fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 7エレ・ループ(位相給電)

(1) はじめに
昔作った八木を分解(廃却)してブーム材料(φ4ステンレスパイプ)が残りました。
リサイクル利用で、このブームにスイスクワッド式位相給電の 7エレ・ループを
作りました。


(2) エレメントはグローバルアンテナ研究会帯鋼です。
1 全体


給電部です。マッチングロッドは、ブームに半田付け固定したBNC-Jの中心導体ピンから
左右に各長さ40mmの赤い電線で、次に150mmに切った帯鋼に、 帯鋼のブームから
105mmのところで、円ループに給電します。 2液性エポキシ接着剤で補強しました。
2 給電部

給電部の帯鋼を抜いた状態。(分解/組み立て出来る様に挿抜可能です) 
3 給電部はずし
 円ループのエレメント受けはφ4黄銅パイプ(肉厚0.5 長さ20mm)を潰し、ブームに
半田付け。マッチングロッドの受けも、同じ黄銅パイプ(長さ10mm)を潰し、絶縁用
の3mm厚のプラスチック板を挟んで円ループのエレメント受けに木綿糸と瞬間接着剤
で縛り付けました。

マッチングロッドの方は。  同じ黄銅パイプ(長さ10mm)を潰したものを2個、
3mm厚プラスチック板を挟んで細い銅線を巻いて(導通させて)半田付けしておき、
黄銅パイプの一方にマッチングロッドの帯鋼を105mmの所まで挿入して半田付け。
黄銅パイプのもう一方には円ループの帯鋼をスライド可能に挿通させます。

 寸法です。
赤字はエレメント帯鋼の長さ。黒字はエレメント間隔。緑線はマッチングロッド
4 7ele寸法


Ra1,Ra2は予め少し長めにして組み立てたところで、SWRの最小値は1.0付近で
すが、低い周波数側にズレたところに。ここからRa1及びRa2の長さを変えて、SWR最小値の範囲を調整して、430.5~440.5MHzの範囲内で1.1以下になりましたが、
この調整はかなり微妙でRa1、Ra2の夫々を伸ばしたり短くしたり でした。 尚、
Ra及び他のエレメントはスライド式に伸縮(収納)出来るように予め作っています。


移動用に分解した状態です。マッチングロッドの長さ150mmの帯鋼は手で曲げグセを
付けています。(組み立て時に弾力で Raエレメントの円形が歪まない様に です)
5 分解


(3)以前作った、通常の7エレ・ループと比較しました。

 ブーム長は、位相給電が616mm  通常の給電が、748mm  
6 ブーム長さ


導波器を抜いた4~7エレでもSWRが1.2~1.4でしたので、アンテナの前端と簡易電
界強度計との距離が2mとなる様にして、各エレメント数での最大指示値を比較しました。
7 電界強度比較


(3) その他
(a)狭い室内に置いた簡易電界強度計の精度は相当にイイカゲンだろうとは思いますが
この程度のエレメント数では、エレメント数の増加に従って指示値も大きくなって
ゆく様です

(b)エレメント数の増加に従って、位相給電による「増強効果?」が小さくなる傾向が
あるのか?ないのか? この結果からは断定が難しいです。もっとエレメント数が
大きくなると はっきりするのかな?

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

質問

小八田様

今日は、すばらしいブログを毎日拝見させていただいております。特にアンテナ製作記事については特に関心があり、よく拝見させていただいております。勉強不足ですいませんが、ループアンテナではブームと帯鋼を絶縁している記事が多いのですが、性能に変化があるでしょうか。

7L1HEV 
八王子市子安町4-18-10
清水喜孝

清水喜孝 | URL | 2011年02月03日(Thu)17:07 [EDIT]


Re: 質問

7L1HEV de 7M2MZO
 わたしも同じ疑問を持った事がありました。そして、プラスチックのブーム材料で、
7エレの帯鋼ループを2本作り、金属のブームのものと較べた事があります。
その頃はまだ簡易電界強度計が無く、相手局との交信での比較でしたが、違いは解りませんでした。
厳密にば違いがあるのかも知れませんが、大差は無いだろうと思います。

7M2MZO | URL | 2011年02月04日(Fri)06:54 [EDIT]