fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

アカツメクサ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/30)
181031 あかつめくさ

                アメリカセンダングサ
181031 あめりかせんだんぐさあ

                カタバミ
181031 かたばみ

               キバナコスモス
181031 きばなこすもす

               セイタカアワダチソウ
181031 せいたかあわだちそう

               ノゲシ
181031 のげし

               ブタナ
181031 ぶたな

               亀
181031a かめ

               モズ
181031a もず

               ススキ
181031b すすき

               メリケンカルカヤ
181031b めりけんかるかや

               センニンソウ
181031c せんにんそう

               ハナミズキ
181031c はなみずき

               竹   欅   月齢21日
181031d たけやき21

PageTop

アカメガシ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/29)
181030 あかめがし

                オキザリス
181030 おきざりす

                萩
181030 はぎ

                アキノゲシ
181030a あきのげし

                ススキ
181030a すすきん

               アオサギ
181030b あおさぎん

              ジョウビタキ
181030b じょうびたきん

              富士山 と 丹沢大山
181030b ふじ

              アレチウリ
181030c あれちうり

              ソテツ
181030c そてつ

              ハナミズキ
181030c はなみずき

               ヒメジョオン
181030c ひめじょおんい

               マメアサガオ  朝露
181030c まめあさがお

               ヤマブキ  朝露
181030c やまぶき

PageTop

エンジュ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/22)
181029 えんじゅ

                  柿
181029 かきん

                  ハナミズキ
181029 はなみずきf

                  アメリカアサガオ
181029a あめりかあさがお

                  タマスダレ
181029a たますだれ

                 ヒメジョオン
181029b ひめじょおんぐ

                 トンボ
181029c とんぼぼ

                 キセキレイ
181029d きせきれい

                  ヘリ
181029d へり

                  エノコログサ
181029e えのころぐさ

                  チカラシバ
181029e ちからしばあ

                  コセンダングサ
181029f こせんだんぐさん

                   セイタカアワダチソウ
181029f せいたかあわだちそうい

                   コスモス
181029g こすもすん

PageTop

'18.10.28 御岳山展望台(882m地点)東京都青梅市

立川駅で山の主局2局を含む4局が集合。青梅線快速電車に乗車。もう1局現れる
はずでしたが、、。 御嶽駅に到着。ホームは下車した乗客で満員。バス停へ。
バス停も長蛇の列。長蛇の尻尾に並んだところに、心配していた1局が現れました。
同じ電車に乗車していたそうです。
増発バスで御岳ケーブルへ。満員の増発ケーブルに乗車。ケーブルの上駅の御岳平から
、リフトに乗り(乗客は5局だけでした)展望台へ。 おやおや、展望台では先客2局が
無線運用中。更にもう1局が少し上のベンチで運用との事で少し登ってみると、
50MHzのV型ダイポールアンテナで運用中。
以上、長々と読んで戴き、ありがとうございました。 そして お疲れ様でした。 
今日は展望台で8局での運用となりました。

       御岳平
a 御岳平

      ヤクシソウ
b ヤクシソウ

      ツリバナ
c ツリバナ

      ? ?
d ??

      アザミ
e アザミ

      @@キク
f @@キク

8局での運用で、声の大きな局もいるし、アルコールが入った局もいるし、
「にぎやか」と云うのか「騒然」と云うのか 呆然と運用。12時少し前に終了。
昼食は おでん と 焼肉。

       御岳平の白樺
g 御岳平の白樺


昼食後は帰路へ。2局の車で青梅駅まで送り届けて戴き、随分助かりました。
6局は青梅線に乗車。歓談&いねむり。

早めの帰宅で 風呂掃除。

朝のうち雲が多かったのですが、時間と共に青空が広がり、ただ、遠くは
霞んで見えず。
気温は20℃ほど、爽やかな気候の下で大勢で楽しく運用できました。

黄葉、紅葉には僅かに早い状態ですが、大勢の行楽客で賑やかでした。

PageTop

シャリンバイ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/22)
181028 しゃりんばい

                  センダン
181028 せんだん

                  ピラカンサ
181028 ぴらかんさ

                   ? ? イネ科の?
181028a いねかの@

                    セイバンモロコシ
181028a せいばんもろこし

                    亀
181028b かめ

                    鯉
181028b こい

                    トンボ
181028b とんぼ

                    ヒコウキ
181028b ひこうき

                    ヘリ
181028b へり

                    マルバルコウソウ
181028c まるばるこうそうん

                   ミズヒキ
181028c みずひき

                   メリケンカルカヤ
181028c めりけんかるかや

                   ヤマブキ
181028c やまぶき

PageTop

アキノベニバナ

鶴見川沿いの遊歩道で (10/26)
181027 あきのべにばな

                 オオニシキソウ
181027 おおにしきそう

                  コセンダングサ
181027 こすもす

      蔦の根   対岸の護岸 この上を遊歩道が通っています。
181027 つた

                 セイタカアワダチソウ
181027a せいたかあわだちそう

                セイタカアワダチソウ & ススキ
181027a せいたか すすき

                柿   右下
181027b かき

                コサギ
181027b こさぎ

                ソクズ
181027c そくず

                ヒヨドリジョウゴ
181027c ひよどりじょうご

                ヒルガオ
181027d ひるがお

                ベゴニア
181027d べごにあ

                ホトトギス
181027d ほととぎす

                ハナミズキ
181027e はなみずき

PageTop

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/25)
181026 かき

                   桜
181026 さくら

                   サルスベリ
181026 さるすべり

                   ハナミズキ
181026 はなみずき

                   屋根の上の アオサギ
181026a あおさぎ

                   アジサイ
181026a あじさい

                   キセキレイ
181026a きせきれい

                   コサギ
181026a こさぎ

                   モズ
181026a もず

             セイタカアワダチソウ シャクチリソバ
181026b せいたかしゃくちり

                   タンポポ
181026b たんぽぽ

                   カタバミ
181026c かたばみ

                   キバナコスモス
181026c きばなこすもす

                   ムラサキツユクサ
181026d むらさきつゆくさ

PageTop

430MHz用7エレ八木

参照HPはhttp://www.wells10000.plus.com/m5aml/homebrewaerials.htm 
M5AML局のHPです。 エレメント径φ2ですが、MMANAにデータ入力後
D3、D4、D5の3エレメントを同一長にするなど、遊んだために、元のHPの
データとはかなり変わってしまいました。
ブームは使い残りの断面コの字形(5*8mm 肉厚1mm)のアルミ型材。


(2)赤いエレメント。
a あ
 エレメントは¥100店のφ2アルミ自在ワイヤ。ブームは前回'18.10.20の記事と同じ。
b すん
D1,D3の移動で調整して、SWRは431.7〜433.8MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計 距離2m、出力1Wで2.1μA。(計算利得13.31 dBi) 
同時に測定した8エレ八木('18.09.17の記事)は2.0μA(計算利得13.01dBi) 
ブーム長は8エレ八木('18.09.17の記事)は1062mm。今回の7エレ1087mm


(3)製作内容
       給電部
2本のアルミ自在ワイヤの先端部約20mm以外は電気ドリルで捩じり、硬化しました。
硬化していない先端(約20mm長)の先端に10mm長φ3黄銅パイプを嵌めて圧着し、
18mm長φ5樹脂パイプの両側から挿入(2本の先端は約2mmの間隔が開く様に)
10mm長のφ3黄銅パイプにBNCを半田付け。ブームに木綿糸+瞬間接着剤で固定後
エポキシ樹脂で補強。以上で、φ2アルミ自在ワイヤのRaエレメントは10mm長の
φ3黄銅パイプから突き出た約10mm長の(硬化していない)部分で折り曲げ、収納
する事が出来ます。
c らり


    導波器Dの取り付け
アルミ自在ワイヤの中央部約40mm以外は、電気ドリルで捩じり硬化しました。
アルミ自在ワイヤの中央部に20mm長のφ3アルミパイプを挿通し圧着固定。更に
18mm長のφ5樹脂パイプに挿通。ブームに「木綿糸+瞬間接着剤」で固定後エポキシ
接着剤で補強。他の導波器、反射器も同じ方法で固定します。
d れれ


       ブームの連結
コの字形断面(内寸5*10mm-ブームが丁度入るサイズ)のアルミ連結用チャネル
(60mm長)を用いてブーム(コの字形断面--外寸5*8mm)を連結しました。
一方のブームに固定。他方のブームに1本のM3ねじで待ちうけ、φ6アルミパイプの
連結用チャネル、ブームの各先端部に切ったスリットを、各々M3ローレットねじ及び
M3待ち受けねじに挿入。M3ローレットねじを締めて固定します。
f れけ


   三脚の雲台への支持
ブームにM2ねじで、M3ナット及びM3ローレットねじを取り付けたミニステーを
固定し,三脚側のミニステー金具に取り付け。
g しじ


     分解収納状態(重量121g ) ブームは3分割としました。
h ぶん


(4)蛇足
(a)前回の10エレ('18.10.13の記事)との比較。
使い残りのブーム材が丁度入る大きさの、使い残りのアルミチャネルを見つけ。
ブームの連結に使ってみました。加工は前回('18.10.20の記事)の「φ6パイプ
を金槌で叩き潰して連結」よりも楽ですが、重量は大きい。

(b)MMANAのデータ
         計算値
i K3

         放射パターン
j かた

         定義
k Tぎ

PageTop

アカバナユウゲショウ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/23)
181025 あかばなゆうげしょん

                  ノゲシ
181025 のげし

                  セイタカアワダチソウ
181025a せいたかあわだちはち

                  ヒメジョオン
181025a ひめじょおんぐ

                  スズメ
181025b すずめ

                  ? カラス ?
181025b からす

                  ヘリ
181025b へり

181025b へりん

                  モズ
181025b もず

                  アカツメクサ
181025c あかつめくさ

                  シロツメクサ
181025c しろつめくさ

                  ヌスビトハギ
181025c ぬすびとはぎ

                  ホウキギク
181025c ほうきぎく

                 モゾソバ
181025c みぞそばお

PageTop

アメリカアサガオ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/23)
181024 あめりかあさがお

                 エノコログサ
181024 えのころぐさ

                 ? オオイヌタデ?
181024 おおいぬたで

                 コセンダングサ
181024 こせんだんぐさ

                 シャクチリソバ
181024 しゃくちりそば

                 ニラ
181024 にら

                 ヘクソカズラ
181024 へくそかずら

                 セグロセキレイ
181024a せぐろせきれいん

                 ハクセキレイ
181024a はくせきれい

                 茅
181024b かや

                 カエデ
181024c かえで

                タンポポ
181024c たんぽぽ

               ヒュウガミズキ
181024c ひゅうがみずき

               ナズナ
181024d なずな

               ヒメジョオン
181024d ひめじょおん

PageTop

アキノゲシ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/22)
181023 あきのげし

                 柿
181023 かき

                 クロガネモチ
181023 くろがねもち

                 ピラカンサ
181023 ぴらかんさん

                 ハナミズキ
181023a はなみずきん

                桜
181023a さくら

                八重桜
181023a やえざくら

                コサギ
181023b こさぎん

                茅
181023b かや

                ムラサキエノコログサ
181023b むらさきえのころぐさ

                メリケンカルカヤ
181023b めりけんかるかやん

                コセンダングサ
181023d こせんだんぐさや

               セイタカアワダチソウ
181023d せいたかあわだちそう

                ユッカ蘭
181023d ゆっからん

PageTop

アキノゲシ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/15)
181022 あきのげし

                アメリカセンダングサ
181022 あめりかせんだんぐさ

                コセンダングサ
181022a こせんだんぐさnn

                アレチウリ
181022 あれちうりん

                イタドリ
181022 いたどり

                イヌタデ
181022 いぬたづ

181022 いぬたで

               カラス
181022 からすう

              キバナコスモス
181022 きばなこすもし

              柿
181022a かきj

              キクイモ
181022a きくいも

             コスモス
181022a こすもすん

             シロツメクサ
181022a しろつめくさ

              チカラシバ
181022a ちからしばん

              ヤブガラシ
181022a やぶがらし

PageTop

イヌガラシ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/15)
1810211 イヌガラシ

                   葛
1810211 くず

                   コムラサキシキブ
1810211 こむらさきしきぶ

                    ザクロ
1810211 ざくろ

                   酔芙蓉
1810211 すいふよう

                   キセキレイ
1810211a きせきれい

                   コサギ
1810211a こさぎ

                   シジュウカラ
1810211a しじゅうから

                   ヒヨドリ  水浴直後
1810211a ひよどり

                   エノコログサ
1810211b えのころぐさ

                   シジミチョウ
1810211b しじみちょう

                   ツクバネウツギ
1810211c つくばねうつぎ

                   ノゲシ
1810211c のげし

                  ヤエムグラ
1810211c やえむぐら

PageTop

コセンダングサ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/15)
181021 こせんだんぐさあん

                 タンポポ
181021 たんぽぽぽ@お

                 蔦
181021 つた

                 ハナミズキ
181021 はなみずか

                 マエイケンカルカヤ
181021 めりけんかるかや

                 カマキリ
181021a かまきりん

                 スズメ
181021a すずめ

                 モズ
181021a もず

                 ヒメジョオン
181021b ひめじょおん

                 ノブドウ
181021b のぶどあ

                ヒュウガミズキ
181021b ひゅうがみずき

                マメアサガオ
181021b まめあさがおん

                ミゾソバ
181021b みぞそばあn

               ムラサキサギゴケ
181021b むらさきさぎごけ

PageTop

430MHz用8エレ八木

(1)はじめに
参照HPはhttp://www.yagicad.com/Projects/OWAinPictures.htm
VK3DIP局のHPです。 エレメント径φ12を φ3に変更してMMANAに入力。

ブームは使い残りの断面コの字形(5*8mm 肉厚1mm)のアルミ型材。


(2)こんな感じに。
a あん
 エレメントはφ3アルミパイプ。ブームは前々回 '18.10.05の記事と同じ材料です.
b すん
SWRの調整は、D2,D3,D4,D5の4本ものエレメントの移動が必要でした。
SWRは431.8〜434.3MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計 距離2m、出力1Wで2.0μA。(計算利得14.15dBi) 
('18.10.13の記事)の10エレも2.0μA(計算利得13.68dBi ブーム長1488mm)


(3)製作内容
       給電部(前回'18.10.09の記事と同じです)
φ5樹脂パイプの両側から、2本のM3(MF)スペーサのM(オスねじ)側を挿入。
スペーサにBNCを半田付け。これを加熱して曲げた樹脂板とM3ねじでブームに固定。
φ3アルミパイプのRaエレメントの先端に短尺のφ2黄銅線を(芯として)挿入し、
φ4黄銅パイプを介してM3ねじと連結圧着しました。  
 給電部の強度を増すために、エポキシ接着剤で固めました。
c ら
 

   導波器D2の取り付け
φ5*20mm長の樹脂パイプをブームに「木綿糸+瞬間接着剤」で固定後、エポキシ
接着剤で補強。φ3アルミパイプのD2エレメント5mm長のφ5樹脂パイプを接着し
他の導波器、反射器も同じ方法で支持します。
d で


       ブームの連結
ブームは4分割としました。金槌で叩きつぶしたφ6アルミパイプを2本のM3ねじで
一方のブームに固定。他方のブームに1本のM3ねじで待ちうけ、φ6アルミパイプの
先端のスリットを嵌入させます。
e れけ


       三脚の雲台への支持
ブームにM2ねじで、M3ナット、ローレットねじ取り付けたミニステーを固定・
三脚側のミニステー金具に取り付け。
f しじ


     分解収納状態(重量118g うちエレメント29g ブーム118g)
g ぶん


(4)蛇足
(a)前回の10エレ('18.10.13の記事)との比較。
h ひょ
簡易電界強度計の指示値は前記の様に共に2.0μAでした(距離2m、出力1W)
 '18.10.13の10エレのブーム材は2*10mmの平角断面のアルミ型材です。

b)MMANAのデータ
        計算値
i K3

         放射パターン
j かた

         定義
k Tぎ

PageTop

アメリカアサガオ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/19)
181020 あめりかあさがお

                  ヒルガオ
181020 ひるがお

                  マメアサガオ
181020 まめあさがお

                 マルバルコウソウ
181020 まるばるこうそう

                 コサギ  アオサギ
181020a こあおさぎ

                アオサギ
181020b あおさぎ

                コサギ
181020b こさぎ

                カルガモ
181020c かるがも

                ススキ
181020c すすき

               サルスベリ
181020d さるすべり

              クコ
181020d くこむ

             センニンソウ
181020d せんにんそう

             萩
181020d はぎ

181020d はぎん
   
             」ヤエムグラ
181020d やえむぐら
          

PageTop

アキギリ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/18)
181019 あきぎり

                 アレチウリ
181019 あれちうりん

                 オオニシキソウ
181019 おおにしきそう

                 カエデ
181019 かえで

                 コマツヨイグサ
181019 こまつよいぐさ

                エナガ
181019a えなが

                スズメ
181019a すずめ

                亀
181019b かめ

                鯉
181019b こい

                シソ
181019c しそ

                ノゲシ
181019c のげし

                ヒメジョオン
181019c ひめじょおん

                フヨウ
181019c ふよう

                マルバルコウソウ
181019c まるばるこうそう

PageTop

アカツメクサ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/16)
181018 あかつめくさ

                 アカバナユウゲショウ
181018 あかばなゆうげしょうん

                 アキノベニバナ
181018 あきのべにばな
   
                 アメリカアサガオ
181018 あめりかあさがお

                イタドリ(たぶん)
181018 いたどりno

 イタドリ(たぶん)の葉にいたのは、クツワムシ。 近寄っても全く動かず。
181018 くつわむし

               亀
181018a かめら

               コサギ
181018a こさぎ

               オオジシバリ
181018b おおじしばり

               コマツヨイグサ
181018b こまつよいぐさ

              ピラカンサ
181018b ぴらかんさ

              ムクゲ
181018b むくげ

              ムラサキサギゴケ
181018b むらさきさぎごけ

              レンギョウ
181018b れんぎよう

PageTop

コセンダングサ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/16)
181017 こせんだんちょ

181017 こせんだんぐさ

                  セイタカアワダチソウ
181017 せいたかあわだちちょう

181017 せいたかあわだちちょ

                   茅
181017a かや

                   カワセミ
181017a かわせみ

                  ハクセキレイ
181017a はくせきれい

                  アカバナユウゲショウ
181017b あかばなゆうげしょう

                  オキザリス
181017b おきざりす

                  タンポポ
181017b たんぽぽ

181017b たんぽぽん

                  フウセンカズラ
181017b ふうせんかずら

                  ホトトギス
181017b ほととぎす

181017b ほととぎすん

       遊歩道から見下ろした 名前の解らない木の黄葉
181017c こうよう

PageTop

ノゲシ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/15)
181016 のげしん

                  ノブドウ
181016 のぶどう

                  栗
181016 はくり

                  ハナミズキ
181016 はなみずき

                  フウセンカズラ
181016 ふうせんかずらん

                  シャクチリソバ
181016a しゃくちりそば

                  ブタナ
181016a ぶたな

                  コサギ
181016b こさぎん

                  ヒメジョオン
181016b ひめじょおんぐ

                 ビワ
181016b びわ

                 ミゾソバ
181016bc みぞそば

                 ヒメツルソバ
181016c ひめつるそば

                ヘクソカズラ
181016c へくそかずら

                マルバルコウソウ
181016c まるばるこうそう

PageTop

アカバナユウゲショウ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/9)
181015 あかばなゆうげしょうん

                アキノゲシ
181015 あきのげし

               アメリカアサガオ
181015 あめりかあさがお

              オシロイバナ
181015 おしろいばな

             クサギ
181015 くさぎ

             コミカンソウ
181015 こみかんそう

            ? ソヨゴ ?
181015 そよご

             カラス
181015a からす

             ヘリ  警視庁の
181015a へり

             ヘリ  消防署の
181015a へり消防

             チヂミザサ
181015b チヂミザサ

            メリケンカルカヤ
181015b めりけんかるかや

            コセンダングサ
181015c こせんだんぐさん

           ハキダメギク
181015c はきだめぎく

           ツツジ
181015d つつじ

          ムクゲ
181015d むくげ

          ヤマブキ
181015d やまぶき

PageTop

'18.10.14 大塚山(920m)東京都青梅市

家を出る時にはかなりの雨でしたが、電車で移動中に止んだようです。青梅駅で
青梅線奥多摩行きに乗り換え。「朝のうち雨」の予報のためか、乗客は少ない。
a 青梅線社内

御嶽駅からのバスの乗客は私だけ。御岳ケーブルの乗客は5〜6名。
手前のケーブル上駅の屋根の向こうに日の出山。紅葉はまだこれから。
b 日の出山

 のそのそ 大塚山へ

   サラシナシヨウマ
c サラシナシヨウマ

   似たのが多くて見分けられない なんとかキク
d キク

 僅かに霧
f 登山道

     キンミズヒキ
g キンミズヒキ

頭上の梢から落ちる雨だれと思っていたら、降り始めた。傘を出す。
h 登山道2

      マツボックリ
i マツボックリ

御岳ケーブルから20分で大塚山の四阿に到着
四阿の屋根(隅が破れている)の下に10エレ八木('18.10.13の記事)と
位相給電9エレループ八木を設置。少しワッチして08:30交信開始。
小雨。 無風 気温11℃
k アンテナ

10時頃突然陽が射しました。小雨は降り続けています。
l きつねの嫁入り

雨は11時頃に静かに降り止みました。以降、時折陽が出たり隠れたり。
11:20 交信終了 昼食 巻き道に降りて御岳ケーブルへ

    ガンクビソウ
m ガンクビソウ

 巻き道に出たときは陽が射していましたが、直ぐに霧雨。
n 巻き道

        アザミ
o アザミ

       カシワバハグマ
p かしわばはぐま

      ?
q_20181014192509f0b.jpg

     ヤクシソウ
r ヤクシソウ

 御岳ケーブルに着いた途端にアナウンスが聞こえました「あと2分で発車」
 飛び込みセーフの御岳ケーブルは団体客で満員でした。


  御嶽駅のホームから オギ
s オギ

  同じくホームの端でツヅラフジ  こういう駅いいなあ。
t ツヅラフジ

帰路、自宅最寄駅に近づいた頃には青空が広がり、気温も急上昇。
早めの帰宅で風呂掃除。
「朝のうちだけ雨」の天気予報にかなり迷いましたが、雨男としての予感に従い
四阿の屋根の下で運用できる大塚山に移動して、やはり降られて、なんだかなあ。   

位相給電9エレループ八木と10エレ八木('18.10.13の記事)と、ブーム長は
共に、ほぼ1.5m。その為かどうか? 受送信共に殆ど差異がありませんでした。

PageTop

クロガネモチ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/9)
181014 くろがねもち

                 コスモス
181014 こすもす

                 コセンダングサ
181014 こせんだんぐさ

                 コリウス
181014 こりうす

                 ススキ
181014 すすきん

                 チカラシバ
181014 ちからしば

                 鵜
181014a う

                 カラス
181014a からす

181014a からすつ

                ヒコウキ  高空の(爆音が聞こえない)
181014a ひこうき

                ヤブガラシ
181014b やぶがらし

181014b やぶがらす

                千日紅
181014d せんにちこうん

                ベゴニア
181014d べごにあ

                ヨモギ
181014d よもぎ

               酔芙蓉
181014e すいふよう

               ムクゲ 菊 など
181014e むくげ菊

PageTop

'18.10.13 430MHz用10エレ八木

(1)はじめに
参照HPはhttp://www.df9cy.de/tech-mat/wi432-10/wi432-10.htm
HPの最終改定 '18.04.01 DF9CY局のHPです。
HPのエレメント径φ6を、使い残りのφ3アルミパイプに合わせてφ3に
変更してMMANAに入力。D5、D6、D7エレメント3本を同一長に揃える。
ブームは前回の10エレ('18.10.09の記事)と同じの、使い残りの使い切り。


(2)こんな感じに
a あん
 エレメントはφ3アルミパイプ。ブームは2*10mm平角断面のアルミ型材
b すん
作りっぱなし無調整でSWRは431.4〜434.4MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計 距離2m、出力1Wで2.5μA。(計算利得13.68dBi) 
('18.10.09の記事)の10エレも2.5μA(計算利得13.80dBi ブーム長1528mm)


(3)製作内容
       給電部(前回'18.10.09の記事と同じです)
φ5樹脂パイプの両側から、2本のM3(MF)スペーサのM(オスねじ)側を挿入。
スペーサにBNCを半田付け。これを加熱して曲げた樹脂板とM3ねじでブームに固定。
c QQ
φ3アルミパイプのRaエレメントの先端に短尺のφ2黄銅線を(芯として)挿入し、
φ4黄銅パイプを介してM3ねじと連結圧着しました。
d きゅ
 給電部の強度を増すために、エポキシ接着剤で固めました。


        導波器の取り付け
前回使用した目玉クリップに代わるものを見つける事が出来ず。「木綿糸+瞬間接着剤」
の代わりに「¥100店のφ0.7鉄針金+瞬間接着剤」でφ5*20mm長樹脂パイプを固定。
ブーム裏面側の針金を捩った切捨て先端をエポキシ接着剤で覆いました(切り傷予防)
e でん
φ3アルミパイプのD5エレメントのほぼ中央に5mm長のφ5樹脂パイプを接着し
エレメント受け(φ5*20mm長樹脂パイプ)に挿入支持します。
他の導波器、反射器も同じ方法で支持します。


       ブームの連結(前回と同じです)  
ブームは約40cm長の4分割としました。一方のブームの端部に切った3mm幅の
スリットと他方のブーム端部のM3ローレットねじ。一方のブーム端部のφ3穴と
他方のブームのM3ねじとを夫々対応させ、M3]ローレットねじを締めて結合します
f れけ


三脚の雲台への支持(前回と同じです)
ブーム側の治具は、平型3穴のミニステーに、ミニステーL型とM3ナットを半田付け。
ミニステーL型を利用して、ブームにM3ねじで取り付けました。。
g じじ


     分解収納状態(重量171g うちエレメント36 ブーム135g)
h ぶん

(4)蛇足
(a)今回のエレメント受け(φ5*20mm長樹脂パイプ)の支持は、木綿糸の代わりに
針金を使用しましたが、機能的には木綿糸の方が優れています。
針金には「ばね性」が無く、摩擦力も木綿糸に較べて小さく、締め付けが甘いと
エレメント受けの保持力は0に近く、保持力維持の為に瞬間接着剤の併用は必須です。
一方、木綿糸のみで保持力は充分ですが、瞬間接着剤を浸み込ませる事で保持力と
木綿糸自体の強度が増します。木綿糸の磨耗を防止するエポキシ接着剤等による
保護は必要ですが、必須ではありません。 
前々回のクリップに滑り止めゴム板を挟む等も検討しましたが、効果は?です。
エレメント径が大きければ、他の手段もありそうですが。  

(b)MMANAのデータ
         計算値
l K3

         放射パターン
m かた

         定義
n Tぎ

PageTop

セイヨウキンシバイ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/9)
181013 せいようきんしばいん

                  千日紅
181013 せんにちこう

                   タンポポ
181013 たんぽぽぽぽ

181013 たんぽぽん

                   ハコベ
181013 はこべ

                   アオサギ
181013b あおさぎ

                  ハナミズキ
181013c はなみずき

                 ピラカンサ
181013c ぴらかんさ

                ヨウシュヤマゴボウ
181013c ようしゅやまごぼう

                ヒメジョオン
181013d ひめじょおん

               マルバルコウソウ
181013d まるばるこうそう

               ヤマブキ
181013d やまぶきん

               マメアサガオ
ま181013d めあさがお

PageTop

アレチヌスビトハギ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/9)
181012 あれちぬすびとはぎ

                 桜
181012 さくら

                 サルスベリ
181012 さるすべり

                 ハナミズキ
181012 はなみずきん

                 センニンソウ
181012a せんにんそう

                 ムクゲ
181012a むくげん

                 鯉
181012b こい

                 シャクチリソバ
181012b しゃくちりそば

                 セイタカアワダチソウ
181012b せいたかあわだちそう

                 ツユクサ
181012b つゆくさ

181012b つゆくさん

                ポーチュラカ
181012b ぽーちゅらか

               ミズヒキ
181012b みずひき

              ヤブガラシ
181012b やぶがらしん

PageTop

アメリカアサガオ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/2)〜(10/5)
181011 あめりかあさがお

                コセンダングサ
181011 こせんだんぐさ

                 タマスダレ
181011 たますだれ

                 チェッカーベリー   ¥700で購入
181011 ちぇっかーべりー

                 チカラシバ
181011 ちからしば

                ツユクサ
181011 つゆくさ

                萩
181011 はぎ

                ハナミズキ
181011 はなみずき

                ヒメジョオン
181011 ひめじょおんぎ

                ホトトギス
181011 ほととぎす

                ムクゲ
181011 むくげ

               ムラサキツユクサ
181011 むらさきつゆくさ

              ユッカ蘭
181011 ゆっからん

              ヨウシュヤマゴボウ
181011 ようしゅやまごぼう

PageTop

アカツメクサ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/1)〜(10/4)
181010 あかつめくさ

                  千日紅
181010 せんにちこう

                  タンポポ
181010 たんぽぱ

                  ブタナ
181010 ぶたな

                  ベニバナマメアサガオ
181010 べにばなまめあさがお

                   カルガモ
181010a かるがも

                   鯉
181010a こい

                   柿
181010b かき

                   コバノカモメズル
181010b こばのかもめずるん

                   ヤブガラシ
181010b ぶがらし

                   ポーチュラカ
181010b ぽーちゅらか

                    ボタンクサギ
181010b ぼたんくさぎ

                    マルバルコウソウ
181010b まるばるこうそう

                    ムクゲ
181010b むくげげ

                    ワルナスビ
181010b わるなすび

PageTop

430MHz用10エレ八木

(1)はじめに
参照HPは10https://www.qsl.net/sv1bsx/10el-uhf/10el-uhf.html。
HPの表題は10 El. "Homebrew" UHF Yagi for Satellites
HPのエレメントはφ8ですが、使い残りのφ3アルミパイプがかなりあり、
エレメント径φ3としてMMANAに入力、SWRは容易に小さくなりました。
エレメント長の差が小さい4本を同一長に揃えるなど、少し遊んで。


(2)こんなの出来ましたが
a あん
 エレメントはφ3アルミパイプ。ブームは2*10mm平角断面のアルミ型材
b すん
D5の移動で調整してSWRは432.6〜435.7MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計 距離2m、出力1Wで2.5μA。 7、8エレの
簡易電界強度計の指示値より僅か大きいだけですが、こんなものでしょう。


(3)製作内容
       給電部('18.10.09の記事と同じです)
φ5樹脂パイプの両側から、2本のM3(MF)スペーサのM(オスねじ)側を挿入。
スペーサにBNCを半田付け。これを加熱して曲げた樹脂板とM3ねじでブームに固定。
c きゅ
 給電部の強度を増すために、エポキシ接着剤で固めました。

    反射器Reの取り付け
目玉クリップを加工した「押さえ」(後述)と瞬間接着剤で20mm長φ5樹脂パイプの
「エレメント受け」をブームに固定。φ3アルミパイプのReエレメントのほぼ中央に
5mm長のφ5樹脂パイプを接着(抜け止めとして)したエレメントをエレメント受け
に挿入支持します。  導波器も同じ方法で支持します。
d でい
目玉クリップは、強度が小さかった前回('18.10.05の記事)の¥100店購入品ではなく
DIYで購入した(下の写真)物を使用しました。強度は前回の物より格段に大きいが
M3ねじで締めつけ固定すると、やはり変形し、ばね性ではない為に、φ5樹脂パイプの
固定力(保持力)は小さく、瞬間接着剤を併用せざるを得ませんでした。
押えとして良い形ですが、別の固定方法を考えた方が良さそうです。
e くり

       ブームの連結  
ブームは約40cm長の4分割としました。一方のブームの端部に切った3mm幅の
スリットと他方のブーム端部のM3ローレットねじ。一方のブーム端部のφ3穴と
他方のブームのM3ねじとを夫々対応させ、M3]ローレットねじを締めて結合します。 
f れけ

三脚の雲台への支持
ブーム側の治具は、平型3穴のミニステーに、ミニステーL型とM3ナットを半田付け。
ミニステーL型を利用して、ブームにM3ねじで取り付けました。。
g しじ

     分解収納状態(重量183g うちエレメント34 ブーム149g)
h ぶん


(4)蛇足
(a)今回のブーム材(2mm厚*10mm幅)を10mmが縦になる様に使用。
   ブーム&エレメントの自重による垂直方向の撓みは有りませんが、
水平方向には少しの力でゆらゆらと撓み、たよりない感じ。
分割したブームの連結は「差し込むだけでOK」とは出来ませんでした。
定尺1mの重量が約54g(とラベルに印刷されていた)で、かなり重い。
 
(b)MMANAのデータ
         計算値
i K3

         放射パターン
j かた

         定義
k Tぎ

PageTop

アジサイ

 鶴見川沿いの遊歩道で (10/1)〜(10/4)
181009 あじさい

                 アメリカセンダングサ
181009 あめりかせんだんぐさ

                  イヌガラシ
181009 いぬがらし

                  イヌタデ
181009 いぬたで

                  オオニ9シキソウ
181009 おおにしきそう

                  オオバコ
181009 おおばこ

                   キクイモ
181009 きくいも

                  シュウメイギク
181009 しゅうめいぎく

                  ススキ
181009 すすき

                  ツツジ
181009 つつじ

                  バーベナ
181009 ばーべな

                  ピーナッツ
181009 ぴーなっつ

                   フヨウ
181009 ふよう

                   ムクゲ
181009 むくげお

                   メリケンカルカヤ
181009 めりけんかるかや

PageTop