アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

津久井城山(鷹射場) 神奈川県相模原市緑区

横浜線橋本駅からバス20分。津久井湖観光センター前で下車。
観光センターのバーベキュー広場から登り始め。
a 津久井湖観光センター

  観光センターのメタセコイヤ 3本の木です。
b メタセコイヤ

            ユキノシタ
c ユキノシタ

           花粉の木の素
d 花粉の木

 緩い傾斜の歩きやすい木陰の道です。
e 登り道

f ?

  樹木のため眺望はありません。 2〜3か所の窓があるだけ。
g 道の窓

  バス停から40分で鷹射場に到着
h 鷹射場

  遠くは靄で見えません。
i 鷹射場
上の写真の左側のベンチのそばに三脚を立て、8エレ八木('18.05.28の記事)と
位相給電7エレループ八木を設置。しばらくワッチ 8エレ八木がループ八木よりも
S1程度受信が良い様です。 専ら8エレ八木 出力100mWで運用しました。
j アンテナ

   頭上でウグイスが啼いています。 声はすれども姿はみえず
   ほぼ無風 気温25℃ 爽やかです。

         ナワシロイチゴ
k ナワシロイチゴ

           ?
l ?

          モミジイチゴ
m キイチゴ

  11:20交信終了。  周波数を探ると福島県の移動局が(5/9)で聞こえ
  8エレ八木 100mWで送信すると(5/9)で受信したそうです。 
  さっと昼食。朝来た道を下山。


 鷹射場から20分ほど。 津久井湖展望台から。 
下の道路を横切ると津久井湖観光センター。です
n 津久井湖展望台

バス、電車の接続良好。 早めの帰宅で、これから風呂掃除の予定です。

8エレ八木と位相給電7エループ八木。 
前記の様に受信は八木がS1程度大きかった。
相手局からはSは同じだが、八木の方が「聞きやすい変調」との
レポートを戴きました。

スポンサーサイト

PageTop

'18.04.15 大塚山(920m)東京都青梅市

電車の遅延のためいつもの時間より30分ほどの遅れで雨の青梅線御嶽駅に到着。
御岳ケーブルまでのバスの乗客は私一人。御岳ケーブルの乗客は径3名でした。
天気予報は午前中雨。

   御岳平の白樺は 薄い霧の中
a_20180415192314c0a.jpg

   雨の中を歩き始めると陽が射してきました。
b_20180415192348cc8.jpg

   分岐点に着きました。  雨が止みました。
c_201804151924545f3.jpg

  分岐点から右は巻き道
e_20180415192544316.jpg

左 大塚山への道へ
d_20180415192811772.jpg

f_20180415192618b69.jpg

g_20180415192647640.jpg

 御岳平から20分ほどで大塚山に着きました。
h_2018041519285549b.jpg

i_2018041519292242c.jpg

山頂のテーブ、ベンチに6エレ八木垂直スタック('18.04.07の記事)と7エレ八木
('18.04.11の記事)を設置。しばらくワッチしましたが、垂直スタックの調子が悪い。
スタックバーを撤去して6エレシングルとして再設置。09:15交信開始。
j_20180415193003d5c.jpg

陽射しが明るなりました、空の半分は青空 残りは白い雲が早い速度で移動。
k_20180415193152fb1.jpg

l_20180415193217f6e.jpg

 10:30突然降り出しました。交信中止。とりあえずアンテナの上に傘を
m_201804151932546b9.jpg
 10分ほど待ちましたが雨は止みません。機材をザックに戻し、アンテナは三脚ごと
 手に持って山頂直下の四阿の屋根の下に避難。

  四阿の屋根の下から。 
n_20180415193337764.jpg
以降、四阿で再設置して交信。 雨はその後40分ほど降り続いて止みました。
 
 11:40交信終了。昼食。四阿から少し下って巻き道を御岳ケーブルに戻ります。
p_20180415193429754.jpg

                キブシ
q_20180415193505ebb.jpg

                キイチゴ
r_20180415193523d15.jpg

                アブラチャン
s_20180415193538783.jpg

t_20180415193556ccb.jpg

   朝の分岐点が見えました。
u_201804151936335b7.jpg

v_201804151936552ce.jpg

   御岳平の桜
w_2018041519372607d.jpg

  御岳平の藤は もう少し
x_201804151937459db.jpg

 折りよく 下りの御岳ケーブルの発車時刻。 すぐに乗り込みました。
y 下り御岳ケーブル 

     御岳ケーブル下駅から バス停までの間に
            クサノオウ
z_20180415193908898.jpg

             シャガ
zz.jpg

          ? イチリンソウ ?
zzz.jpg

           セリバヒエンソウ
zzzz.jpg


バス、電車は空席が目立ち、接続は良好でした。 早めの帰宅で風呂掃除実施。
その後の写真整理に手間取り、この記事のUPは遅れました。


今回は6エレ八木垂直スタックが不調でした。6エレ八木単体では7エレ八木と
ほぼ同等の性能でしたので、同軸管分配器を疑っています。もう少し調べます。


私の雨男の神通力は、どうなってしまったのだろう?


PageTop

'18.04.01 御岳平(831m)t東京都青梅市

立川駅で山の主2局と私と3局が集合。沿線の桜を楽しみながら青梅線の御嶽駅で下車。
ケーブル下行きのバス1台が満員で発車。満席の2台目に乗車。満員の御岳ケーブルに
乗車して御岳平に到着。快晴。微風。春霞で眺望がありません。
a 眺望
展望台へのリフトの運転開始の10時にはまだ1時間ほどありますので、御岳平の隅の
テーブルをお借りしてアンテナ設置。今回は7エレ八木('18.01.24の記事)と位相給電
7エレループ八木をアンテナマストにスタックの様に設置。
ループ八木は山の主2局と合わせて計3本です。

09:15交信開始。御岳平はケーブルカーが着く都度、少数の観光客が訪れまた静かに。
観光客は御岳渓谷か御嶽神社へ。ハイカーは大岳山か日の出山方面へ。かな?
近くの杉の林は褐色。目が次第に痒ゆくなる。ノートパソコンの画面に細かな粉が溜まる。

       御岳平の白樺
b_20180401165454101.jpg


       桜はまだ蕾
c 御岳平の桜

        カタクリ
d カタクリ

e カタクリ

 11:30交信終了。昼食。御嶽神社参拝の観光客で満員の御岳ケーブルカーで下りました。
 
降ったケーブル下バス停の桜。
御岳ケーブルの上と下とで2週間くらいの季節の差がある様です。
f ケーブル下バス停の桜

帰路、御嶽駅のホームから近くの山が煙る様に見えました。花粉だろうと思います。
いつもの御岳平での運用より、今回は早めの帰宅で ゆっくり風呂掃除実施。

 7エレ八木('18.01.24の記事)と位相給電7エレループ八木とはほぼ同等の利得の様で
ビームの切れも同じ様に感じられました。 

お借りしたテーブルは1.2m角くらいの正方形です。その3辺に夫々アンテナマストを
建てました。このため3局のアンテナは再接近時は10cmくらいまでに接近します。
設置高さの差はがんばって20cm程度です。3局のループ八木の相手局からのレポートは
同じ値であるよりもむしろSで1〜4ほどの違いがある事が多く、又、相手局により3局の
うち一番良いレポートの局が異なりました。3局のアンテナ相互の干渉と、相手局との
僅かな位置、方位の違いが影響するのだろうか?

PageTop

'18.03.18 津久井城山(鷹射場)相模原市緑区

横浜線橋本駅からバスで津久井湖観光センター前で下車。曇天でしたが明るくなってきた。

    観光センターのメタセコイヤ
a メタセコイヤ

         津久井湖
b 津久井湖

  観光センターから道路の上を横切る橋を渡り、津久井城山への登り道へ
         ヤマブキ
c ヤマブキ?

     ジグザグの登り道の「ジグ」の方はまぶしいのです
d 登り

       「ザグ」の道には落ち椿
e 落ち椿

      切り株に大きなサルノコシカケ
f サルノコシカケ

          ヨゴレネコノメ
g ヨゴレネコノメ

          花粉の素の元
h 花粉の元

バス停から40分ほど、花粉除けのマスクで息苦しく ヨレヨレで鷹射場に到着。
津久井城山山頂はさらに10分ほどですが、城跡の土塁が電波を遮る感じです。
i 鷹射場

          鷹射場の頭上。春はもうじき
j 鷹射場頭上

写真用三脚にアンテナ設置。位相給電7エループ八木と2エレLazy H(17.05.18の記事)
 しばらくワッチ後 08:00 出力100mWで交信開始。 気温15℃
k アンテナ

Lazy Hで交信するうちに、丹沢のほうから薄雲が広がり、陽が遮られて寒くなりました。
モコモコ着込んで対処。
l 薄曇

          コウヤボウキ?
m コウヤボウキ?

 途中ループ八木に換えたりまた戻したり終始100mWで送信。11:30交信終了。
 また晴れてきました。暖かくなって 昼食。
n また晴れた

 朝登って来た道を下ります。 途中津久井ダムが僅かに見える処がありました。
 これ以外は樹木に遮られて津久井湖の水面は殆ど見ることが出来ません。
o 津久井ダム

            アオキ
p アオキ

      鷹射場から20分ほどでメタセコイヤ
q メタセコイヤ

電車、バスの接続良好。早い帰宅で風呂掃除実施。


一時的にパイルアップした為、ループ八木とLazy Hとの比較は2局のみできました。
1局はループ(5/7)に対してHは(5/1)
もう1局は共に(5/6)だがHはノイズが少し入る。 との事でした。
共に相手局側の受信レポートです。かなりの違いがありますが、2局のみのデータでは
この程度の差異は止むを得ないでしょう。
尚、ビーム幅は明らかにHが広く、ビームは殆ど振らずに交信できました。

PageTop

'18.03.04 御岳平(831m)東京都青梅市

立川駅で4局が合流。山の主2局と八王子局と私と。青梅線奥多摩行きに乗車。
歓談していると時間が直ぐに過ぎ御岳駅に到着。ケーブ下行きのバスに乗り換え。
かなり混んでいます。1台目のバスは満員で見送り、2台目のバスに乗車。
御岳ケーブルカーも満員で御岳平に到着。いつものテーブルをお借りしようとしましたが、
全てのテーブルが満員です。伺ったところバードウオッチングのグループでした。
15分ほどでこのグループが出発された後、テーブルをお借りしアンテナ設置。
09:10交信開始。 気温20℃ 上着を脱ぎました。

 御岳平 右側の藤棚の下のテーブルをお借りしました。山の主2局が写っています。
c 御岳平

 都心方向です。今日は眺望がありません。近くに見える杉の木は「花粉色」です。 
b 都心方向

  御岳平の蝋梅は満開
a 蝋梅

朝のバードウオッチングのグループ以降のケーブルカーの乗客は少なく、御岳平は閑散。
時折、犬連れの乗客が到着して少しの間賑やかになりましたが。

 11:30交信終了、 昼食

    エナガがきましたが、動きが早くてうまく撮れない。
d エナガ

 空席の多い下りのケーブルカーの前方の窓から。雪が少し。左下は山の主局の帽子。
f 下りのケーブルから

帰路の電車、バスの接続良好。 帰宅後 風呂掃除。


御岳平でお借りしたテーブルは約1.2m角の正方形です。その4隅に夫々アンテナマストを
建て、山の主2局と八王子局は位相給電7エレ・ループ八木。
私は8エレ八木('18.03.03の記事)と8エレLFA八木('18.02.25の記事)と設置しましたが、
8エレ八木と山の主局のループ八木が約50cmの距離でほぼ平行に隣接する状態に。
一方のアンテナのビームを振ると、もう1方のアンテナの送受信Sが大きく変動しました。
この為8エレ八木は撤去し、8エレLFA八木のみで運用しました。平行するアンテナとの
間隔は1.5m弱となり、干渉は無くなりました。
又、山の主2局の2本のループ八木が電波の到来方向に対して前後に設置されましたが
ここでも何らかの干渉がある様で、「前方」のループ八木の方が若干送受信Sが大きい
結果となりました。

PageTop