fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

イヌホウズキ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
131005 いぬほうずき

 オシロイバナ
131005 おしろいばな

 キセキレイ
131005 きせきれい

 キンモクセイ  香りが漂い始めています。
131005 きんもくせい

 タチアオイ
131005 たちあおい

 タンポポ
131005 たんぽぽ

 トウガラシ
131005 とうがらし

 ? トリ ? 後ろ姿で余計に解らない
131005 とり

 ビヨウヤナギ
131005 びようやなぎ

 ホウセンカ
131005 ほうせんか

 マメ
131005 まめ

 ミズヒキ
131005 みずひき

 ムクゲ
131005 むくげn

 ユッカ蘭
131005 ゆっからん

PageTop

続、430MHz用 3エレ・bent dipole 八木

(1) はじめに
’13.08.28の記事の3エレ・bent dipole 八木は\100店の定規で作ったブームに電線と
φ4アルミパイプを連結したエレメントを保持しました。 が先週の移動運用の際に、
ブームが破損。アクリル板の小片を瞬間接着剤で貼って補修し、復帰しました。

’13.08.28のブームの材質が弱い事と、収納が嵩張る事が気になり、¥100店の30cm
の定規(メタクリル樹脂)をブームに使用し、柔軟に曲がる工芸用?のアルミ針金を
エレメントにしました。エレメントが柔軟に曲がり、小さく折り畳む事ができました
が、SWRが下がらずに断念。エレメントがぐにゃぐにゃで、キレイに整列出来ない事
が原因かなぁ?

φ4アルミパイプをφ3アルミ針金で連結して、「関節で曲がるエレメント」にした。
と云うのが今回の報告です。前置きが長く、、結果は短く、「いまひとつ」でした。


(2) こんなの 作ったみたんですけど。
a せっち
 φ4アルミパイプとφ3アルミ針金とはM2ねじで固定。放射器のBNCへの半田付けの
箇所のみφ4黄銅パイプを使用。アルミ(黄銅)パイプ同志間のアルミ針金(曲がる部分)
の長さは20mm。エレメントのブームへの固定は、M2ねじと木綿糸&瞬間接着剤を併用。
b きゅうでんぶn
 エレメント径が’13.08.28のものとは若干異なるのに合わせて、MMANAでエレメントの
寸法を再計算して作りました。この為、エレメントの見かけの感じが少し異なっています。
ともかく、各エレメントの垂直部分を切り詰めて、計算値よりも10mm長いところで、
SWRは428~434MHzの範囲内で1.1以下になりました。関節を少し曲げてエレメント
を少し変形させてみましたが、SWRは殆ど変化しません。


簡易電界強度計 距離2m、出力50mWで ’13.08.28の記事のアンテナと比較
’13.10.04のアンテナはエレメントの少しの変形で簡易電界強度計の指示値が変化します。
c 比較

 収納
d しゅうのう


(3) 蛇足
 (a)今回のブームの¥100店の30cmのプラスチック定規の材質はPS樹脂と記載
    されていました。ドリルで穴開け中に熱で溶けてドリル刃にくっ付き、穴も変形。
又、ねじ止めなどストレスの加わった箇所は時間が経つと割れるなど、どうやら
    ’13.08.28の記事の\100店(今回とは異なる店です)の定規と同じポリスチレン
    の様です。穴あけ箇所に水を一滴垂らして冷却&潤滑すると、大根おろしの如き
切り粉が出来て、一応キレイに穴あけは出来ましたが。
メタクリル樹脂の30cmのやはり¥100店の定規は、それなりの材質でしたが。

(b)’13.08.28のアンテナはエレメントの 「くの字」の部分は電線で多少形が変化
しますが、簡易電界強度計の指示値は安定しています。エレメントの垂直部分は
φ4アルミパイプで、定規で支持されて位置、姿勢は安定しています。
   エレメントの垂直部分を正確支持すれば、簡易電界強度計の指示値も安定する??

(c)今回の関節又はガイコツモデルのエレメントは移動先に持ってゆく元気があまり
出ません。とりあえず各エレメントに6箇所の関節を2箇所減らす改造をして
様子を見ようと思っています。 現状よりもエレメントの整列はしやすくなり、
折りたたみ収納は、少しやりにくくなると思いますが、うまく簡易電界強度計の
指示値が安定する様でしたら、 エラそうに再報告しますが、 どうですかね。

PageTop

エノコログサ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
131004 えのころぐさ

 カメ
131004 かめに

 カモ
131004 かもかも

 カヤツリグサ
131004 かやつりぐさ

 葛
131004 くずくず

コサギ
131004 こさぎ

 セイバンモロコシ
131004 せいばんもろこしn

 ニチニチソウ
131004 ニチニチソウ

 ハッカ
131004 はっか

 ヒガンバナ
131004 ひがんばな

 ヒコウキ
131004 ひこき

 ビトウヤナギ
131004 ビヨウヤナギ

 ビワの葉
131004 びわ

 ヤマモモの葉
やまもも

PageTop

柿の葉

 鶴見川沿いの遊歩道で、
まだ8年経たない柿の木です。
131003 かきのは

 キバナコスモス
131003 きばなこすもす

 ゴーヤ
131003 ゴーや

 シソ
131003 しそ

 ツユクサ
131003 つゆくさ

 トケイソウ
131003 とけいそう

 ニチニチソウ
131003 にちにちそう

 パンジー
131003 ぱんじー

 フウセンカズラ
131003 フウセンカズラ

 ミズヒキ
131003 みずひき

 ムラサキゴテン
131003 むらさきごてん

 雨は午前中に止みました。 風もさほど強くなく、おだやかな午後3時の空
131003a そら

 ニラ
131003a にら

 ヤマブキ
131003a やまぶき

 キノコ
131003aa きのこ

 増水も僅かで、さほど濁りませんでした。
131003b こさぎ

PageTop

カエデ

 薬師池公園で、
131002 かえで

131002 かえでかわせみ

 シモバシラ
131002 しもばしら

 ダンギク
131002 だんギク

131002 だんぎく

 ツユクサ ?
131002 つゆくさ

 ツリバナ
131002 つりバナ

131002 つりばな

 萩
131002 はぎ

 ヒガンバナ
131002 ひがんバナ

131002 ひがんばな

131002 ひがんばなしろ

 ヒョウキラン
131002 ひがんばなひょうきらん

 フジバカマ
131002 ふじばかま

 ヤマツツジ
131002 やまつつじ

PageTop

アカバナユウゲショウ

 鶴見川沿いの遊歩道で、
131001 アカバナユゲヨウ

 アスパラガス
131001 あすぱらがす

 カメ
131001 かめろーれらい

 カモ
131001 かも

 キクイモ
131001 キクイモ

131001 きくいもn

 コサギ
131001 コサギ

 センダン   
131001 せんだん

 スッポン
1310010 すっぽん

 タケニグサ
131001 たけにぐさ

 トンボ
131001 ととんぼ

 ムラサキシキブ
131001 むらさきしきぶ

 ワルナスビ 
131001 わるなすび

 木蔦
131001 木蔦

 ヨモギ
131001よもギ

PageTop