アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 5エレHB9CV

(1)はじめに
 CQ誌の昔の付録CDに収録されていた、アンテナ製作記事の中から見つけました。元の記事は、CQ誌1985年5月号に掲載されていた様です。

  まず、寸法図を作りました。記事に記載されていた寸法をそのまま転記しました。
1 寸法 5エレHB9CV
   放射器Raと反射器Reとは、それぞれ中央部で分割/絶縁され、クロス接続
されています。普通のHB9CVとは少し違う給電方法で、アンテナハンドブック
を調べたところ、むしろ8JKビームというアンテナの給電方法に似ています。
但し、8JKビームはRaとReとが同じ長さで、双方向ビームのアンテナでした。


(2)製作
  ともあれ、移動用に“分解/組立可能バージョン”で作り、三脚に載せてみました
2 HB9CV


給電部です。放射器の中央部は、それぞれ、一端側にM3ナットを挿入したφ7*14mm黄銅パイプを2本、絶縁用のφ6プラスチックパイプで連結したものを、ブームに、やはり絶縁用に嵌めた短尺の白いφ8プラスチックパイプに木綿糸と瞬間接着剤で固定しました。2本のφ7黄銅パイプ同志間の絶縁距離は4mmです。放射器の残りのエレメントは φ4アルミパイプの一端にM3ねじを挿入して、分解/連結出来る様にしました。
3 給電部


放射器Raと反射器Reとはクロス接続しました。放射器も同様に分解/連結可能です。
4 フェーズライン


 分解時の状態です。ブームは¥100店のピックアップツールを利用して作り、写真の収納時の長さは223mmでした。
5 分解時


(3)性能測定
 いつもの簡易電界強度計での比較です。
      距離3m 出力50mWでの電流計の読み取り値です。
   今回の 5エレHB9CV  10mV(ブーム長 490mm) 
   6エレダブルバズーカ八木  22mV(ブーム長 720mm)
 対照アンテナとして使用したダブルバズーカ八木は移動運用で使用していますが、
通常の八木よりも性能が上ではないかと思われます。エレメント数とブームの長
さを考慮に入れると、今回のHB9CVはかなり良い値であると思います。

 SWR値は430MHz~440MHzの範囲内で1.1以下でした。寸法通りに作って
特に調整の必要はありませんでした。


(4)その他
 (a)給電方法が普通のHB9CVと異なるので、戸惑いましたが、記事の
   題名のままのHB9CVアンテナとしました。無調整でSWRの値が
   広い範囲で低く、その意味では非常に作りやすいアンテナです。

(b)RaとReが、それぞれ中央部で絶縁/分割されており、クロス接続
   で給電するスタイルで、RaとReとをブームに取り付ける構造が多少
   厄介ですが、性能比較用に使用したダブルバズーカ八木給電部の
   細かい工作よりも、むしろ容易と思います。

(c)今回のRa、Reは、ねじで組み立てる方法を採りましたが、プリント
   基板用の金属製の「スペーサ」という部品を使用すると、今回のものと
   同様の構造を、もっと簡単に作れそうです。
   又、バナナプラグなどを利用して、挿抜で分解/組立する方法も良い
   かも知れません。

(d)前記の様に性能はかなり良さそうです。 移動用アンテナは、ビームが
   切れすぎると、むしろ使いにくくなる場合もあるのですが、6エレダブル
   バズーカに対向して、HB9CVの6エレメント程度のものを作ろうか?
   などと思ったり思わなかったり。――きまぐれ次第で、、、、。

(e)ブームに使用した\100店のピックアップツールは伸張時で58cm、
   短縮時は145mmで先端に落とし物をピックアップする為の磁石が付いて
   いますが、元来はラジオ用のロッドアンテナとして作った物を転用した
   ものの様で、伸縮する各ロッド間のスライド接触片が組み付けられて
   いました。――少し買い集めておこうかな?


スポンサーサイト

PageTop

エリア地図

 21とか50MHzで時たま交信する事があるのですが、エリアと地名とがあまりピンと来なくて、
色分け地図を作って見ました。フリーの白地図をダウンロードして色と県名を記入しただけです。
ちょと失敗-->県名が小さすぎて読みにくいのと、 5と9のエリアの数字が目立たちません。

 0~9のエリアの順番はどの様に決めたのでしょうかね?面積もかなり大小がある感じです。
それはともかく、この地図を作った程には 交信をあまり行っていないのは、、、。


縮 エリア地図 地名

PageTop

タツナミソウ

 薬師池公園
タツナミソウ

 一時は公園内のほぼ全域で咲いていましたが、場所により青紫色の濃さに差があり、淡い色のものが多かった中で、これは色の濃い花です。 そろそろ咲き終わります。

 淡い色のシラネアオイは既に咲き終わりました。
シラネアオイ


 鶴見川沿いでは、同じ様な花色のセリバヒエンソウが まだまだ咲いています。
セリバヒエンソウ

PageTop

ヒナゲシ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ポピー
 
 「この頃、都内のあちこちの道端に増えている。」 という新聞記事を見ました。
鶴見川沿いのここでも、去年よりは増えていて、殆ど野草と化した感じがします。


 一方、スズメは 「60年代の一割程度に激減。」という やはり新聞の記事がありました。
そう言われれば、確かに この頃は 群れスズメが飛ぶ様を見ません。
すずめ

 こやつのせいでは無いと思いますが、ムクドリなどを狙っているのを良く見かけます。
--大体は逃げられている様です。--
にゃんこ

PageTop

アメリカフウロ

 鶴見川沿いの遊歩道で
アメリカフウロ

 花の色が淡いので、アカバナやキキョウソウほどには目立ちませんが、今 この花も
たくさん咲いています。 花の大きさも6~7mm程度で小さいのも目立たない原因ですが、
もうじき、花が終わり、種が出来ると葉が赤く ”紅葉” して目に付くようになります。

 同様に目立たないキュウリソウは、そろそろ花期が終わりのようです。こちらは花の大きさが
更に小さくて、3~4mmほど。
キュウリソウ


 アオサギは、時折現れるのですが、大きくて良く目立ちます。サギやコサギは人の姿に
神経質で、さっと逃げ出す事が多いのですが、この鳥は悠然と片足立ちしています。
アオサギ


PageTop

タケノコ? &修正 

 鶴見川沿いの遊歩道で
タケノコ?

 いつもの散歩道に、竹藪が数ヵ所ありますが、このくらい伸びるとタケノコと云うよりも
漢字で ”筍” の方が、感じが出ます。 写真のものは2~3mほど。なかには4m以上の筍も。



 ウズラの夫妻です。右上が奥さん? 忍術の達人で めったに見ることが出来ません。
************************************************** 
                  修正
 鶉ではなくて、コジュケイだそうです。鳥に詳しいフレンド局からご指摘頂きました。
 **********************************
ウズラ

PageTop

 薬師池公園
蓮 水

 昨朝、小雨が上がった後、伸び始めたの葉に水滴が残りました。
陽が射してくると シオカラトンボが休憩。
蓮葉にトンボ

  公園内ではイワカラクサが咲き終わりました。
 イワカラクサ2

 エビネもそろそろ咲き終わりです。
エビネ

エビネ2


 シランは良く咲いています。
シラン

PageTop

キキョウソウ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
キキヨウソウ
 
 草丈は30cm、そろそろ終わりに近いアカバナと同じくらい。本家のキキョウと同じ色合いです。
花びらが4弁の花を見つけました。
キキヨウソウ 4枚

PageTop

エゴノキ

 薬師池公園
090523 エゴノキ

 高さ2.5mほどの すらりと伸びた木です。枝いっぱいに咲いていますが、華やかというより
清楚な感じを受けました。実に含まれる成分を利用して、実を水中ですりつぶし、魚を浮かび
上がらせる漁法があるそうで、いやはや なんとも。


 鶴見川沿いでは、コデマリの花がそろそろ咲き終わりです。こちらには”薬用成分”は無い様です。
コデマリ

 

PageTop

アジサイ

 鶴見川沿いの遊歩道で
アジサイ
 早咲きの系統なのでしょう。 良く咲いています。

 川岸では、さかんに泥を運んで、自宅の建設かな? 腰の辺が白いので、たぶん岩燕。
岩燕


 鶴見川傍の自宅では 道路に面したフェンスをヒルガオに占拠されました。どんどん伸びています。
ヒルガオ

 隣家との隙間は、侵入したニワゼキショウ(白花)を圧倒して、アカツメクサが繁茂していました。
アカツメクサ

 いわゆる”庭の手入れ”は全く行わないのですが、虫い食い荒らされて見かけがモノスゴクなり、
昨日 ついに根元を残して刈り取りました。 又伸びてくるのを楽しみにしています。

PageTop

ハルジョオン

 鶴見川沿いの遊歩道で
ハルジョオン蝶

 咲き始めてから大分経ち、今はもう花盛りです。
野生種らしく、ピンク色の濃いものと、ほぼ白色のもの、中間のもの、色合いは様々です。
ハルジョオン赤


 蕾のうちははピンク色が濃く、花が開くにつれ、色が薄れる感じです。
はるじょおん白



PageTop

ニワゼキショウ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ニワゼキショウ紫
 
 今年も咲き始めました。
ニワゼキショウ赤

 白花も
ニワゼキショウ白

 実は、私の家と隣家との隙間にも、今年はこの白花が数本咲いて、喜んでいます。
全く手入れをしないのが ”勝因” と思います。

PageTop

オオヤマレンゲ

 薬師池公園
オオヤマレンゲ

 4mほどの大きな木で、モクレンの仲間だとか。
大山蓮華と書く様ですが、丹沢の大山との関連は無いそうです。


 鶴見川沿いではレンゲの花はそろそろ終わりで、豆莢に似た種が出来はじめています。
蓮華

PageTop

キショウブ

 鶴見川沿いの遊歩道で
黄アヤメ

 既に野生種になっている様で、毎年 黄色の花があちこちに咲いています。

 こちらは純野生のホウコグサ(母子草)
ホウコグサ


 黄色のヘビイチゴには
ヘビイチゴ花

 赤い実が出来ました。
ヘビイチゴ実

PageTop

クサノオウ

 薬師池公園
クサノオウ

 少し前から咲いていましたが、左手前に豆の莢の様な種が出来ていました。


 鶴見川では、ナノハナがまだ咲いていて、やはり種が出来ています。
ナノハナ実


 これは、アマドコロの花ですが、どんな種が出来るのでしょうか?
アマドコロ


PageTop

 鶴見川沿いの遊歩道で、
柿

 種類が異なる様で、木によって、花の数や大きさが微妙に違っています。


 の木には実が出来ています。
桃の実

 サクランボも稔りました。
サクランボ


 ホオズキも花が咲きました。
ほおずき

 コバンソウの実はもうじき 小判色に変わりそうです。
コバンソウ

 今年は ヒメコバンソウ鶴見川沿いで見つけました。
ヒメコバンソウ




PageTop

ヤブイチゴ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ヤブイチゴ
 しばらく前から、ヤブイチゴが咲いていました。

 花が終わり、実を付ける準備中?も 少し前から見かけてはいましたが、
ヤブイチゴ準備

 昨日 藪の奥の方に 実を見つけました。
ヤブイチゴ実

PageTop

トウジュロ

 鶴見川沿いの遊歩道で
トウジュロ2

 唐棕櫚に花が咲きました。 秋には実が出来る様です。 

 実は 棕櫚と唐棕櫚とがある云うことを始めて知りました。棕櫚の方が葉が大きくて、葉の先が垂れ下がる様です。 いつもの散歩/写真のコース内には棕櫚は無く、唐棕櫚が数本、花を咲かせています。

トウジュロ

PageTop

ツリガネスイセン

 鶴見川沿いの遊歩道で
ツリガネスイセン
 この場所には、昨年急に現れて、おやおやと思っていましたが、やはり河川環境整備の方で、
球根を植えている模様。今年は更に植え付けた様で、かなり数が殖えました。


 ツリガネスイセンの花の時期は短く、すぐに終わり。 上の写真の手前にも穂が見えますが、
今は チガヤ の草原になっています。
チガヤ

 この チガヤ は強健な雑草で、畑に出てしまうと駆除に苦労するそうですが、
穂が若いうちは甘さがあり、昔は野遊びの子のお菓子として食べられたそうです。
チガヤ穂

PageTop

’09.05.10 陣馬山(857m)八王子市

 いつものように高尾駅で降りて、びっくり。大勢のハイカーが陣馬高原下行きのバスを待っています。あれまあと思っているうちに、臨時のバスが来て、2台目になんとか乗り込めましたが、更に次のバスを待つ列が残っています。“八王子八峰登山大会”というこの周辺の山を終点の高尾山まで縦走する一般募集の大会だそうで、子供連れや、私と同年代の爺婆連で、バスの中は大変に賑やか。ともかくも、陣馬高原下に到着。快晴、無風。気温はかなり高め。半袖Tシャツ1枚に着替えて歩き出します。1 ラショウモンカズラ
     ラショウウモンカズラ

2 ヒメウツギ
                   ヒメウツギ

 なんとなく夏になった様な感じで、温度、湿度共に高く、汗がどんどん出ます。八峰・・大会の参加者さん達が、どんどん追い抜いて行きますが、皆さん苦しそうです。


3 チゴユリ
                チゴユリ

和田峠からの道との出会いまで来ました。和田峠まで舗装道を登って来られた参加者もかなりいる様で、集団登山の様相になりましたが、皆さん暑さの為にかなりくたびれている様です。(こちらも かなりくたびれました)

4 ホウチャクソウ
                ホウチャクソウ

山頂には先着2局。それぞれ21MHzと1200MHzでQRV。山の主2局は体調不良で今回はお休みとの事です。カンカン照りですが、遠くは靄がかかり、富士もぼんやり。430FMはまず、slingshot(ぱちんこ)アンテナで開始。当初は出力5Wとしましたが、リグが過熱しそうで、直ぐに1Wに下げました。強い日射しを除ける為に折り畳み傘をさして運用しますが、それでも暑い。
5 ウマノアシガタ
            ウマノアシガタ

 11時頃、休憩して早めの昼食。脇に置いてあったペットボトルのお茶が熱くなっていました。アンテナを6エレ・ダブルバズーカに換えて再開。ぱちんこアンテナとは異なり、ビームの切れが明瞭に解ります。13:30頃他の2局の運用終了に合わせて、こちらも運用終了とします。暑くて疲れました。 

6 ジュウニヒトエ
              ジュウニヒトエ

和田峠から車で送って下さると云う事でしたが、時間が早いので、体力的にキツイかな?とは思いましたが、気温も幾らか下がり気味でもあり、高尾山方向に少し縦走することにしました。14時少し過ぎに2局とお別れして、出発。ゆったり伸びやかな縦走路ですが、今日は行き交う人の姿が絶えません。

1時間ほどで、縦走路を離れ、堂所山を通過して関場峠へ向かいました。途端に人影は絶えました。
7 イカリソウ
                 イカリソウ(この辺りでは始めて見ました)

関場峠から、小下沢への林道に降ります。沢沿いの道は幾分涼しさが感じられます。
8 スミレ
小さなスミレの花

 草むした林道は既に初夏の感じ。小石がごろごろ。左の斜面から沁み出る沢水でしっとり濡れた道には、クレソン(オランダガラシ)などが群生しています。
9 林道

堂所山からは約1時間半。小下沢の水場で水分補給。ここから景信山に登って行く登山道があります。

91 セリバヒエンソウ
                セリバヒエンソウ

ここで、バスの時間を確認。バス停までは30分弱くらいですが、間に合いそうにありません。次のバスは1時間後。まあ仕方有りません。のんびりゆきましょう。
92 ガクウツギ
                 ガクウツギ

 16:50バス道路に出ました。次のバスは17:40。舗装道を歩くのは苦手ですが、高尾駅まで歩くことにしました。
93ハルジョオン
                 ハルジョオン

 予想通りに足の裏が痛くなって、45分で高尾駅に到着。折良く電車が来ました。
帰宅後風呂に入ると、両腕がひりひり。日焼けです。暑さの一日でした。


PageTop

スカンポ

 鶴見川沿いの遊歩道で
スイバ

 「土手のスカンポ ジャワ更紗」 という歌を思い出すのは 古い人だけかな。昼になっても
この場所に 蛍は寝ない様ですが。
スイバ2



 秋に赤錆色になるギシギシと同じ、ギシギシ属なのだそうです。この時期、まだギシギシも
”新緑”ですが、やはり逞しいですねぇ。
ギシギシ

PageTop

ムラサキツユクサ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
ムラサキツユクサ

  紫色がきれいです。
野草のツユクサは もう少し先ですが、紫色の花はいろいろ咲いています。

 こちらはアヤメ
アヤメ

アヤメ2

 これは、紫というより藤色ですかね。 変わった花のツツジ
つつじ変わり咲き


PageTop

ウツギ

 薬師池公園
ウツギ
 
  胸より少し低い木に花が咲いています。。ウツギは”空木” 幹が中空なのだそうです。

 すぐ隣に タニウツギも咲いていました。
タニウツギ

PageTop

ミズキ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ミズキ2

 4m以上の高い大きな木に花が咲いています。
ミズキは水木で、枝を切ると水がにじみ出る事からの名で、ハナミズキと同じミズキ属。
ミズキ


 ガマズミと異なり、秋になっても赤い実は付かない。
ガマズミ
                      ガマズミ


ユスラウメはそろそろ 赤い実を付けているはずですが、
ユスラウメ
                       ユスラウメ   

PageTop

オオカワジシャ

 鶴見川沿いの遊歩道で
オオカワジシャ

 草丈は20cmほどでした。 名前の頭に ”オオ” が付いているのですが、花の大きさは
やはり ”オオ” が付いている オオイヌノフグリ と同じくらいで、花も似ています。

 こちらはオオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ

PageTop

キンラン

 薬師池公園
キンラン

 絶滅危惧種だそうですが、今年は良く見かけました。公園で大切に管理されているのでしょう。
株を堀り取って移植しても育たないそうです。


 こちらはキランソウ
キランソウ

 キランソウは キンランとは別に関係はありません。
ジュウニヒトエと同じシソ科の仲間だそうです。
ジュウニヒトエ


PageTop

マイヅルソウ

 薬師池公園
マイズルソウ
  草丈4~5cmの小さな花です。

こちらは少し大きめのタンチョウソウ
タンチョウソウ

 鶴見川に サギはいますが、鶴はいない様です。

PageTop

ヒトリシズカ

 薬師池公園
ヒトリシズカいっぱい

 ヒトリシズカが大勢で咲いています。

 こちらは おとなしく フッキソウ
フッキソウ
 
大勢で、ムスカリ
ムスカリ


 鶴見川沿いではヒメオドリコソウが大勢で
ヒメオドリコソウ


 マツバウンランはひっそりと。
マツバウンラン

PageTop

ドウダンツツジ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ドウダンツツジ

 漢字では、灯台躑躅又は満天星躑躅。 
この花に ちなんで”満天星”と名付けられた小惑星があるそうです。
ドウダンツツジ2

 こちらは薬師池公園スズランです。今を盛りに咲いています。
スズラン

 そろそろ花が終わりのスノードロップ
スノードロップ

PageTop