アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

ムラサキサギゴケ

 薬師池公園で、
100430 ムラサキサギゴケ
 まだ水が張られていない 蓮池の周囲に群落が出来ています。


 白雪芥子
100430 白雪芥子


 ムサシアブミ
100430 ムサシアブミ


 牡丹も咲き始めました。
牡丹

牡丹2


100430 木の花


 ダイオウグミ
100430 ダイオウグミ


 公園の駐車場入り口に
100430 あお

スポンサーサイト

PageTop

ヒメオドリコソウ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
100429 ヒメオドリコソウ
 場所によっては こんな感じに変わっています。
 
 その場所で、忍者の様な身のこなしの鳥が、
100429 この鳥は


 カラスは ずいぶん目立ちます。
100429 カラス


 は、長時間じっと動かない事が多いのですが、やはり目立ちます。
100429 鵜 休み


 やかましいのも よく飛んでいます。
100429 ひこーきnn

 音が聞こえなくても 目立つのです。
100429 ひこーき


 地についた 暮らしがいいなあ
100429 むくどり


 ハルジョオンの色が濃くなってきました。
100429 ハルジョオン

PageTop

ムラサキハナナ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
100428 ムラサクハナナ ちょう
 蝶を見かけるようになりました。


 背丈の伸びたナノハナにも
100427 蝶ナノハナ


 イチゴの苗にも
100427 イチゴにチョウ


 ダイコンの花には、、 よくわかりません。
100428 だいここん

 
 の花には来ていない様でした。
100427 白エンドウマメ


 スカンポが 目立つ様になりました。
スカンポ

 

PageTop

オオジシバリ

 鶴見川添いの遊歩道で、
ジシバリ


 同じ仲間の、、
100427 オニノゲシ

 綿毛も出来ています。
100427 ノゲシし


 無論 本家も元気
ぽぽんた

 本家の綿毛
たんぽぽたね


 ツツジがどんどん開いています。
ツツジ

ツツジ2

ツツジ3

PageTop

'10.04.25 臼杵山(842m) あきる野市

 武蔵五日市駅からのバスはほぼ満席。浅間嶺のつもりでしたが、混雑するかな?と、
急遽臼杵山へ変更。元郷バス停で、私一人だけ下車。バス停すぐ脇から登山道が始まります。
1 すみれ

2 スミレ 白

 快晴。半袖Tシャツ一枚ではひんやりとした感じ。少し急ですが、湿って小石が落ち着き、歩きやすい
登りを、小一時間でゆるやかな上り下りの稜線に出ました。
3 稜線

4 はっぱぱ


 臼杵神社の手前で、富士が見えました。夏には見えなくなりそうです。
5 富士山見えた


 「道の途中」といった感じの山頂に到着。杉の木がたくさん折れており、おかげで
近くの山肌に、かなり散った桜が見えました。  遠くの方は、白い春霞。
6 山頂

 6エレダブルバズーカと、導波器を追加したbobotailを組み立てました。
しばらくあちこち受信してみましたが、差がありません。10:00過ぎにCQ開始。
7 木の花

 相手局からの受信レポートも差がありません。5/5以下で受信の局では、ダブルバズーカ
と同じビーム方向では、bobotailの入感Sが1~2小さく、90°ほどビームをずらすと、
同程度の入感となる事が解りました。別のロケでも確認する必要がありそうです。

 正午の気温13℃。この場所では、一日誰にも会わずにいた事もありましたが、今日は
6グループほどのハイカーが通過しました。(午後からは、途絶えましたが)

 予定より少し遅れて、15:00下山開始。臼杵神社の手前から荷田子バス停への道へ、
かなり急に下って、また登り返したあとは、緩やかな昇り下りで降りてゆきます。。
8 木いちご?
    木イチゴ?

9 チゴユリ
  チゴユリ

a なに?
 なんだろう? 灌木の花です。


一時間ほどで、荷田子峠に到着。戸倉城趾城山への道を分けます。
b 城山への道

 木の芽はかなり出てはいるのですが、下生えの草花が少なく、何となく春浅い
という感じ。
はっぱs

 荷田子バス停に出ましたが、バス10分前に行った後。次は40分後。ヒマなので、五日市駅方向へ
少し歩く事にしました、、、が、、歩道が有るのは荷田子バス停付近だけ。間近を車がびゆんびゆん。
停留所2つ歩いてバスを待つことにしました。
 数分後に(アレッ時刻表には無かったぞ)超満員のバスが来ました。

PageTop

ヤマブキ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
100426 八重ヤマブキ
 八重のヤマブキも咲いてきました。


 クルミの木はこんな感じに
100426 クルミ


 シャクナゲも満開--この木だけですが、、
100426 シャクナゲ


100426 木の芽

100426 木の芽す


 ツグミを良く見かけます。
100426 ツグミ


 サルスベリの木だけ まだこんな感じ
100426 サルスベリ


ススキも残っています。
100426 すすきん

PageTop

鬱金桜

 薬師池公園で、
100424 鬱金サクラ
 この気温のおかげで、長く咲いています。


 ミツバツツジは そろそろかな?
100424 ミツバツツジ


 トキワマンサク
100424 トキワマンサク


 レンゲがいま盛んに咲いています。
100424 レンゲ


100424 スミレ みずいろ


100424 スミレ あおしろ


100424 スミレ しろしろ

PageTop

チューリップ

 鶴見川添いの遊歩道で、
100423 ちゅうりぷ


 岸の緑が濃くなった川には
100423 サギ


100423 鴨2


 100423 木の芽な


 イチジク
100423 イチジク


 たぶん グミの木
100423 メジロ 花


 キーウィーの芽
100423 キーウィフルーツ


 ドウダンツツジ 咲き始めました。
100423 ドウダンツツジ



100423 カエデ

PageTop

チューリップ

PageTop

鶴見川沿いの椿


 品種名は解りません。
100421 椿 しろあかあかか


100421 椿 しろあかあかしろ


100421 椿 桃2桃


100421 椿 桃ピンく


100421 鶴  ももももも


100421 鶴 つばきじ


100421 鶴 椿 桃ももも


100421 鶴 椿もももも


100421 鶴 椿絞


100421 鶴椿 赤赤か

PageTop

アカメガシ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
アカメガシ
 赤芽樫と書くのかな?


 木の芽もいっぱい出て
木の芽ん

 急速に緑が濃くなってきます。
緑1

緑


 木の花も咲いています。
木の芽な

かわせみn


 ツツジも咲き始めました。
ツツジ1

PageTop

薬師池公園の椿(たぶん最終)

 椿の字の中にある春は、そろそろ終わりに近い様です。

 レディ・ロッチ
100420 レディ・ロッチ


 レディ・ケイ
100420 レディ・ケイ


 マーガレット・デービス
100420 マーガレット・デービス


 ブラット・オブ・チャイナ
100420 ブラットオブ・チャイナ


 ひゃくかん
100420 ひゃくかん


 ハワイ
100420 ハワイ


 トモローズ
100420 トモローズ


 シロチャン・シュープリーム
100420 シロチャン・シュープリーム


 さやけ
100420 さやけ


 コーラル・ピンク・ロータス
100420 コーラル・ピンク・ロータス


 かすり
100420 かすり


 いかり紋
100420 いかり絞


 あかこま
100420 あかこま

PageTop

 薬師池公園で、
藤
 蕾? 藤の枝先です。


 スズメノヤリ
スズメノヤリ


 フウキソウ  富貴草と書く様です。
フウキソウ


 イワガネソウ  始めて見ました。この先どうなるのかな?
イワガネソウ


 アミガサユリ
アミガサユリ


 シャガ
シャガ


 レンギョウはそろそろ咲き終わります。
レンギョウ


 花の終わった馬酔木は
馬酔木

PageTop

続、430MHz用Boboail Beam

(1)はじめに
  '10.04.10の本ブログの記事の bobtai の前方に、導波器を配置したところ、
  利得が大きくなりました。


(2)アンテナ形状、寸法
  先日作ったアンテナの400mm前方に導波器を追加しました。
1 寸法図

 左側が追加した導波器。長いロッドアンテナの中央と両端にプリント基板用スペーサを
取りつけ、一端にM3ねじを固定したφ4アルミパイプをねじ込み固定します。
導波器と、本体? とは、白いガラスフィラー入りプラスチックパイプで連結しました。
SWRは417~441MHzの範囲で1.1以下です。
2 アンテナ形状


 本体?です。導波器と連結する為のプラスチックパイプは、径の異なるパイプを
上下2段に接合して、「回り止め」としました。
4 本体側


 追加した導波器です。中央にプラスチック板と、本体と連結する為のプラスチック
パイプを木綿糸と瞬間接着剤で固定しました。
3 導波器


分解した状態です。一番長い連結用パイプの全長は345mm。全体の重量は約250g。
5 分解


(3)性能比較
   出力1W、距離2.6mで、簡易電界強度計の電流計の最大振れ値を比較しました。
       今回、導波器を追加したbobtai  300μA
       前回作成のままのbobtail     210μA
       6エレ・ダブルバズーカ      260μA


   6エレ・ダブルバズーカ(ブーム長710mm)との大きさの比較です
6 比較


(5)その他
 (a)簡易電界強度計を見ながら、導波器を配置してみて、良さそうだったので
    泥縄式に作ってみましたが、予想したよりも導波器の位置が離れ、大きな
    アンテナになってしまい、分解した状態も、あまりすっきりしません。

    ただ、利得は6エレ・ダブルバズーカよりも大きい様です。組立の手間が
    小さくなるような構成を思いついたら、再度作って見たいと思います。

 (b)導波器は、垂直エレメントのみでも、水平エレメントのみでもダメで、
    ”山の字の形”でないと、追加による効果はありませんでした。

PageTop

薬師池公園の椿


 木連川
100419 木連川


 天香
100419 天香


 雪宝山
100419 雪宝山


 小桜
100419 小桜


 春神楽
100419 春神楽


 酒中花
100419 酒中花


 五色八重散椿
100419 五色八重散椿


 玉手箱
100419 玉手箱


 花橘
100419 花橘


 宴
100419 宴

PageTop

クロモジ

 薬師池公園で、
クロモジ
 楊枝に使った木だそうです。

 ユスラウメも咲いています。
ユスラウメ


 の新緑
アズサの木

  ミスメの、、、。 名前の表示が無ければ、見分ける事が出来ないのですが。
ミスメの木


 ハナイカダは 蕾? が出来ている様です。
ハナイカダ


 ニリンソウ
ニリンソウ


 イチリンソウ
イチリンソウ


 ラショウモンカズラ
ラショウモンカズラ

PageTop

薬師池公園の椿


 フラミンゴ
フラミンゴ


 タラハシ・ガール
タラハシ・ガール


 ロージア・スーパーバ
ロージア・スーパーバ


 ルーシーフェスタ
ルーシーフェスタ


 モンティセロ
モンティセロ


 フェイス
フェイス


 パーラス・パーフェクション
パーラス・パーフェクション


 ドラマ・ガール
ドラマガール


 ビッグ・ビューティ
ビッグ・ビューティ


 タイニィ・プリンセス
タイニィプリンセス

PageTop

スミレ

 鶴見川沿いの、
スミレれ
 隣家との狭い隙間に咲いています。
昨夜の雪で、今朝は屋根の上がうっすらと白く見えますが。

 薬師池公園でもスミレが咲いています。 
スミレこいあお


スミレ 白あお


スミレこん


スミレあおん


スミレ


スミレ 白

PageTop

薬師池公園の椿


 グランプリ
グランプリ


 コロネーション
コロネーション


 サウス・シーズ
サウス・シーズ


 ジュリア・ファミター
ジュリア・ファミター


 シルバー・チャーリス
シルバー・チャーリス


 シルバー・ウェーブス
シルバーウェーブス


 CM・ウイルソン
CM・ウイルソン


 イースター・モーン
イースター・モーン


 イクストラ・ガバンザ
イクストラ・ガバンザ


 エクストラ・バカンス
エクストラバカンス

PageTop

ハナズオウ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
ハナズオウs

 満開の桃の木と並んでいても、枝が燃えるようです。

ハナズオウ
 

 同じ豆科の、カラスノエンドウも、今盛りです。
カラスノエンドウさん

カラスノエンドウ


 本家のエンドウ豆も咲き始め
エンドウまめ

 これは空豆
空豆

 竹藪の前の木の芽も いっぱい。
竹藪の木


 ケヤキの梢は
ケヤキ

PageTop

薬師池公園の椿


 後瀬山
後瀬山


 源氏合
源氏合


 貴宝殿
貴宝殿


 紀州司
紀州司


 岩根絞
岩根絞


 火中
火中


 横浜五色椿
横浜五色椿2


 横浜五色椿の2
横浜五色椿


 医王子
医王子


 伊豆日暮
伊豆日暮

PageTop

ススキ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
ススキ
 もちろん、種は残っていません。

 茅はこんな感じ。
茅


雀後ろ姿


 海棠が良く咲いています。
海棠1


 柿は、新芽が
柿


 蝶も飛び始めました。
ちょう 見付け

PageTop

薬師池公園の椿


 聚白
聚白


 老松
老松


 富士の雪
富士の雪


 不開錦
不開錦


 氷室雪月花
氷室雪月花


 百路の日暮
百路の日暮


 太平
太平


 初光
初光


 黒椿
黒椿


 光源氏横杢
光源氏横杢

PageTop

タンポポ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
桜 たんぽぽ
 桜がかなり散り、

 ハナミズキの蕾が大きくなって来た。
ハナミズキ 赤s

ハナミズキ 白


 ネギボウズ
ネギボウズ 花

 
 キャベツかな? は
キャベツ 花?


 フキノトウはこんなに。
フキノトウのトウ


 遊歩道と川を隔てるフェンスの上に。
シジュウカラら


 川には
ハクセキレイ

PageTop

薬師池公園の椿


 大虹
大虹


 長楽
長楽


 椿山津山
椿山津山


 唐椿
唐椿


 波多野
波多野


 白牡丹
白牡丹


 緋縮緬
緋縮緬


 福姫
福姫


 覆輪一休
覆輪一休


 繻子重
繻子重

PageTop

ヤマブキ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
白ヤマブキ
 この株だけですが、花びらの一部が白い花が点在します。


 この白い花は?  背丈1mほどの小さい木です。
白花


 これは川の上に張り出した大きな木の枝です。
木の


 これも大きな木で、下から見上げると、
葉


 1.5mほどの木の先端です。
葉葉

PageTop

薬師池公園の椿

 
 荒磯
荒磯


 江戸錦
江戸錦


 銀の星
銀の星


 玉牡丹
玉牡丹


 王将君
王将君


 花見笠
花見笠


 燕返し
燕返し


 紺侘助
紺侘助


 紫絞
紫絞


 七福神
七福神

PageTop

'10.04.11 日ノ出山(902m) 西多摩郡日ノ出町

 青梅線の駅名は御獄。バスは御岳駅発。ともあれ、御岳ケーブルの待合室に入ったところで、
偶然/幸運、しばらくご無沙汰のフレンド局に遭遇。車で来られたそうです。御岳リフト上の
展望台で運用予定とのことでした。私の方は上高岩山にと思っていましたが、よろしければ、、
という事で、日ノ出山に ご一緒させて戴くことになりました。
 気温高め。暗い曇天。午後から雨の予報。
1 カキドオシ
      カキドオシ

 帰路に予定している鳩ノ巣駅への道を右に分けて、ゆっくりと、日ノ出山へ。
1 ヤマエンゴサク
     ヤマエンゴサク

2  木の?

3 きのめね

 山頂間近でやっとスミレが咲いていました。
4 スミレ

 9時少し前、山頂に到着。いくらか明るくなってきた感じの空ですが、遠景は霞んでいます。
山頂のベンチが新しくなっていました。 が、数が以前よりもかなり少なくなっています。

 いつもの6エレ・ダブルバズーカと、昨日作ったばかりの bobtail を組み立てました。
ロケの良い所ですから、どんどん声が掛かります。薄日が射して来た。
5 松

 ロケが良すぎて、逆に比較しにくいのですが、10局ほどにお願いして、ダブルバズーカに較べ、bobtaiがl~2ほど小さい受信レポートを戴きました。こちらの受信レポートは2局だけ、
1及び2小さいレポートで、他は両者同じでした。 ビームの切れは同じくらいです。

 午後の雨を心配していたのに、青空が拡がり、日射しが暑いくらいになって来ました。
山頂はハイカーで大賑わい。
6 山頂

 2時過ぎにフレンド局においとまして、来た道を戻り、15:05鳩ノ巣への道に入ります。
7 下り道のね

 空が暗くなって来て、小雨がぱらつき、また明るくなって、、
8 ハシリドコロ
    ハシリドコロ

9 ヤブレガサ?
 スミレには僅かに早い、、、でも芽吹きの季節ではあります。

9 下り道

a 木の芽

 16:10 大楢峠に到着。大休止。
このコナラの木の推定寿命500年 との表示がありました。
b コナラ

 薄暗くなって来たので、少しペースを上げて降ります。
c きのめ

d きのはな

 「6月下旬ごろから7月上旬まで」の表示のホタルの里の看板を過ぎると、ほの暗い中に、
街灯が点っていました。林を抜けると、まだかなり明るさが残るのですが。 
またぽつりぽつり の雨。車のヘッドランプが少し眩しい17:10 鳩ノ巣駅に到着。


PageTop

トキワハゼ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
トキワハゼ



 着水点確認
う 1


 着水
う 2 


 翼 格納
 う 3


 制動
う 4


 ギャラリーは無関心
カモはね繕い


 急速潜航
 急速潜行


 深度潜航
潜行 深度維持


 潜望鏡深度
潜望鏡深度


 の花が良く咲いています
もものはな

PageTop

430MHz用Bobtail Beam

(1)はじめに
  長めの水平エレメントの中央と両端に、計3本の垂直エレメントが生えている
 2エレのアンテナです。

  2m用のアンテナの紹介記事が複数見つかりました。その中にエレメント長さ
 等の計算式が載っている記事がありましたので、433MHzで 計算した寸法で
 試してみました。

  参考にしたHPは、http://www.hamuniverse.com/2meterbobtailbeam.html
 表題は 「2 Meter (2 Element) Bobtail Beam Projec」です。


(2)アンテナ形状、寸法
  作成したアンテナの形状と調整後の寸法です。
1 Bobtail 寸法図

  参照HPに記載の寸法計算式と433MHzでの計算値、作成した実寸法
(調整後の寸法)です。
2 寸法表


(2)作成
  ハイキング兼の移動用として、折り畳み可能に作りました。水平エレメントは
 ロッドアンテナを利用し、垂直エレメントは着脱可能に、ねじ固定しました。
3 bobtail
  手前側が給電部です。

 給電部付近です。2本のロッドアンテナをアルミ板で連結して水平エレメントを構成。
前後の水平エレメントはプラスチック板を加工して間隔104mmに支持しました。
 2本の水平エレメントの中間に、加熱した1/4Wサイズのナットを押し込んだアクリル板
を接着し、写真用三脚でアンテナを支持出来る様にしました。
4 給電部
 写真手前のBNC-Jコネクタに半田付けした垂直エレメントだけが着脱出来ませんが、
他の5本は、端部にM3ねじを取り付けてあり、水平エレメントに固定した黄銅製の
プリント基板スペーサに、着脱可能に ねじ込み固定します。
 下の写真は、水平エレメントの両端部(ロッドアンテナの先端)です。
5 両端

 垂直エレメントはfrontはφ4黄銅パイプ、reflectorはφ6アルミパイプですが、
この違いに、機能上の意味はありません。単にfrontとreflectorを見分ける為に、です。


 5本の垂直エレメントを取り外して、折り畳んだ状態です。水平エレメントに使用した
ロッドアンテナの基部には90折り曲げ機構が付属しており、自在な折り曲げが出来ます。
6 収納


(3)調整
   R:210 F:195 W:693mm S:104 が最初の寸法です。このうちのSのみが
  固定で、調整不能です。 最初の状態で、390MHz付近でSWRが最低値を示しました。
  ここから、RとFを交互に(長さの比率があまり変わらない様に)切り詰めました。
   R:200mm、F:190mmまで切り詰めたところで、430MHz付近でSWRが最低値を
  示す様になりましたが、SWR最低値が2付近です。ここで、W:を少しづつ短くしたところ
  SWRの値が小さくなりました。結果的に前記の調整後の寸法で、426~440MHzの範囲内で
  SWRは1.1以下となりました。ここで、水平エレメントのロッドアンテナが、W寸法以上に
   伸張出来ない様に、先端側を半田付け固定して、調整は終了です。


(4)性能比較
   出力1W、距離2.6mで、簡易電界強度計の電流計の最大振れ値を比較しました。
7 性能比較


   比較したアンテナを、上表と同じ順序に並べました。bobtail以外のアンテナは、
  当ブログの過去の記事をご参照下さい。
8 比較


(5)その他
 (a)アンテナの使用時には、ロッドアンテナの水平エレメントを折り曲げ、伸張し、
    垂直エレメントを出来るだけキレイに整列させて使用しますが、多少歯並び?
    が悪くてもSWRにはそれほど影響しない様です。

 (b)垂直エレメントの長さだけで、調整出来るかな?と思っていましたが、水平
    エレメントの長さ調整も必要でした。今回は前後の水平エレメントの間隔(S)
    の調整が出来ない作り方をしてしまいましたが、Sの調整も行うと、例えば
    垂直エレメントの寸法が計算値に近づくなど、また違う結果になるかも。

 (c)固定用に、例えば2列2段の様に並べて、カーテンビームのアンテナを構成
    するのもオモシロイかも知れません。

PageTop