アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用8エレ八木

(1) はじめに
  ネット上にあった2m用八木(元のHPが見つからないのです)を参考にして、
  430MHz用のをMMANAの力を借りてφ2アルミ線のエレメントで作りました。


(2) ほかに やることもないので。
a あんと
   ブームはφ6アルミパイプ(自重による撓み補正のため曲げています)
b すんぽ

MMANAのデータからD2を移動してSWRは432.0〜434.6MHzの範囲内で1.1以下
いつもの簡易電界強度計は今回も測定不能。


           給電部  いつものとおりです。
c Qでんぶ
φ5樹脂パイプの両端から、φ3、4、5黄銅パイプにM2ナットを固定したエレメント受け
を挿入し、φ5パイプにあけたφ3孔を利用してBNCを半田付け。これを、「木綿糸+
瞬間接着剤」でφ6アルミパイプのブームに固定し、エポキシ接着剤で補強。
d Qでん
φ3黄銅パイプの一端にφ2アルミ棒の放射器エレメントを圧着。黄銅パイプの他端に
M2ねじを挿入して半田付け。この放射器エレメントを給電部にねじ込み固定します。


      導波器、放射器エレメントの支持(従来と同じです)
e れ
ブーム側は20mm長のφ4ABS樹脂パイプを木綿糸と瞬間接着剤でブームに固定後
エポキシ接着剤で補強。エレメントのストッパは4mm長のφ4ABS樹脂パイプを接着。


 ブームは4分割。φ5樹脂パイプにφ3黄銅パイプを挿通(補強)したパイプで連結。
識別用カラーテープは、文房具のカラーシール(円形)を1〜2mm幅に切って貼り、上
からセロテープ゚で押えました。(エレメントも同様に識別しています)
f れつ
アンテナを写真用三脚等に支持する治具は、φ7ABS樹脂パイプと2mm厚のプラスチ
ック板にM3ナットを焼き嵌めで固定してM3ローレットねじを取り付け。
この治具は、カテゴリー「無線関連」のアンテナ支持(’15.01.30の記事)をご参照下さい。


      分解収納状態(重量79g うちエレメント22g ブーム57g )
g ぶひん


(3) 蛇足
 (a)「4エレbend dipole(’17.03.24の記事)より利得が大きいのを」と作りました。
    ビーム幅は狭く、ブームは長い。アンテナの重量は少し軽くはなりました。
    私は目が近く、耳は遠い。重量は重く更に増加中。困ったものです。

(b)MMANAのデータ
         計算値
h ん

        パターン
i ぱたん

         定義
j Tぎ

スポンサーサイト

PageTop

430MHz用 4エレ八木

(1) はじめに
反射器が“くの字”形の八木です。放射器が“くの字”形のと同様に、ビーム幅が
広くなる傾向がある様です、、。


(2) ごちゃごちゃはともかく
a あ
 エレメントはφ2アルミ線、ブームはφ5アルミパイプ
b すんぽ
MMANAのデータからD1を移動してSWRは430.1〜438.6MHzの範囲内で1.1以下
いつもの簡易電界強度計は測定不能。


       給電部  従前と同じです
φ5樹脂パイプの両端から、φ3、4、5黄銅パイプにM2ナットを固定したエレメント受け
を挿入し、φ5パイプにあけたφ3孔を利用してBNCを半田付け。
これを「木綿糸+瞬間接着剤」で固定後エポキシ接着剤で補強・
c Qでんぶ
φ3黄銅パイプの一端にφ2アルミ棒の放射器エレメントを圧着。黄銅パイプの他端に
M2ねじを挿入して半田付け。この放射器エレメントを給電部にねじ込み固定します。
d ら


 導波器エレメントの支持(従来と同じです)
e で
ブーム側は20mm長のφ4ABS樹脂パイプを木綿糸と瞬間接着剤でブームに固定後
エポキシ接着剤で補強。エレメントのストッパは4mm長のφ4ABS樹脂パイプを接着。


        反射器エレメントは
φ4樹脂パイプに挿通したφ2軟質アルミ線(¥100店の自在アルミ線)の両端にφ3黄銅
パイプを介してφ2硬質アルミ線を圧着連結。φ4樹脂パイプの中央を¥100店のライター
で焙って所定の角度に(去年のカレンダーの裏に書いた図に沿わせて)曲げました。これを
φ5アルミパイプのブームに「木綿糸+瞬間接着剤」で固定、エポキシ接着剤で補強。
f り


   ブームは2分割。φ4樹脂パイプにφ2黄銅棒を挿通(補強)して連結。
g つ


アンテナを写真用三脚に支持する治具は、φ7ABS樹脂パイプと2mm厚のプラスチ
ック板にM3ナットを焼き嵌めで固定してM3ローレットねじを取り付け。
h じ
この治具は、カテゴリー「無線関連」のアンテナ支持(’15.01.30の記事)をご参照下さい。


   分解収納状態(重量39g)
i ぶひん


(3) 蛇足
 (a)反射器が“くの字”形の八木です。放射器が“くの字”形のと同様に、ビーム幅が
   広くなる傾向がある様な感じがします、、あるかも知れない、、あるといいなぁ。

(b)MMANAのデータ
            計算値
k Kさん
 
          放射パターン
l ぱたん

             定義
m Tぎ

PageTop

430MH用 3エレbend dipole

(1) はじめに
前回の4エレ bend dipole(03/24)の記事 を大塚山で運用(3/26)しました。
   利得は、まずまずと思いましたが、ビーム幅が思っていたよりも狭い感じ。
   ビーム幅を広くするには・・・・3エレにするくらいしか知恵が無くて、、。
   造りは前回の4エレとほぼ同じです。


(2) また つまらぬものを 
antt.jpg
ブームはφ5アルミパイプ。エレメントはφ2アルミ線。白いサポートパイプ
(φ4樹脂パイプ)でエレメントを連結して整列を補助します。

MMANAのデータ通りの組立で、SWRは430.1〜433.9の範囲内で1.1以下でした。
但し、各エレメントをキレイに整列しない場合はSWRが増加しました。


             給電部  (前回の4エレと同じです)
c Qでんぶ
φ2の軟質アルミ線(¥100店の工芸用アルミ線)と硬質アルミ線(東急ハンズで購入)
とをφ3黄銅パイプを介して圧着で連結。軟質アルミ線を「曲げられる関節」として
折り畳み収納します。Ra以外の各エレメントも上図と同様(BNCは無いですが)です。
尚、「関節」はブームへの固定部の両側の2か所と、エレメントの屈曲部付近2か所の
計4か所に設け(φ3黄銅パイプで連結)ました。
d Q
今回は給電部の近くに三脚への取付け治具(M3ローレットねじ)を取り付けました。

下の写真はReです。Raとほぼです。「くの字」に曲げたφ3黄銅パイプに
φ2軟アルミ線を挿通し、t2樹脂版に「木綿糸+瞬間接着剤」で取付け、
2液性エポキシ接着剤で補強しました。
e れ


  分解収納状態(重量73g、うちサポートパイプは6g)(前回の4エレは100g)
  今回はブーム長が短いので分割していません。
f ぶんかい
 4本の白いサポートパイプ(φ4樹脂パイプ)は、エレメント側に設けた受けパイプ
(φ6樹脂パイプ)の長さを変える事で、同一長さとしています。


(3) 蛇足
(a)ビーム幅を広くするために、エレメント数を減らして・・と云うゼイタクというか
   ヒマと云うか。   やはりヒマなのだな。
   

(b)MMANAのデータ
      計算値  4エレよりも利得は2dBi小さい。  で?
g Kさん

パターン  見た目のビーム幅は4エレより広そうだが 実質はどうかなぁ?
h ぱたん

        定義
i Tぎ

PageTop

430MHz用7エレ八木

(1) はじめに
このところ放射器が、くの字に曲がった7エレ八木((3/4)及び(3/8)の記事)を
作りました。これらのMMANAデータを修正して、「くの字」を「|の字」に・・・
(要するに普通の八木)のデータを作り、、 説明が長くてすみません。


(2) それだけの事です。
a あんと
   エレメントはφ2アルミ線、ブームはφ5アルミパイプ
b すんぽ

MMANAのデータからD2を移動してSWRは430.8〜433.8MHzの範囲内で1.1以下
いつもの簡易電界強度計は今回も測定不能。


           給電部  いつものとおりです。
c Qでんぶ
φ5樹脂パイプの両端から、φ3、4、5黄銅パイプにM2ナットを固定したエレメント受け
を挿入し、φ5パイプにあけたφ3孔を利用してBNCを半田付け。
d Qでん
φ3黄銅パイプの一端にφ2アルミ棒の放射器エレメントを圧着。黄銅パイプの他端に
M2ねじを挿入して半田付け。この放射器エレメントを給電部にねじ込み固定します。


      導波器、放射器エレメントの支持(従来と同じです)
e でいち
ブーム側は20mm長のφ4ABS樹脂パイプを木綿糸と瞬間接着剤でブームに固定後
エポキシ接着剤で補強。エレメントのストッパは4mm長のφ4ABS樹脂パイプを接着。


 ブームは3分割。φ4樹脂パイプにφ2黄銅棒を挿通(補強)したパイプで連結。
f れけ


アンテナを写真用三脚に支持する治具は、φ7ABS樹脂パイプと2mm厚のプラスチ
ック板にM3ナットを焼き嵌めで固定してM3ローレットねじを取り付け。
g ぐじ
この治具は、カテゴリー「無線関連」のアンテナ支持(’15.01.30の記事)をご参照下さい。


      分解収納状態(重量62g うちエレメント21g ブーム41g )
h ぶんかい
前回(3/4)の7エレは(重量68g うちエレメント22g ブーム46g)


(3) 蛇足
 (a)MMANAのデータは3種類作りました。くの字に較べて利得はやや小さ目、
放射パターンは、ほぼ同じですが、ビーム幅が前回(3/4)の7エレよりも
僅かに広い「感じ」のを選んで作りました。

(b)MMANAのデータ
         計算値
i Kさん

        パターン
j ぱたん

         定義
k Tぎ

PageTop

430MH用 4エレbend dipole(再・再々)

(1) はじめに
   前回の再々は’16.10.21です。 再は’13.11.13です。 続々は’13.10.05です。 
   続は’13.10.04です。 始めは’13.08.28の記事の3エレでした。 
   前回の再々のブーム材はプラスチック定規で、重くなり、収納も嵩張りました。
   今回は軽量化と収納のサイズダウンを狙ってみましたが


(2) また つまらぬものを 
a あんと
ブームはφ6アルミパイプ。エレメントはφ2アルミ線。白いサポートパイプ
(φ4樹脂パイプ)でエレメントを連結して整列を補助します。
b すんぽ
MMANAのデータ通りの組立で、SWRは432.2〜434.4の範囲内で1.1以下でした。
但し、各エレメントをキレイに整列しない場合はSWRが増加しました。

何時もの簡易電界強度計は測定値が異常に小さく、他の八木アンテナも一緒に測り
ましたが同様で、何かの外乱がある様です。評価できません。困っています。


             給電部  
c Qでんぶ
φ2の軟質アルミ線(¥100店の工芸用アルミ線)と硬質アルミ線(東急ハンズで購入)
とをφ3黄銅パイプを介して圧着で連結。軟質アルミ線を「曲げられる関節」として
折り畳み収納します。Ra以外の各エレメントも上図と同様(BNCは無いですが)です。
尚、「関節」はブームへの固定部の両側の2か所と、エレメントの屈曲部付近2か所の
計4か所に設け(φ3黄銅パイプで連結)ました。
d Qでん


  ブームは着脱可能に2分割(従前と同じやり方)三脚への固定部も従前と同じです。
e じぐ


  分解収納状態(重量100g  うちサポートパイプは12g)
  前回(再々)は226gでした。重量比は約44%
f ぶんかい
 6本の白いサポートパイプ(φ4樹脂パイプ)は、エレメント側に設けた受けパイプ
(φ6樹脂パイプ)の長さを変える事で、同一長さとしています。


  収納状態です。  前回(再々)との容積比は約70%
g ひかく


(3) 蛇足
(a)SWRは下がったが飛ばないアンテナを、いっぱい作っているので、簡易電界強度計
 での評価が出来ないのが不安ではありますが、あたってくだけろ。
 東急ハンズで購入したφ2の硬質アルミ線は加工硬化している様で、同じ商標の
 φ3アルミパイプよりもむしろ曲げ剛性があります。最寄のDIYに置いていない
 のが残念ですが。

(b)MMANAのデータ
         計算値  前回(再々)とさほど変わりません。
h Kさん

         パターン 前回(再々)との違いが私には見分けられない
i ぱたん

         定義
j Tぎ

PageTop