アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 5エレ・八木

(1) はじめに。
5エレ八木('17.02.01の記事)はA,B2種類の5エレ八木の記事ですが、このうち
ビーム幅が僅かですが広い方のBを、エレメント径をφ2に変更して作成。


(2) 反射器Raが”くの字”に曲がった八木です。 
a あん
エレメントはφ2アルミ線、ブームは薄肉φ5アルミパイプ
b すん
MMANAのデータとおりの組立でSWRは427.3〜436.2MHzの範囲内で1.1以下。
簡易電界強度計 距離2m 出力1Wで 2.1mA でした。

給電部、導波器はいつも通りで、説明を省略します。
(もし 必要でしたら前回('17.09.17の記事)参照ください。)
反射器Reは¥100店の自在アルミ線---φ2軟アルミ線—で折り曲げ収納可能としました。
c れ


  分解収納状態(重量46g)
d ぶん


(3)もう1本同じのを作り、間隔1.2λの垂直スタックとしました。
e すたく
ガラス強化樹脂パイプのスタックバー(3分割)と同軸管分配器で連結、
e すたっくようひん
 スタック後のSWRは428.9〜434.2MHzの範囲内で1.1以下。
シングルでは前記の様に427.3〜436.2MHzの範囲内で1.1以下でした。

簡易電界強度計 距離2m 出力100mW で2.6mA。
         シングルでは前記の様に 2.1mAでした。


 スタック間隔はMMANAの計算値より、 「シングルに対して約3dBの利得増加
 & SWRが小さ目」で1.2λとしました。
f Kさん


スタックバーは3分割しましした。
スタックバー中は、M3ローレットねじで、三脚への支持パイプへ固定します。 
f なか

 スタックバー下にはミニステーを加工した治具でアンテナを取り付けます。
g した

スタックバー下とスタックバー中とはM3tローレットねじを介して連結。
h れした

 スタックバー中とスタックバー上とは差し込むだけ。 あとは地球の重力により支持。
i れうえ
 スタックバー上のアンテナ取付け部はスタックバー下と同様ですので省略します。


(4)蛇足
(a)MMANAの計算値(スタックにより、利得が3dB増加)に対して簡易電界強度計の
   測定値の増加が小さすぎる感じがするが、、、。 それもそうだが
   アンテナ重量46*2=92g スタックバー43g 同軸分配器100g 以上計235g。
   アンテナよりもスタック機材の方が重いというのはいかがなものか。

(b)MMANAのデータ
              計算値
j KKさん

             パターン
j ぱし

k ぱす

             定義
l Tぎ

スポンサーサイト

PageTop

430MHz用 6エレ八木

(1)はじめに
 参照HP: http://www.powabeamantennas.co.uk/yagi%20designs/2M6N50LY.html
 144MHz用6エレ八木です。エレメント径の記載がありませんが、適当に推測し、
 430MHz用に変換 & エレメント径をφ2としてMMANAで計算データを作成。
 6エレにしては利得が大き目の八木です。


(2)さてさて
a あん
 エレメントはφ2アルミ線。ブームはφ5アルミパイプ。設置時の自重による撓みを
 補正するために、曲げました。 
b すん
MMANAのデータとおりに作って、433MHz付近のSWRは1.5でした。
D2,D3を移動して調整したSWRは431.6〜435.2MHzの範囲内で1.1以下
簡易電界強度計の測定結果とMMANAの計算利得等は下表です。
c ひょ


  給電部の作成はいつものとおりです。
幅4mmほどのスリ割を入れた30mm長樹脂パイプに2mm厚の樹脂板を接着。
樹脂板の上に端部にφ3黄銅パイプを圧着したφ2アルミ線(放射器エレメント)を
「木綿糸+瞬間接着剤」で固定し、BNCを半田付け。エポキシ接着剤で補強。
c_201709181311546fa.jpg


  給電部の取付け
φ5アルミパイプのブームに、待ち受け用のφ7樹脂パイプを固定し。給電部のスリ割の
φ7樹脂パイプの弾性を利用してパチンと嵌め込みます。
d_201709181312272df.jpg


   導波器等の支持、三脚への取付け、ブームの連結
 写真左:導波器(反射器も)はブームに固定したφ4樹脂パイプに挿入、支持。
 写真中:M3ローレットねじを取り付けた三脚への固定治具です。
   カテゴリー「無線関連」の アンテナ支持('15.01.30の記事)をご参照ください
 写真右:φ5アルミパイプのブームは3分割しました。φ2黄銅線を挿通(補強)した
     φ4樹脂パイプを介して連結します。  
e_20170918131405295.jpg


分解収納状態(重量53g うちエレメント29g ブーム24g)
f ぶん



(3)蛇足
(a)簡易電界強度計の指示値が利得に正比例するのかは「?」ですが、今回の
  6エレと、7エレ('17.09.09の記事)は、簡易電界強度計の指示値と
  MMANAの計算値とが、なんとなく、相関している様に見えます。
  それはさておき、利得が大きくて、ビーム幅の広いアンテナが望みですが、
  無理かなぁ? 垂直スタックしか手が無いのでしょうかねぇ。

(b)MMANAのデータ
         計算値
g Kさん

        放射パターン
h ぱたん

        定義
i Tぎ

PageTop

430MHz用 7エレ八木

(1)はじめに
 参照HP: ww.wb5cxc.com/440_50ohm.html 
 430MHz用7エレ八木。エレメント径φ3.2、φ6の制作例の記載があります。
 今回はφ6の寸法表から エレメント径φ2に変更し、MMANAで最適化
 特徴:7エレ八木('17.08.31の記事)に較べMMANA計算利得がかなり大きい。


(2)さてさて
a あん
 エレメントはφ2アルミ線。ブームはφ5アルミパイプ。設置時の自重による撓みを
 補正するために、曲げました。(写真とは上下逆に設置します) 
b すん
MMANAのデータとおりに作り、SWRは431.5〜435.9MHzの範囲内で1.1以下
簡易電界強度計の測定結果とMMANAの計算利得等は下表です。
c ひかく
 ('17.08.31の7エレはA、Bのうち利得が大きいBです)

 試作内容は従来と同一ですので省略します。
 必要でしたら('17.08.31の記事)をご参照ください。

分解収納状態(重量70g うちエレメント37g ブーム33g)
d ぶん


(3)蛇足
(a)今回はMMANAの計算利得と簡易電界強度計の測定値とが相関している様に
   見えます。とはいえ8エレ('17.08.20の記事)の簡易電界強度計測定値は
   '17.08.20及び、'17.09.07の測定値とは異なり、更に、これら3つの測定値
   はすべて異なります。いつもの簡易電界強度計の実態です。

(b)MMANAのデータ
         計算値
e Kさん

        放射パターン
f ぱたん

        定義
g Tぎ

PageTop

430MHz用 8エレ八木

(1)はじめに
参照HP:下記 144MHz用の八木です。
14http://www.powabeamantennas.co.uk/yagi%20designs/2M8N50M6.html5MHz
MMANAの力を借りて430MHz用に変換&エレメント径をφ2としました。
で作成した8エレ('17.08.24の記事)の調子が悪いので分解し、部品を再利用。

MMANAの計算をやりなおして(利得は僅か小さ目に。ブーム長は6cm短く)
(利得、F/B比が大きくなるように追及しすぎて、僅かなエレメントの曲がり等で
 不安定になる--神経質すぎるアンテナになったのかな? という事で)
作成しました。Raはエレメント長を調整して流用。反射器、導波器もそのままか、
僅かなエレメント長の調整で流用。ブームは4分割の各々を少し切り詰めて流用。


(2)見た目は同じ
a あん
 エレメント配置も大きな変化ではない。 エレメントはφ2アルミ線。ブームはφ6アルミパイプ。
 自重による撓み補正の為ブームは曲げました。(運用時は写真とは上下逆に設置します)
b すん
D2の位置修正でSWRは428.0〜434.2MHzの範囲内で1.1以下となりました。
いつもの簡易電界強度計 距離2m 出力1Wで 今回の8エレは2.6mA。
同時に測定の8エレ('17.08.20の記事)は3.5mAでした。(交互に各2回測定)
作り直しましたが、やはり「調子は悪い」


(3)蛇足
(a)対照測定の8エレ('17.08.20の記事)と今回の8エレ('17.08.24の記事)と、
   ブーム長の違いは3cmだけ。エレメント配置も見た目には大同小異です。
   違いがあるとすれば、今回はD2の移動でSWR調整する必要がありましたが、
   ('17.08.20の記事)はMMANAのデータ通りの作成でSWRは小さい値でした。

b)MMANAのデータ
        計算値
h Kさん

       放射パターン
i ぱたん

         定義
j Tぎ


(4)更なる蛇足
  給電部は従来と同じ(以下'17.08.24の記事の写真を流用)
φ2アルミ線エレメント端部にφ3黄銅パイプを嵌め、BNCを半田付け。
φ7樹脂パイプに樹脂板を接着した上にエレメントを「木綿糸+瞬間接着剤」と
エポキシ接着剤で固定
c ら


   ブームへの給電部の取付けもいつものとおりです。
 給電部のφ8樹脂パイプの弾性を利用して、ブームにパチンと嵌め込みます。
 ブーム側にもφ8樹脂パイプが待ち受けます。
d Q
 導波器の取付けもいつものとおりです。


  4分割したブームの連結もいつものとおりです。
e れけ


  三脚への取付け部もいつものとおりです。
f しじ



分解収納状態(これは今回の写真)(重量76gうちエレメント32g、ブーム44g)
 ('17.08.24の記事)よりも1g軽い(ブームの1g減量です)
g ぶん

PageTop

430MHz用 7エレ八木

(1)はじめに
 参照HP: http://dk7zb.darc.de/PVC-Yagis/7-Ele-70cm.htm DK7ZB局の
 430MHz用7エレ八木。エレメント径φ3.2、φ4、φ6の制作例の記載があります。

 いつもの様にエレメント径φ2に変更し、下記A,Bの2本を作りました。
 A: MMANAでの最適化は最小限に留め、参照HPのアンテナにかなり近い感じ。
 B: 利得、F/B比が出来るだけ大きくなる様に最適化----いつもやっている事です。 


(2)さてさて
a aあん
 エレメントはφ2アルミ線。ブームはφ5アルミパイプ。設置時の自重による撓みを
 補正するために、曲げました。 ブーム長は計算利得の大きいBの方が長い。
b aすん

c bすん

  MMANAによる放射パターンと計算値
d abぱたん
AはMMANAのデータ通りの寸法で416.2〜437.7MHzの範囲内で1.1以下。
BはMMANAのデータ通りの寸法で430.7〜433.0MHzの範囲内で1.1以下でしたが
D4の位置を移動して修正 431.5〜434MHzの範囲内で1.1以下

いつもの簡易電界強度計 距離2m,出力1Wで Aは2.3mA Bは2.4mA でした。


    給電部 A,B同じです & いつもと同じです
φ2アルミ線エレメント端部にφ3黄銅パイプを嵌め、BNCを半田付け。
φ樹脂パイプに樹脂板を接着した上にエレメントを「木綿糸+瞬間接着剤」と
エポキシ接着剤で固定
e qqq


     給電部の取付け
 給電部のφ7樹脂パイプの弾性を利用して、ブームにパチンと嵌め込みます。
 ブーム側にもφ7樹脂パイプが待ち受けます。
f ら


導波器(反射器)の取付けもいつものとおりです。
g で


  3分割したブームの連結もいつものとおりです。
h れけ


  三脚への取付け部もいつものとおりです。
i しじ

 分解収納状態 
重量は A:59g(ブームは27g)。B:62g(ブームは32g)。エレメントはA,B共に32g
j ぶん


(3)蛇足
 (a)MMANAによる放射パターンは、Aは参照HPに良く似ていますが、Bは
   かなり異なります。利得、F/B比についても同様です。
   BはMMANAによる計算処理にAの3倍以上の時間をかけています。
   簡易電界強度計の測定では、両者の利得は同程度の様です。
   移動運用では、利得が同じくらいなら、ビーム幅が広いAが私の好みです。
   と云う事で。又も無駄な時間を費やていまった。他にやることもないんだけれど。

(b)MMANAのデータ
         計算値
k abkさん

        放射パターン
l aぱたん

m bぱたん

        定義
n aTぎ

o bTぎ

PageTop