fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 6エレ変形八木

アマチュア無線用アンテナの製作記事です
いつもの鶴見川沿いの記事はこの後にあります

(1) はじめに
22.12.21制作6エレ八木のMMANAデータを遊んで24.02.08の6エレ八木を
作り、24.02.08の6エレ八木の給電部をFDに変更(‘24.05.05 6エレFD)
更に給電部をDG7BYN様に変更 (‘24.05.07 6エレDG7BYN)
今回は反射器を くの字形 に変更して変形八木(この名称は勝手につけました)
偶然に少し良いデータが得られ、作りました。(下表)
a 6エレ変形八木 比較


(2)ブームはφ6アルミパイプ
 Raエレメントはφ2銅棒 Reエレメントはφ2銅棒、
b あ
c す
MMANAのデータからSWR調整のためD1、D2を移動して
フレンド局に譲って戴いた、CAA-500でのSWR、インピーダンスの測定値は
431.4MHz:1.1:56Ω 433.0MHz:1.0::50Ω 434.1 Hz:SWR1.1:48Ω 
手持ちのCAA-400では SWRは431.5〜433.5Hzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計の指示値は 出力1mW ,距離2mで4.5mAでした
同時測定の‘24.05.07作成の6エレDG7BYN八木も4.5mAでした 


(3)MMANAのデータ
        計算値
d け

        パターン
e ぱ

        定義
f て


(4)制作内容
     反射器
2本のM2スペーサを所定の角度に半田で連結。φ6樹脂パイプに3mm厚樹脂板と
共に木綿糸+瞬間接着剤&木工ボンドで固定
g れ

     給電部
スリ割りを入れたφ8樹脂パイプに3mm厚樹脂板を翼状に接着。φ2銅棒エレメントを
木綿糸+瞬間接着剤&木工ボンドで固定、BNC-BRを半田付け
h き

    給電部Raの固定
 給電部のすり割り入りφ8樹脂パイプの弾性を利用してブームにパチンと填め込み
ブーム側はφ8樹脂パイプを配置して待ち受け
i ら

導波器の中央付近に20mm長のφ4樹脂パイプを接着。
ブームに「木綿糸+瞬間接着剤」&木工ボンド」で固定したφ4樹脂パイプに挿入、支持。
j で

ブームは3分割 φ5アルミパイプ(肉厚1mm)で連結
jl つ

三脚の雲台への支持
ブームにM2ねじで、M3ナット、ローレットねじ取り付けたミニステーを固定。
φ3黄銅パイプを半田付けし、切り込みを入れた三脚側のミニステー金具に取り付け。
φ6ステンレスパイプの もう一端には三脚雲台ねじに合う1/4wナットを取り付け。 
k し
三脚側の治具の追加説明はカテゴリー「無線関連」アンテナ支持(‘15.01.30の記事)に。

   分解収納状態(重量61g うちブームは.34g エレメントは33g)
l ぶ

PageTop

430MHz用 6エレDG7BYN八木

アマチュア無線用アンテナの製作記事です
いつもの鶴見川沿いの記事はこの次にあります

(1) はじめに
22.12.21制作6エレ八木のMMANAデータを遊んで24.02.08の6エレ八木を
作り、24.02.08の6エレ八木の給電部をFDに変更(‘24.05.05 6エレFD)
今回は24.02.08の6エレ八木の給電部をDG7BYN様に くの字形に変更
偶然に少し良いデータが得られ、作りました。(下表)
240507 くにのち
尚、元々はDG7BYN局のHP(下記)を参照させて戴きました
http://www.dg7ybn.de/432MHz/GTV70_8n.htm


(2)ブームはφ6アルミパイプ
 Raエレメントはφ2銅棒 Reエレメントはφ2銅棒、
b あ
c す
MMANAのデータからSWR調整のためD1を移動して
フレンド局に譲って戴いた、CAA-500でのSWR、インピーダンスの測定値は
432.4MHz:1.1:55Ω 433.0MHz:1.0::50Ω 434.5Hz:SWR1.1:46Ω 
手持ちのCAA-400では SWRは431.8〜434.0Hzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計の指示値は 出力1mW ,距離2mで4.5mAでした
同時測定の‘24.05.05作成の6エレFD八木は4.0mAでした 


(3)MMANAのデータ
        計算値
d け

        パターン
e ぱ

         定義
f て


(4)制作内容
     給電部
スリ割りを入れたφ8樹脂パイプに3mm厚樹脂板を翼状に接着。φ2銅棒エレメントを
木綿糸+瞬間接着剤&木工ボンドで固定、BNC-BRを半田付け
g き

    給電部Raの固定
 給電部のすり割り入りφ8樹脂パイプの弾性を利用してブームにパチンと填め込み
ブーム側はφ8樹脂パイプを配置して待ち受け
g ら

反射器、導波器の中央付近に20mm長のφ4樹脂パイプを接着。
ブームに「木綿糸+瞬間接着剤」&木工ボンド」で固定したφ4樹脂パイプに挿入、支持。
f で

ブームは3分割 φ5アルミパイプ(肉厚1mm)で連結
h つ

三脚の雲台への支持
ブームにM2ねじで、M3ナット、ローレットねじ取り付けたミニステーを固定。
φ3黄銅パイプを半田付けし、切り込みを入れた三脚側のミニステー金具に取り付け。
φ6ステンレスパイプの もう一端には三脚雲台ねじに合う1/4wナットを取り付け。 
i し
三脚側の治具の追加説明はカテゴリー「無線関連」アンテナ支持(‘15.01.30の記事)に。

   分解収納状態(重量61g うちブームは29g エレメントは32g)
j ぶ

PageTop

430MHz用 6エレFD八木

アマチュア無線用アンテナの製作記事です
いつもの鶴見川沿いの記事は この次にあります。

(1) はじめに
22.12.21制作6エレ八木のMMANAデータを遊んで24.02.08の6エレ八木を
作りましたが、
24.02.08の6エレ八木の給電部をFD(折り返しダイポール)に変更したところ
偶然に少し良いデータが得られ、作りました。(下表)
a アンテナ比較


(2)ブームはφ6アルミパイプ
 Raエレメントはφ2黄銅棒 Reエレメントはφ2銅棒、
aa あ
b す
MMANAのデータからSWR調整のためD2,D3を移動して
フレンド局に譲って戴いた、CAA-500でのSWR、インピーダンスの測定値は
431.7MHz:1.1:62Ω 433.0MHz:1.0::50Ω 433.8Hz:SWR1.1:45Ω 
手持ちのCAA-400では SWRは432.8〜433.8Hzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計の指示値は 出力1mW ,距離2mで4.0mAでした
同時測定の‘23.02.08作成の6エレ八木は3.5mAでした 


(3)MMANAのデータ
        計算値
c け

        パターン
d ぱ

         定義
e て


(4)制作内容
     給電部
スリ割りを入れたφ8樹脂パイプに2本のφ2黄銅棒エレメントを木綿糸+
瞬間接着剤&木工ボンドで固定、BNC-BRを半田付け
f き

    給電部Raの固定
 給電部のすり割り入りφ8樹脂パイプの弾性を利用してブームにパチンと填め込み
ブーム側はφ8樹脂パイプを配置して待ち受け
g ら

反射器、導波器の中央付近に20mm長のφ4樹脂パイプを接着。
ブームに「木綿糸+瞬間接着剤」&木工ボンド」で固定したφ4樹脂パイプに挿入、支持。
h で

ブームは3分割 φ5アルミパイプ(肉厚1mm)で連結
i つ

三脚の雲台への支持
ブームにM2ねじで、M3ナット、ローレットねじ取り付けたミニステーを固定。
φ3黄銅パイプを半田付けし、切り込みを入れた三脚側のミニステー金具に取り付け。
φ6ステンレスパイプの もう一端には三脚雲台ねじに合う1/4wナットを取り付け。 
j し
三脚側の治具の追加説明はカテゴリー「無線関連」アンテナ支持(‘15.01.30の記事)に。

   分解収納状態(重量76g うちブームは34g エレメントは42g)
k あ


PageTop

430MHz用 6エレ変形八木

 アマチュア無線用アンテナの記事です
いつもの鶴見川沿いの記事はこの次にあります。

(1) はじめに
捨てずに残しておいた過去の手作りアンテナの比較表の中から ‘23.03.07作成の
6エレ変形八木のMMANAデータを遊んでみました。その結果下表のように
利得は少し増加 F/B比は少し減少 良くなったのか悪くなったのか?
a アンテナ比較


(2)ブームはφ6アルミパイプ
 Raエレメントはφ2アルミ棒 Reエレメントはφ2銅棒、
b あ
c す
MMANAのデータからSWR調整のためD2を移動して
フレンド局に譲って戴いた、CAA-500でのSWR、インピーダンスの測定値は
432.4MHz:1.1:60Ω 433.0MHz:1.0::50Ω 433.7Hz:SWR1.1:45Ω 
手持ちのCAA-400では SWRは432.5〜433.9Hzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計の指示値は 出力1mW ,距離2mで3.5mAでした
同時測定の‘23.0.307作成の6エレ変形八木もまた3.5mAでした 


(3)MMANAのデータ
        計算値
d け

        パターン
e ぱ

         定義
f て



(4)制作内容
     反射器Re
φ6アルミパイプのブームに1mm厚樹脂板を置き所定の角度に半田付け連結された
2本のM2スペーサを木綿糸+瞬間接着剤&木工ボンドで固定
φ3黄銅パイプの両端にM2ねじ及びφ2アルミ棒をそれぞれ挿入、圧着したエレメント
をねじ込みます。
g れ

     給電部
スリ割りを入れたφ8樹脂パイプに2本のφ2銅棒エレメントqを木綿糸+
瞬間接着剤&木工ボンドで固定、BNC-BRを半田付け
h き

    給電部の取り付け
 給電部のすり割り入りφ8樹脂パイプの弾性を利用してブームにパチンと填め込み
ブーム側はφ8樹脂パイプを配置して待ち受け
i ら

D1~D4(導波器)の中央付近に20mm長のφ4樹脂パイプを接着。
ブームに「木綿糸+瞬間接着剤」&木工ボンド」で固定したφ4樹脂パイプに挿入、支持。
j で

ブームは3分割φ5アルミパイプ(肉厚1mm)で連結
k つ
三脚の雲台への支持
ブームにM2ねじで、M3ナット、ローレットねじ取り付けたミニステーを固定。
φ3黄銅パイプを半田付けし、切り込みを入れた三脚側のミニステー金具に取り付け。
φ6ステンレスパイプの もう一端には三脚雲台ねじに合う1/4wナットを取り付け。 
l し
三脚側の治具の追加説明はカテゴリー「無線関連」アンテナ支持(‘15.01.30の記事)に。

   分解収納状態(重量67g うちブームは33g エレメントは34g)
m ぶ

PageTop

430MHz用 4エレbend dipole

アマチュア無線用アンテナの記事です
いつもの鶴見川沿いの記事はこの後にあります。

(1) はじめに
a アンテナ比較
‘24.04.04の 3エレbend dipoleに続き ‘20.05.20のデータの4エレをエレメントの
収納展開時の絡み合いを低減するために 少し構成を変えて作りました
aa あ
エレメントは¥100店の柔らかに曲がるφ2アルミ自在ワイヤと
φ2アルミ棒(硬い)を使用し、エレメント屈曲部をφ3黄銅パイプで連結 
φ2アルミ自在ワイヤの屈曲部の近傍以外は電気ドリルで捩って硬化しました。 
エレメントの姿勢を保つ為に樹脂パイプでサポート 
ブームはφ6アルミパイプ(2本つなぎ)

 
(2) 1波長エレメントを折り曲げたダイポールの八木アンテナです
b す
MMANAのデータとおりの組立で
フレンド局に譲って戴いた、CAA-500でのSWR、インピーダンスの測定値は
432.6MHz:1.1:62Ω 433.0MHz:1.0::58Ω 434.7Hz:SWR1.1:50Ω 
手持ちのCAA-400では SWRは432.6〜434.8Hzの範囲内で1.1以下。
24.04.04の3エレよりも低SWRの範囲が狭く 高インピーダンスです
いつもの簡易電界強度計の指示値は 出力1mW ,距離2mで3.5mA
’24.04.04の3エレは2.5mAでした


(3)MMANAのデータ
         計算値  
c け

         パターン  ’24.04.04の3エレよりビーム幅が狭い
d ぱ
 
         定義
e て


(3) 製作内容
     給電部
ブームに接着したφ8樹脂パイプに2mm厚樹脂板を接着。先端のφ3黄銅パイプを圧着
したφ2アルミ自在ワイヤ2本を突き合わせ1mm間隔で配置して」木綿糸+瞬間接着剤
&木工ボンドで固定。黄銅パイプにBNC-BRコネクタを半田付け。
φ2アルミ自在ワイヤはφ3黄銅パイプから出た10mm以外は電気ドリルで捩り硬化
f き
φ2アルミ自在ワイヤの先端には20mm長φ3黄銅パイプを填め、φ3黄銅パイプの
他端にはφ2アルミ棒を挿入圧着。黄銅パイプは所定の角度に曲げま


D2の取り付け
給電部と同様にφ6樹脂パイプと3mm厚樹脂板をブームに接着
両端からφ2φ2アルミ自在ワイヤ2本を挿入、圧着したφ3黄銅パイプを所定の
角度に曲げ木綿糸+瞬間接着剤&木工ボンドで固定。
φ2アルミ自在ワイヤはφ3黄銅パイプから出た10mm以外は電気ドリルで捩り硬化
g で
φ2アルミ自在ワイヤの先端には20mm長φ3黄銅パイプを填め、φ3黄銅パイプの
他端にはφ2アルミ棒を挿入圧着。黄銅パイプは所定の角度に曲げま
D1, Reも同様にφ10樹脂パイプと1mm厚樹脂板を使用して固定

エレメントの姿勢を保つためにφ4,φ6樹脂パイプを使用。
エレメント屈曲部のφ3黄銅パイプに接着したφ6樹脂パイプの長さの調整で
φ4樹脂パイプ6本の長さは同一としました。
h さぽ

ブームはφ6アルミパイプで2分割 φ5アルミパイプで連結
i つ

   アンテナを写真用三脚へ取り付け
j し
三脚側の治具の追加説明はカテゴリー「無線関連」アンテナ支持(‘15.01.30の記事)に

収納状態(アンテナ本体の重量は約77g 樹脂サポートパイプ12g)
k ぶ

PageTop