アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

エレキーパドル2

(1)はじめに
 HPを参照してエレキーパドルを作りました。('18.03.14の記事)、更にネット検索で
各局いろいろなスタイルでエレキーパドルを作っておられる事が解りました。
パドルを作るのはオモシロそうだし、(市販品購入の資力が無いし)更に作ってみたい。
まずは、精密な設計図を作成しました。(下の写真)
a せっけいず


(2)精密な設計図に従ってDIYで材料を集めて作成しました。
   ベース板は前回と同じくジャンク品から回収した8mm厚アクリル板を使用。
   DIYで購入したのは、ミニステー、M3高ナット、M3ねじ、ナット、φ5鋼球、
   スプリング、ローレットねじ。文房具店で橙色のプラスチックラベル。
b ぱどる
  精密な設計図とは若干異なる仕上がりです。


     軸受け部です。
下側の4穴ミニステーにM3・10mm高ナット→φ5鋼球→15mm高ナット→φ5鋼球→
→上側の4穴ミニステーの孔の順に積み上げ。(ミニステーの中心寄りの2孔に)
(15mm高ナットにはレバー(6穴ミニステー)を半田付けしました。)
4穴ミニステーの両端の2孔には、間に15mm高ナット2本を連結した支柱を配置し、
スプリングを介したM3ローレットねじで上下の4穴ミニステーを圧して軸受けを
押さえています。スプリングは線径φ0.6*外径φ4.5*全長12mmを2本に切断して使用。
c じくうけ
軸受けグリスの手持ちが無かったので、代わりにメンソレータムを塗りました。


レバー(6穴ミニステー)を押すスプリングはノック式ボールペンのスプリングを
流用しました。左右のスプリングは線径等が異なっています。
d すぷりんぐ
レバー(6穴ミニステー)の先端の孔に半田付けしたM3ナットに、止めナットを
取り付けたねじ込んだM3ねじが一方の接点です。他方の接点はミニステ-の側面です。
このミニステーにエレキーヤー回路へのリード線を接続します。


 エレキーキット('18.03.28の記事)に接続し、たどたどしく送信練習。
e そうしんれんしゅう


(3)蛇足
(a)まだまだCW交信出来そうに無いのに、二つもパドル作ってどうするんだろうね。

(b)精密な設計図でしたので、DIYには3回通い、使用しなかった部品もいっぱい。
  軸受けに使用した鋼球は自転車用らしいです。アマゾンでも入手可能の様です。
  DIYにはφ3、φ4、φ5(共に50個入り)がありました。
  スプリングは数種類の押しばねを購入しましたが、使用したのは1本だけ。
  (半分に切って2箇所に使用)。ばね反発力の大きさがまるで解らなくて。


スポンサーサイト

PageTop

エレキー・キット

(1)作りましたが、。
 エレキーパドル('18.03.14の記事)の作成に続き エレキー回路のキットを
 組み立てました。 キャリブレーションのキャルキーヤー(2)です。
a かいろ

b がいかん

 最初に組み立てた際の動作はオカシクて使用不可でした。キャリブレーションに
 メールで問い合わせたところPICのプログラム異常かもしれないと、代替品を
 送って下さり、交換したところ動作OKとなりました。迅速な対応で感謝です。

      AKCのラベルがはられているのがPICです。
c PIC
  

(2)蛇足
(a)キットには外装ケースが付属していません。指定の「タカチのYM-80」を購入。
   電源は単5電池2本で3V。消費電力が極めて小さいとの事でしたが、キットに
   使用しないバグキー用の切り替スイッチが付属しており、電源SWとしました。
   プリント基板の加工は、ものすごーく久しぶりで恐々と。楽しかった。

(b)モニター用の圧電ブザーが付属しています。少し送信練習をしてみました。
   送信速度が早すぎ(遅すぎ)ではうまく打てません。かなり慣れる必要が
   あります。

(a)ピコモールスでの受信練習(速度60文字/毎分)を毎日数分ずつ行っています。
   英字28文字は聞き取れる様にはなりましたが、まだまだアヤシゲな状態。
   7MHzや430MHzで時折聞こえるCWの交信は早くて全く聞き取れません。
   和文の交信もかなり多い様です。 CWでの交信。ホントに出来るかなぁ?

(b)PICと云うのを全く知りませんでしたが、プログラム可能なIC回路の様です。
  昔々のデジタルICが出始めた頃、ほんの少し回路を作った事がありましたが、
  それ以降は全くのご無沙汰。電子回路というもの、ずいぶん便利になって、
  まるで解らなくなりました。

PageTop

エレキーパドル送信練習

自作エレキーパドル('18.03.14の記事)に使用する為のエレキー回路のキットを
発注したところですが、ネット検索でエレキ回路内臓のFT-817に電波を送信せずに
CW(モールス信号)の送信練習が出来る機能がある事を知りました。
 ずいぶん長い事使用していなかったFT-817を探し出し、取扱説明書を探し出し、
外付けバッテリーを充電し、リード線を作り、接続して送信練習を行いました。
送信速度はピコモールスと同じ毎分60字としました
せっと
アルファベット28文字を数回送信してエレキーパドルの動作を確認。長点はOK
でしたが、短点は一つ多く、又は少なく送信してしまうことがありました。
いずれにせよ、ピコモールスでの受信練習(まだおぼつかないのです)をみっちり
行う必要があります。 ピコモールスの取り扱い説明書も見つけました。

             「道は遥かに遠い」 


PageTop

エレキーパドル

(1)はじめに
  参照HP:http://www.ikegami-net.com/TAKAO/HAM/  JA1UXR局のHPです。
  複数のエレキーパドル、電鍵の制作記事が記載されています。その中から
  エレキーパドル(の1号かな?)の制作マニュアルにほぼ従って作成。
  以前はキットの頒布もされた様ですが、近くのDIYで部品を集め制作。

  CW(モールス信号による交信)の資格は、今は遠くなった昭和年代に和文の試験が
  無くなった機会に取得。和文は、習得しておりません。当時、電鍵で数回の英文の
  交信を行ったのみで「うまく出来ないなぁ」と終了し、以降は電話交信のみでした。

  先日、フレンド局から430MHzのオールモード機を戴き(ありがとうございます)
  ものすごーい久しぶりでSSBをワッチ。CWも聞こえましたが、コールサインすら
  聞き取れませんでした。 古いピコモールス(受信練習機)を持ち出して
  聞いてみましたが、英字28文字のうち6〜7文字が聞き取れない(忘れちまった)


(2)マニュアル記載の部品全ては入手できず、一部は似た部品や自作部品で代用。
  制作内容を変更した箇所もあります。ベース板はジャンク品から回収した
  8mm厚のアクリル板を使用。
ぱdo
  短時間で組みあがりましたが、うまく動作するかどうか?は不明です。
  滑り止めは、両面テープ(この頃は強力なのがある)で、と思います。
  

(4)蛇足
(a)戴いた430MHzのオールモード機にはエレキー回路が組み込まれていません。
   既製品を購入する資力がありませんので、エレキー回路のキットを探しますが
   現在の受信能力ではCW送信は無理で、しばらくは練習する必要があります。
   (その「しばらく」が「ずーっと}に変化しつつ消え去る可能性あり」。

(b)430MHz、7MHzでCWの交信を聞いてみました。ただでさえ聞き取れないのに
  送信速度がずいぶん速く、3〜4回聞き直してようやくコールサインが解る
  程度でした。また和文での交信が多い様でますます敷居が高くなります。

(c)参照HPにはエレキー2号もあり、(1号?)よりスマートな感じです。
   ただ、一部の部品(回転軸受け用です)が入手できず、今回は(1号?)
   としました。この部品を自作が何かで代用して作ってみたいと思っています。
   (電信の交信が出来もしないのに、単に作るだけの楽しみです)

 (e)「ピコモールス」はミズホ通信のNHC-03zです・半透明のケースのラベル
   に「モールス西端200年記念」の記載がありました。驚いた事に
   まだ電池が健在で受信練習が可能です。取扱説明書が見つかりませんが
   たぶん60文字/分かな? の速度で聞いています。    

PageTop

アンテナマスト

(1)はじめに
   移動先の山頂のベンチに取り付け、アンテナを支持するためのマストです。
   今まで使用してきたもの(下の写真)が痛んできたためリニューアルしました。
a まえ
C型クランプを山頂のテーブルに取り付けます。壊れた写真用三脚の脚の先に
φ10ステンレスパイプを取り付け、C型クランプに固定したφ11黄銅パイプに挿入。
 三脚の脚の先端に取り付けた雲台にアンテナを取り付けるのですが、
雲台の1/4Wねじが摩耗して危険な状態です。
b すれ

もうひとつ C型クランプの最大口開きは76mmで、山頂のテーブルの天板の厚さが
これ以上であれば取付けできません。 これもなんとかしたい。

参考までに
下の写真はアンテナを取り付ける治具です。1/4Wナットに 写真用1/4Wねじが合致。
bb あんし


(2)さて、部品を集めました。
  実はもうひとつ別の壊れた三脚があり、脚だけ取り置きしておりました。
c あし

 先日、¥100店でF型クランプと云うのを見つけました。
d えふ

  たまたま 1/4wの写真用ねじをネットで見つけて購入。アルミ製でした。 
e ねじ

  写真用ねじの取り付け用に板厚1.2mmの金折れをDIYで購入。
 板厚はもっと厚い方がしっかりしますが、ネット購入のねじが短いので。
f おれ

 写真用ねじを取り付けるためのC型止め輪をDIYで購入。
g C


(3)さてさて、部品の加工と組立
   脚の先端部はアルミダイキャストの様でした。
 (左の写真)脚の先端部の円形の突起の近くに、タップでM3ねじを切りました。
  金折れの一方に、円形の突起が入る穴とφ3穴をあけ、M3ねじで取付け。
  金折れのもう一方は、約1/2に切断し、写真用ねじを取り付け。
h ず
(右の写真)写真用ねじはC型止め輪で固定。C型止め輪とアンテナ側の取付け治具との
干渉を避けるため、1mm厚樹脂版を両面接着テープで貼付。
写真用ねじと金折れとが干渉して回しにくいので、ヤスリで削りました。

  脚元のゴム足保持用のプラスチックモールドを金鋸とヤスリで除去。
 脚元付近はアミパイプで、継ぎ目?部分が最大寸法で、9.4mmほどでした。
 ヤスリでφ9の円断面になるようにヤスリで削り#400のサンドペーパーで仕上げ。
 抜け止め用に、8mm長のφ10黄銅パイプを挿入、M2ねじで固定。
F型クランプにも80mm長のφ10黄銅パイプを取り付けました。
上記の「抜け止め」は脚元を挿入した際のストッパーです。
j あい


    完成(重量380g  うちF型クランプ230g:脚150g)
 脚の長さは縮小時29.5cm 5段伸縮で、最大伸長時118cm。
 F型クランプは最大厚15cmまでのテーブル天板に対応可能です。
k かん

   とりあえず 作業テーブルに取り付けた状態です。
l_201708111225500d6.jpg


(4)蛇足
 (a)カメラ用ねじよりも、M6くらいの蝶ねじの方が入手が楽ですが、テーブルが
   小さく、軽く、この様なアンテナマストでは倒れる危険がある山頂では、普通の
   写真用三脚を使用しており、アンテナ側取付け治具に1/4Wナットを付けています。

  (b)アンテナマストの老化は作り直す事が出来ますが、アンテナマストの使用者は
    作り直しが出来ず、更に老化が進行するそうです。

PageTop