アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

ママコノシリヌグイ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ママコノシリヌグイ
 茎や葉にトゲトゲが いっぱいありますが。モノスゴイ名前をつけたものです。

ママコノシリヌグイ3

 他の植物の蔭から伸びて ぽつりぽつりと 明るい色を見せてくれます。

ママコノシリヌグイ4

スポンサーサイト

PageTop

’09.06.28 堂所山(731m) 八王子市

 高尾駅で、陣馬高原下行きのバスを見送った後、少しして、少し小さめの小仏行きバスが来ました。小仏バス停は、かなり暗い曇天、無風。湿度が高く、汗が全く乾きません。
1 キイチゴ
                  キイチゴ
 
2 ジャノヒゲ
             ジャノヒゲ

3 新道入口
 景信山への新道は夏草が蔓延。土はしっとり濡れて歩きやすいが、蒸しています。

 一時間ほどで景信山に到着。大休止。オカトラノオが咲き始めたところです。
4 オカトラノオ咲き始め


景信山から40分で薄暗い堂所山へ到着。
5 山頂
         堂所山山頂です。右の方にベンチと山頂標識柱が建っています。

 先々週と同じく、6エレダブルバズーカ八木とブームを修正した7エレループ゚八木とをスタック状に三脚に載せました。(ループ八木のブームは、ロッドアンテナで作ったために、エレメントの自重でブームが軸まわりに回ってしまう事がありました。)

 1Wで5局ほど交信したところで、5/9の強烈な混信が入りました。同じ周波数で他の局がCQを出し始めた様です。周波数を変え、2.5Wで再開。正午の気温は朝よりも下がって22℃。交信相手局から、雨が降り出したとのレポートを次々に戴きます。

 14時頃ぽつりと落ちてきたところで、交信を終了。二つのアンテナを収納し、ザックに荷物を詰める僅かな間に、大粒の雨になりました。近くの明王峠から相模湖に下りる道もありますが、かなり強い雨なので、通い慣れた小下沢林道に降りる事にしました。

 道はかなり濡れていますが、泥濘にならず比較的歩きやすい道を40分ほどで関場峠着。林道に下りました。
5 林道
 この林道は途中からは車の乗り入れが禁止されており、夏草が茂っています。

6 ヘビイチゴ
              ヘビイチゴ

7 ホタルブクロ
              ホタルブクロ

いつも、水を補給する小下沢キャンプ場跡も今日はそのまま通過。
8 コモチマンネングサ
            コモチマンネングサ

9 ヤグルマソウ
              ヤグルマソウ

91 ヤブカンゾウ
              ヤブカンゾウ

 バス道路に出る頃には林道は小川の様になっていました。大下(小仏から一つ目のバス停)に16:09到着。16:11発の高尾駅行きバスに乗る事が出来ました。




PageTop

バイカアマチャ

 薬師池公園
梅花甘茶

 アジサイの近くに咲き始めました。
公園の方に名前を伺ったところ、梅花甘茶と書くそうです。
アジサイの仲間で、インターネットでは、静岡以西の太平洋沿岸に自生となっていました。

PageTop

ナンテン

 鶴見川沿いの遊歩道で
南天蜂
 南天の花に蜂が来ています。


 クチナシには虫は来ていない様です。   (虫が来る)=(実が出来る) の式が成り立つ?
クチナシ

 この百合には、蝶が来ていない様でした。
ユリ

 草刈り隊が残した 芦の茂みの中の半夏生には、虫が来ていた様ですが。
ハンゲショウ


昨日の薬師池公園では、ハナショウブの蕾にアカトンボが止まっていました。
アカトンボ

 蓮も咲いていました。 まだ一輪だけですが。
蓮

PageTop

オモダカ?それとも

 薬師家公園で
オモダカ
 オモダカ? それとも アギナシ? 更にウリカワ? 図鑑を調べても、区別が出来ず、、。
ま どれかでしょう。---イイカゲンですみません。

 いずれにせよ 白いスイレンの咲く小さな池の縁に咲いています。
スイレン2

 この池には大きなオタマジャクシも。 
オタマジャクシ


 公園の別の場所ではザクロが花盛りです。実が出来るのを楽しみにしていますが、
そのまま落ちてしまう花も多い様でした。--ムリヤリ話を変えてすみません。
ザクロ

PageTop

続々 アジサイ

PageTop

続 アジサイ

 薬師池公園
アジサイ ムラサキ

 アジサイが続々と咲いています。
アジサイ 水色

アジサイ 青

アジサイ 青+

アジサイ 青はなび

アジサイ 青花火

赤紫

PageTop

萩?

 鶴見川沿いの遊歩道で、
萩?
 だろうと思うのですが、それにしても早い。もう殆ど咲き終わりに近い状態です。
薬師池公園では、はやっと咲き始めたところです。


 薬師池公園ニワフジは咲き終わりました。 と同じ マメ科だそうで、
花の形が似ていると言われtれば、まあ似ているような。
ニワフジ

PageTop

ホタルブクロ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ホタルブクロ

 野草に特有? 色合いや色の濃さが様々で、ほとんど白に近いものも。

ホタルブクロシロ

 この近くにも 本物の蛍が見られる所があり、大切に保護されている様です。


 蛍は入りませんが、ホオズキの袋は出来ています。
ホオズキ
 虫がかなり居る様で、袋に孔が開蹴られる? と心配しています。


 なにしろ、ドクダミの花びらをほとんど食べてしまう虫もいる様で、蝶が調査に来ています。
虫食いドクダミに蝶

 ほとんどのドクダミは無事ですけれど。
ドクダミ

PageTop

キキョウ

 鶴見川沿いの遊歩道で
キキョウ
 ミョウガの葉の間から咲き始めました。蕾も見えています。楽しみにしていたのですが、
折って持ち去った人がいる様です。


  川にゴミを捨てる人もいる様で、カメが怒っています。
カメとゴミ



 

PageTop

ニシキウツギ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ニシキウツギ
 ニシキウツギの花が咲き終わりました。


 ハイキングコースでは、白い花にピンクの花が混じるハコネウツギを見かける事があります。
先日の長尾平のハイキング?の際には、白一色のウツギが咲いていました。
ウツギ

 ピンク色のタニウツギは、あまり見た事がありません。

PageTop

コバンソウ

 鶴見川沿いの遊歩道で
コバンソウ 熟
 コバンソウの実が熟しましたが、河川整備草刈り隊の活躍により、撤去されました。

 少し前まではこんな感じでしたが。
コバンソウ



 イチジクの実が、大きくなりつつあります。
イチジク


 クルミも実りましたが、昨年秋の草刈り隊の活躍により今年は激減。
クルミ
 
 
 燕の巣は、たくさん完成しています。
燕 巣

PageTop

カエデ

 薬師池公園
カエデ2
 カエデの実が出来ています。

春先はこんな感じでしたが、
カエデ
 


 アマドコロにも、丸い実が出来ています。
アマドコロ実

 5月に花が咲いてた花です(再掲)
090516 アマドコロ


 池にはカワセミが来ていました。
カワセミ




PageTop

続 コメント管理を変更しました。

 コメント管理方法を変更後、 スパムコメント(という呼び方で良いのかな?)が更に5件ありましたが、いずれもブログに表示される事無く、削除出来ました。また、正常なコメントは(書き込みありがとうございました)承認することで ブログに表示される事も確認出来ました。
 同じFC2ブログならば、”環境設定の変更”からコメント管理方法の変更が出来ます。もっと早く変更が出来ることに、気が付けば良かったのですが。 ともあれ、この管理方法を継続しようと思います。

 尚、他のブログで、同一のスパムコメントを見つけた事があり、自動書き込みかも知れません。いずれにせよ、スパムコメントの書き込みが趣味だという気の毒な人がいる様です。

PageTop

キンシバイ

 鶴見川沿いの遊歩道で
キンシバイ
 梅雨空が続いていますが、川沿いの ところどころ、明るく見えています。

 同じオトギリソウ科のビヨウヤナギも咲いています。
化粧柳 黄

 オシベの先が赤い セイヨウビヨウヤナギも咲いています。
トモエソウ


 これはオトギリソウ科ではなくて、ウリ科のカボチャです。
カボチャ
 自宅の駐車スペースに植えてみました。車を持っていないとはいえ、実に無粋。

PageTop

’09.06.14 長尾平(860mくらい) 青梅市

 午後から雨の天気予報の為か?青梅線の車内は、いつもよりハイカーが少ない感じ。御岳駅からケーブル下まで10分ほどのバスは、3名の乗客でした。ケーブル下駅には有料駐車場もあり、車で来たハイカーも乗込んで、ケーブルの座席は大体埋まりました。
 
 ケーブル上駅の周辺は小さな広場でベンチ、売店、トイレがあります。好天であればかなりの見晴らしが期待出来るのですが、梅雨空の今日は、霞んでいます。
1 セリバヒエンソウ
             セリバヒエンソウ

 ケーブル上駅から右の大塚山側のトイレの脇からリフトに沿って少し登り、リフト上駅から回り込むように御岳神社方面に向かいます。気温は低めですが、無風。蒸しています。
2 クリンソウ
            クリンソウ

 御岳神社参道から、神代欅の下をくぐり、神社への階段を登ります。僅かな距離ですが、歩き始めで、かなりキツイ感じがします。
3 フウロ
                  フウロ

 社へ登る階段の途中から、僅かに下り気味の大岳山への登山道に入って、ホッとします。ウグイスが良い声で啼いています。
4 フタリシズカ
                  フタリシズカ

 大岳山への登山道に入ってほんの少しで、長尾平への分岐です。広い道に入って行くとたくさんのベンチがあり、トイレがあります。更に少し先の緊急用ヘリポートを通り過ぎ、突端?まで行くと東屋がありました。目の前に日ノ出山が、霞んでいます。
5 ミヤマキケマン
              ミヤマキケマン

 今日のアンテナはブームを、¥100店のロッドアンテナ様のピックアップツールで作った、リニューアルの7エレ・ループ八木と、6エレダブルバズーカ八木です。
61 アンテナ分解

 写真用三脚に並べて取り付けました。ループ八木は、全体を揺さぶると、エレメントの自重でブームのロッドアンテナ部分が軸まわりに回ってしまう事があり、ブームを作り直そうと思います。
62 アンテナ設置

 9時少し前から交信開始。出力は1w。最初の数局にお願いして二つのアンテナの送受信の比較をしましたが、殆ど違いがありません。6エレ・ダブルバズーカで運用を続けます。小鳥の声が聞こえるだけで静かです。
71 木の実
            何の木の実?

 ビーム方向は、日ノ出山の左肩か右肩をかすめる様な2つの方向に交互に向けました。千葉方面が弱い感じですが、都内、埼玉、群馬、栃木、神奈川の各方面は良く入感します。

72 木の花
                木の花


 午前中は薄日が射し、目の前の雑木林の緑が明るい感じしたが、昼頃から何組みかのハイカーが東屋を訪れ、賑やかな昼食会などもありました。空が暗くなってきた15時に撤収。
8 ヤマオダマキ
              ヤマオダマキ

 一旦ケーブル上駅まで戻り、大塚山へ向かいましたが、空が更に暗くなって来ました。降りそうです。大塚山経由で古里駅に下るのはあきらめ、またケーブル上駅に戻った頃に、霧雨が降り始めました。また長尾平方面へ少し戻り、ケーブル脇の道を下ります。
9 ユキノシタ
                 ユキノシタ

 一時的に雨脚が強くなりましたが、概ね小雨の道を下ります。両側に立ち並ぶ大きな杉木立に遮られて、雨は大して落ちてきません。時折、作業車が通ります。
91 下り坂

 ケーブル下のバス停の手前まで来たところでで、バスが出て行くのが見えました。やれやれ、次のバスまで、30分。御嶽駅まで歩こうかな? カメラをザックに収納していると、臨時バスが登ってきました。今日は混んでいたのかな?10分ほどで発車するとの事で、乗り込みました。やれやれ。 

 長尾平は山頂ではありませんので、国土地理院の地図には記載されていません。標高は、地図から読む限りでは860m+αの様です。

PageTop

ハナショウブ

 薬師池公園
咲き始めました
 梅雨入りに合わせた様に咲き始めました。

 いろいろな 花の色や形
紺

 アヤメ、カキツバタ、花菖蒲が入り交じっているらしいのですが、見分けが出来ません。

紺シロ

紺黄

ムラサキ

赤紫

ピンク

絞り

縁取り

淡いピンク

PageTop

アジサイ

 鶴見川沿いの遊歩道でも、薬師池公園でも
アジサイ 赤青
 アジサイが咲き始め、色付きはじめました。


 花の色も形も様々です。
アジサイ 花火


アジサイ 白花火


 土の酸性、アルカリ性で青から赤に色が変わるというのは、あたっていないそうです。
アジサイ 白
 

 このところ続いた雨で錆びた?
アジサイ 錆び


 これも外側の花は4枚の花びら。
アジサイ 青シロ

 中寄りの小さな花には、オシベが見えます。メシベは、、?、
アジサイ 青シロ拡大



 カシワバアジサイ。 これだけは、葉の形で種類名が判りました。
カシワバアジサイ

PageTop

ギシギシ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ギシギシ拡大
 もう鉄錆色に熟しています。

ギシギシ
 周囲の夏草から際だって見えます。

 その左上にはヒメジョオンが咲いています。
 ヒメジョオン

 蝶も来ています。
ヒメジョオン蝶

 川水は上流の工事?で濁っていますが、アオサギが小魚を探しています。
アオサギ 探索

 カモは小休止。
カモ 休憩

 カメはストレッチ?
カメ ストレッチ

PageTop

コンフリー

 鶴見川沿いの遊歩道で
コンフリー ヒレハリソウ ムラサキ科
 食用に栽培されていたものが、発ガン性が有るとかで見捨てられ、野生化したものの様です。
ムラサキ科に属するそうですが、、。


 ムラサキ科の本家のムラサキ (薬師池公園で )とは随分違います。とはいえ、ムラサキは日本固有の種で、西洋種のムラサキには根から紫の色素が採れる種類は無いそうです。
ムラサキ

PageTop

ナニワイバラ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ナニワイバラ

 遊歩道沿いで栽培されていましたが、トゲが鋭すぎたのか、切られてしまいました。 

 こちらは、園芸種かも知れません。名前を調べているのですがまだ解りません。
今年も、川岸の斜面に柔らかそうな白い花を咲かせました。背丈は40cmほど。
名前不明

 これは、たぶんイネ科の、いわゆる雑草ですが、似たものが多く、名前を特定できずにいます。
50cmほどの背丈で、上の名前の解らない花を殆ど隠しています。
イネ科

 足下を探すと、小さいハコベが見つかります。これも正確な種類名が解りません。
ハコベ

PageTop

アサザ

 薬師池公園
アサザ

 絶滅危惧種だそうですが、今年も無事に咲きました。公園で大事に管理されているのでしょう。
この池にはコウホネも一緒に咲いています。
コウホネ

 池の周囲にはオランダガラシがたくさん。これは強健で栽培種が野生化したのだそうです。
ワサビなどと同じ辛み成分を含むとか。
クレソン

 お隣の これも小さな池にはスイレンも咲いています。
野生種をヒツジグサと呼び、園芸種をスイレンと呼ぶそうですが、これはどちらでしょうか?
紫など鮮やかな花色のものは熱帯種のスイレだそうです。
スイレン

PageTop

’09.06.07 陣馬山(855m) 八王子市

 高尾駅からのバスは満員で、途中で10人ほどの釣り客を降ろした後も、蒸し暑い車内には、数人の立ち乗り客がおられました。日が射したり陰ったりする中を終点の陣馬高原下に到着。月例の陣馬山です。前回(5/10)の陣馬山から天気や用事などが重なり、1ヶ月ぶりの移動です。

1 ヘビイチゴ
           ヘビイチゴ
                 
 Tシャツ一枚で歩き出します。まだ気温は高くありませんが、湿度はかなり高く、道はしっとり濡れて、一部泥濘になっています。

2 キイチゴ
           キイチゴ

 陣馬山の標高は、ハイキング用地図の表記に従って857mとしていましたが、山の主局のご教示に従い国土地理院の地図を参照したところ、854.8mと記載されていました。855mとするのが正しい様です。ところが、山頂の標識にはまだ、857mとなっており、山の主局がお怒りであります。

3 アマドコロ
            アマドコロ

 この辺りの林は下生えが少ない事が特徴? 丹沢の大山あたりでは、下生えの灌木が密生していますが、ここの林は、明るくて風が良く通ります。

4 林

5 クサイチゴ
                  クサイチゴ

6 下生え
 山頂が近づくと下生えが増えてきますが、低いものが多く、やはり林間は明るい感じ。

 山頂では、山の主2局が共にHB9CVで50MHzにQRV.。もう1局は、釣り竿利用の自作V型ダイポールを伸縮して、18~28MhzにQRV。今日は都合4局での運用です。

7 ウマノアシガタ
              ウマノアシガタ

  山頂付近は黄色の花が咲いていますが、そろそろ咲き終わりが近い様です。梅雨を前に、花の少なくなる時期になった様です。先々週の日曜、雨中でこの山頂で運用されていた山の主局はツツジの満開を楽しまれたそうですが。

8 ニガナ
          ニガナ

 6エレダブルバズーカをシングルで使用して430FMは今日は1局で運用開始。1Wで始めましたが、無変調で妨害する局?など出てきたため2.5Wに上げて続行。ほぼ途切れずに呼んで戴きました。

9 ヒメジョオン
         ヒメジョオン

 大きな雲がゆっくり移動して、日が射したり陰ったりします。日射しは強烈で、傘をさしました。陽が陰るとそよ風もあり、とても爽やかです。ただ、靄がかかって富士は見えず、近くの奥多摩や高尾方面が見えるだけです。

61 クサフジ
          クサフジ

 10エレのダブルバズーカ八木を作られたという局から呼び出して戴きました。高尾山の山頂は人混みでアンテナ設置不可。少し下ったモミジ平で、アンテナを組み立てられたそうです。ビームがシャープに切れるそうです。

91 何?
          山頂で、 名前が解りません

 梅雨の間に“やっと晴れた”といった今日の天気の為でしよう。山頂は大勢のハイカーで賑やかです。和田峠まで車で来たのでしょう2~5歳くらいのお子さん達も、大活躍。山頂の茶店のかき氷はかなり繁盛の様です。

91 木の花
      やはり山頂で、3mほどの木の花にいっぱいに咲いた花です。

 ハイカーの数が少し減ってきた、15時頃に撤収。
92 コアジサイ
             コアジサイ

 今回も和田峠から車で藤野駅まで送って戴きました。



PageTop

ムシトリナデシコ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ムシトリナデシコ
 
 虫取り撫子でしょうか?不調和な感じの名です。食虫植物ではなく、茎から粘液が出て、小さな虫が絡め取られる事があるので。という事だそうですが、この粘液の役割は何でしょうね?。

 ネズミモチの方は、黒い小さな実がネズミの糞に似ているとの事からの名だそうな。工場の敷地の縁取りなどにも良く見かける木ですが、このところ花が咲いていおり、虫は良く来てます。
ネズミモチ

ネズミモチに蝶


 アカツメクサにも蝶が来ています。
アカツメクサに蝶が


 テントウムシはヨモギの葉に
テントウムシ

 シオカラトンボは、遊歩道のフェンスの白い柱の上に止まりました。
シオカラトンボ

PageTop

アカメガシ

 鶴見川沿いの遊歩道で
アカメガシ

 赤芽樫とでも書くのでしょうか?遊歩道の縁取りに植えられています。白い花が咲くらしいのですが、まだ見た事はありません。


 薬師池公園で、 トウヒの仲間の木かな? 
トウヒ?

PageTop

 鶴見川沿いの遊歩道で
梅実
 の実が出来ています。遅く咲いたでしたが。


 の実は、これ以上大きくならない種類の様です。
桃実


 ミズキの木にも実が出来ていました。
ミズキ実


 川面に丸いのはカモの朝寝でした。もう9時過ぎなのに。
鴨朝寝


 これはたぶんグミ。豊作です。
グミ?実

PageTop

コメント管理を変更しました。

 コメンの受信方法を変更いたしました。
コメントの投稿を行うと、 「管理者の承認待ち」 と表示されて、投稿内容は、ブログ管理者により承認されるまで表示されない(のだろう) と思います。 この状態でしばらく様子をみようと思います。

 このところ、妙なコメント (稚拙な文章で、卑猥?なタワゴト) が増えて来た事による処置です。見つけ次第に除去していたのですが、除去するまでの間は表示されてしまいますので。

PageTop

ユスラウメ

 薬師池公園
ユスラウメ
 花は、一ヶ月ほど前に咲いていました。


 ダイオウグミの実も出来ています。どんな花なのか確認出来ていません。
ダイオウグミ
 

 これは何の実なのか 解りませんが。
実


 2ヶ月ほど前に黄色の花を咲かせていたヒイラギナンテンにも実が出来ています。
ヒイラギナンテン実



 鶴見川沿いでは アスパラガスの花が咲き、実が出来ています。
アスパラ花


 熟すのはもう少し先です。
アスパラ実

PageTop

ワルナスビ

 鶴見川沿いの遊歩道で
ワルナスビ

 ”強健な雑草”が咲き始めました。秋口まで咲き続け、花の後に小さなナスの様な実を付けます。写真のは白い花びらですが、少し紫色がかった花を見かける事もあります。

 ”千にひとつの無駄も無い”という 本家のナスの花は、そろそろ実を付け始めています。
花の形は良く似ています。
ナス

 そろそろ花が咲き終わりますが、ワルナスビに色も形も似ているのは、ジャガイモです。
ジャガイモ白

 種類が異なるのでしょう。紫色のジャガイモの花も良く見かけます。
ジャガイモ

 これらは皆、ナス科の植物だそうで、花だけを見るとそうかな と思うのですが、黄色い花の
トマトも同じナス科だそうで、実の感じははまるで違っているし、ジャガイモなんかは土の中に
実が出来るし、やはり素人には解りませんです。

PageTop

オオジシバリ

 鶴見川沿いの遊歩道で
オオジシバリ2

 タンポポと同様に、どこでも見られるタンポポに似た黄色の花です。 

やはりどこで見られる オオニガナ
オオニガナ

 オニタビラコ
オニタビラコ

 ノゲシ--これは 年中咲いていますが、
ノゲシ

  ウマノアシガタ これはタンポポの親戚では無いようです。
ウマノアシガタ

 キツネノボタン
キツネノボタン

 カタバミ
カタバミ

 以上、どこでも見られる黄色の花でした。

ついでですがカタバミに ”ムラサキカタバミ-葉が赤紫色で花にも赤味がある従兄弟がいます。
更についでに、園芸種から野生化した親戚のオキザリスは鶴見川沿いでも良く見かけます。
オキザリス

PageTop