アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 4エレ位相給電ループ八木

(1) はじめに
ループ八木(’10.12.29の記事)のリニュ-アルです。このアンテナもたくさん
作りましたが、今回は短く収納できる様にしてみました。

(2) 余計なものが付いています。
a あん
 ブームはジャンク品のロッドアンテナ(の一部、3段のみ)白い2本はロッドアンテナの
 各段が回転するのを防止する為に泥縄で追加しました。
 エレメントは無論グローバルアンテナ研究会で領布の帯鋼(リボン鋼)です。
b すん
上図のループエレメント長はSWR調整の結果'10.12.29の記事よりも短くなりました。
SWRは418〜447MHzの範囲内で1.1以下
簡易電界強度計 距離2m 出力1Wで 1.8mA 
同時に測定の7エレ位相給電ループ八木('17.07.11の記事)は2.4mAでした。


           給電部
c Q
   上図と下の写真とは左右が逆です。
d QQ
 左右の白いのは樹脂パイプ。 ブーム(ロッドアンテナ)の回転止めです。
(後述します)


  帯鋼エレメントのスライド収納方法です。スライドパイプはφ4黄銅パイプを
  叩きつぶしたもの。(10mm長)ストッパは同じく(2mm長)です。
  今回は下図の下の図の方式でエレメントは5分割しました。
e すり


        ブームの回り止め
 ブームに使用したロッドアンテナは、各段が相互に回転します。エレメントの自重で
 各段が回転してしまいます。エレメントを整列させるためには回転を止める必要がある、
 と云う事に組み立ててから、ようやく気が付きました(恥ずかしい です)
 泥縄としてφ6樹脂パイプの両端にスリ割を入れ、エレメント受け(φ4黄銅パイプ
 を叩きつぶした)を挟み込み-支持するようにしました。この樹脂パイプには短尺の
 スリ割を入れた樹脂パイプを接着して、ブームにぱちんと嵌め込むようにしました。
f さぽ


 分解収納状態 ブームは約17cm長に、エレメントは約20cm長に収納。
 (重量71g うちエレメントは44g)
g ぶん


(4)蛇足
 (a)エレメントは同一長の5本をスライドパイプで連結したため収納長がブーム
    よりも長くなりました。予めスライドパイプの長さを補正するように各分割
    エレメントの長さを配分すればブームと同程度の長さに収納出来ると思います。 
   
(b)7エレと同じエレメントスライド方式では、収納長さはエレメント長の約半分
   350mm程度です。短く収納出来て、非常用アンテナとして常時携行しようかと
   思いますが、道楽と云うか、こだわりすぎの様な気は確かにします。






スポンサーサイト

PageTop

430MHz用 9エレ八木

(1)はじめに
  参照HP: http://www.dxzone.com/cgi-bin/dir/jump2.cgi?ID=24159
   144MHz用の記載寸法をMMANAで433MHz用に寸法変換して作成('16.05.26の記事)
  SWRは下がったが、簡易電界強度計では飛ばない結果(制作失敗)でした。
  φ4アルミパイプのエレメントでしたが、今回はφ2アルミ線のエレメントで再トライ
  とはいえ 制作失敗の原因が解ったわけでもなく、ただやみくもに。

(2)あたって砕けろ で
a あん
 エレメントはφ2アルミ線。ブームはφ6アルミパイプ 
 ブームは自重による両端の垂下を補正するため曲げています。
 (運用時は上下逆に設置します)
b すん
MMANAのデータ通りの作成で、SWRは432.3〜434.1MHzの範囲内で1.1以下。 
いつもの簡易電界強度計では、出力1W 距離2mで2.8mA でした。
前回の7エレ('17.07.22の記事)も2.8mAでしたが、今回の測定では2.2mA。
電界強度計の測定日による測定値の変化(不確かさ)がある様です。


         給電部等の作成は従来と同じです。
 φ2アルミ線エレメント端部にφ3黄銅パイプを嵌め、BNCを半田付け。
 φ7樹脂パイプに樹脂板を接着した上にエレメントを「木綿糸+瞬間接着剤」と
 エポキシ接着剤で固定。
c Qあ


 給電部のφ8樹脂パイプの弾性を利用して、ブームにパチンと嵌め込みます。
写真左側の導波器はブームに固定したφ4樹脂パイプに挿入、支持します。
d Qい

今回は、ブームへの嵌めこみがキツクなりすぎぬ様にBNC下部分のφ8樹脂パイプを
 切欠きました。
e Qう


 ブームは4分割し、φ3黄銅パイプを挿入/補強したφ5樹脂パイプで連結。
g れん


    三脚等への支持です。
h じ


分解収納態 (重量90g. うちエレメントは37gr)
i ぶん


(3)蛇足
(a)あたって砕けなかった様ですが、ブーム長が1.65mあり、ハイカーで大賑わいの
   山頂で運用するのは、ご迷惑になるかも。移動は冬まで待つか?
   前回('16.05.26の記事)の制作失敗の原因解明は私の能力では歯がたたなくて、、。

(b)MMANAのデータ(
        計算値
j Kさん

        パターン
k ぱたん

         定義
l Tぎ

PageTop

30MHz用 6エレ・垂直指向性アンテナ

(1)はじめに
 参照HP: http://www.diagram.com.ua/list/an-v-n.shtml (ロシア語です)
 アンテナの名前は、Еще один вариант вертикальной направленной антенны 読めん!
 ネット翻訳「垂直指向性アンテナの別バージョン」。2エレの変わった給電方法です。
 これに八木の様にエレメントを追加して6エレにしたのが('12.05.19の記事)でした。
 エレメントはφ4アルミパイプ。
 今回はφ2アルミ線エレメントでのリニューアル。


(1)2本の放射器の中点を少し外れた位置に給電。
   導波器も中点(ブームの位置)に対して上下長さが異なる。反射器は無し。
a すん
   エレメントはφ2アルミ線、ブームはφ5アルミパイプ
b あん
 D2の位置を移動してSWRは4323〜433.8MHzの範囲内で1.1以下。
 いつもの簡易電界強度計 距離2m 出力1Wで2mAでした。
 同時に測定した7エレ八木('17.07.22の記事)は2.8mAでした。


         給電部
 φ2アルミ線エレメントの中点に圧着したφ3黄銅パイプにφ2黄銅線を半田付け。
 φ2黄銅線にBNCを半田付け。これらをφ7樹脂パイプに「木綿糸+瞬間接着剤」で
 固定後、エポキシ接着剤で補強。
c Q


 給電部はブーム後端から挿入して支持。
d QQ


  ブームは3分割し、φ2ステンレス線を挿入/補強したφ4樹脂パイプで連結。
e れん


    三脚への支持('17.07.22の7エレ八木の記事からコピー)
f しじ


    分解収納状態(重量56g うちエレメントは33g)
g ぶん


(3)蛇足
  (a)下図は参照HPの2エレメントの状態でのMMANAの計算電流分布です。
k 放射

  (b)MMANAのデータ
           計算値
h Kさん

           パターン
i ぱたn

           定義
j Tぎ

PageTop

430MHz用 7エレ八木

(1)はじめに
  φ4アルミパイプのエレメントの7エレ八木('14..12.12の記事)は反射器よりも
   放射器の方が長い八木でした-----をφ2アルミ線エレメントでのリニューアル。
   MMANAで、('14..12.12の記事)に較べて利得、F/B比がやや大き目のデータが
   出来ましたが、反射器よりも放射器が2mmも短くなってしまった、
  

(2)普通の八木です。
a あん
エレメントはφ2アルミ線、ブームはφ5アルミパイプ
b [すん
MMANAのデータからD3を移動してSWRは、432.5~434.0MHzの範囲内で1.1以下。 
いつもの簡易電界強度計では、出力1W 距離2mで2.8mA でした。


    給電部等の作成は従来と同じです。
 φ2アルミ線エレメント端部にφ3黄銅パイプを嵌め、BNCを半田付け。
 φ7樹脂パイプに樹脂板を接着した上にエレメントを「木綿糸+瞬間接着剤」と
 エポキシ接着剤で固定。
c Q


 給電部のφ7樹脂パイプの弾性を利用して、ブームにパチンと嵌め込みます。
写真左側の導波器はブームに固定したφ4樹脂パイプに挿入、支持します。
d QQ


 ブームは3分割し、φ2ステンレス線を挿入/補強したφ4樹脂パイプで連結。
e れん


    三脚等への支持です。
f しじ


分解収納態 (重量60g. うちエレメントは31gr)
g ぶん


(3)蛇足
(a)「普通の八木」は放射器よりも反射器の方が10mm位が長いのですが、
   「放射器と反射器の長さが同じくらい」の八木も一応動作はする様で、
 反射器が通常より短い事の利点は、反射器の材料費の節約とか&$%?

(b)MMANAのデータ
     計算値 ('14..12.12の記事は Ga:12.46dBi F/B:13.78dB でした)
h Kさん

     パターン
i ぱたん

     定義
j Tぎ

PageTop

430MHz用 ハットヘンテナ

(1)はじめに
  7エレループ八木('17.07.11の記事)の余りの帯鋼で、('11.02.16の記事)の
  リニューアルです。

  以下、’11.02.16の記事 (‘1991及び’1994のCQ誌の記事を参照。)
a 全体
 帯鋼で作った上下の円の直径は112mm、上下の円の間隔は110mmです。
縦棒2本(一方は給電用)はφ4ステンレスパイプを使用しました。

φ4*12mm長の黄銅パイプを潰した「ジョイント」に、帯鋼の片端(写真右端)を6mm
挿入して半田付けし、帯鋼の他端(左端)は自由端として、「ジョイント」に挿抜。
b 展開
 縦棒2本のうち、左のBNC-Jを取り付けた給電用バーは、φ4*58mm長の2本の
ステンレスパイプを3mmの間隔でお団子の串で繋ぎ、BNC-Jを半田付けして連結。
給電バーの上下は帯鋼に直接半田付けしました。

 調整後のSWRは426~440MHzの範囲内で均一の1.1でした。
簡易電界強度計(距離2m 出力1W)の最大指示値は160mAで、同時に測った
J型アンテナ(下の写真 全長536mm ’08.05.03の記事)と同一でした。
c J型アンテナ伸張
注)この簡易電界強度計は現在のものとは仕様が異なり、測定値も大幅に異なります。


(2)前置きが長くて、、、ようやく今回の です。
  前回('11.02.16の記事)はアンテナを「一体」で作り、移動用ザックへの収納が
  面倒で、移動運用では使用していません。今回は収納性改善のためバラバラで作成。
  給電及びショートバーはφ3黄銅パイプ。三脚への固定治具はφ8樹脂パイプ。
  長い方の帯鋼2本はスライダーで約1/2長にスライド収納可能。
d あん
SWR調整のため350mmを346mmに切り詰め、430.2〜436.5MHzの範囲内で1.1以下
簡易電界強度計 距離2m、出力1Wで 約1000μA。 
同時測定のJ型アンテナ(’08.05.03の記事)は400μA。


   組立状態(帯鋼スライダーのため オムスビ形になった)
f あんと


    給電部
2本のφ3黄銅パイプをお団子の竹串で連結しBNCを半田付け&エポキシ接着剤で補強。
両端にφ4黄銅パイプを潰した「帯鋼受け」を半田付け。
下部にφ6樹脂パイプを接着して、φ8樹脂パイプの三脚への固定治具を受けます。
e Qでん
ショートバーも同様にφ3黄銅パイプの両端に「帯鋼受け」を半田付け。


   分解収納状態(39g 収納最大長さ145mm)
g ぶん


(3)蛇足
 上下のリングは、前回('’11.02.16の記事)はきれいな円形でしたが、今回は
 オムスビ。どうやら悪影響はなさそうですが、
 簡易電界強度計での感じは、BNCの方向、及びその反対方向に僅かな指向性が
 ある様です。前回('’11.02.16の記事)も指向性はあった様です。
 ともあれ、小さく収納できるので、非常用として持ち歩いても良いかも。

PageTop