半そでTシャツで丁度良い感じ。
汗もかかずにさわやか。展望台はリフトで登ってきた小さいお子さん連れのご家族など
次第に賑やかに。
d 展望台からの眺め

       ヤマノイモ
e ヤマノイモ

        ツリフネソウ
f ツリフネソウ

       ゲンノショウコ
g ゲンノショウコ

           ミズヒキ
h ミズヒキ

12:10交信終了。 昼食&歓談。 昼食後リフトで降りました。

リフト上駅の神代杉の展示 (撮影は 山の主局)
j 神代杉

同上 説明文 (撮影は 山の主局)
k_20170924210927bc1.jpg


 帰路は羽村局の車で青梅駅まで送って戴き(ありがたや)、そこそこの時刻の帰宅。
 風呂掃除を実施出来ました。


殆どの交信相手局が(5/9)-(5/9)での交信でしたが、Sが少し小さ目の3局との交信
での比較は 5エレスタックは、7エレ八木よりも送受信共にS1〜S2大きい。
ビーム幅は不確実ですが、5エレスタックがやや広い(感じ)がありました。
位相給電7エレループ八木(300mW送信)は 3局のSがまちまち(主にビームの
違いのためと思われる)でしたが、 100mW送信の5エレ八木スタックと
アンテナ利得は、ほぼ同等と思われます。
 

デジカメのバッテリーについて、デジカメはオートパワーオフで、電源スイッチの切り忘れ
ではないと思われます。帰宅後の充電は(たぶん正常に)出来ました。更に様子を見ますが、
今後は予備バッテリーを持参しようと思います。





PageTop

17.09.10 景信山(727m) 東京都八王子市

自宅を出た頃は曇天でしたが、中央線高尾駅で下車した時には快晴。陣馬高原下行きの
急行バス(2台に増発)が出てゆくと、駅前は急に静かになりました。小仏行きバスは
それでもほぼ満員。バス停から林道を歩きます。最後尾で。

         ススキ
a すすき

         ?
b ?

         マツカゼソウ
c マツカゼソウ

         ノブキ
d ノブキ

          キンミズヒキ
e キンミズヒキ

  今日は水量が多い ヤゴ沢を登ってゆきます。
f ヤゴ沢

        ヤブハギ?
g ヤブハギ?

        タマジサイ      
h タマアジサイ

        フウロ?
i フウロ?

         ??
j ?

         キバナアキギリ
k キバナアキギリ

          ハエドクソウ
m ハエドクソウ

          ガンクビソウ
n ガンクビソウ

    少し上に稜線が見えて そろそろ くたびれた。
p 稜線

         ヤマホトトギス
r ヤマホトトギス

        シモバシラ
s シモバシラ


   ナントカキク  似た花が多くて 私は見分けが出来ません
t @キク

 バス停から1.5時間で山頂。 相模湖が見えます。 富士山は見えず
u 相模湖

        オミナエシ
v オミナエシ

 8エレ八木('17.08.20の記事)と7エレ八木('17.09.09の記事を設置。
 しばらくワッチ。受信Sに差がありません。7エレにはトンボが止まりました。
w 7ere八木
 
 09:30 出力100mWで交信開始。気温は高くはないが陽射しが暑い。
 山頂はハイカー増えてきましたがいっぱいにはならず。
 それでも小さいお子さん登ってきて 次第に賑やかに。


  12:05交信終了。昼食。 旧道を下りました。

      ツリガネニンジン
x ツリガネニンジン

       ヤマハギ?
y 萩

      カシワバハグマ
z カシワバハグマ

小仏バス停には山頂から1時間弱で到着。高尾山口駅行きも含めバス3台が待機
していました。電車の接続も良好で 早めの帰宅。 風呂掃除実施。


7エレと8エレの簡易電界強度計の測定値('17.09.09測定)は差が少なく
山頂での受信の感じとも「一応は」合致しています。このところ簡易電界強度計
に対する信頼感が揺らいでいましたが、今日はちょと安心。


PageTop