fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 4エレ・ループ(位相給電)スタック化

(1)はじめに
4エレ・ループ(位相給電)を もうひとつ作り、スタックを組みました。


(2)スタック間隔は40cm。
1 スタック

 左側が今回作ったもの。勝手違いで、同寸法で、SWRも同じでした。
2 勝手違い

 スタックバーはφ4黄銅パイプとφ3ステンレス棒と板金具で、3分割で作りました。
 写真いちばん上のスタックバー中央部の1/4Wナットで、写真用三脚に固定します。
3 スタックバー
 写真下の同軸管分配器は以前作ったもので、外部導体は内径φ5.5のステンレスパイプ、
内部導体は外径φ3の銅パイプで、36.3Ωの同軸管を構成し、長さは1/4λ*0.98=170mm
です。黒い同軸ケーブルは1.5D・HQ・SUPERです。

 距離2m、出力1Wで簡易電界強度計の最大指示値は 4エレ・ループ単独で280μA、
間隔40cmのスタックでは350μAです。
簡易電界強度計の指示値は、スタック間隔を20cm程度から大きくして行くと、280μA
程度から、ゆっくり大きくなり、40~50cmでは350μAで殆ど変化せず。それよりも更に
スタック間隔を広げてゆくと、また ゆっくりと減少しました。


(3)その他
(a)4エレ。ループ(位相給電)については’11.01.13の記事をご参照下さい。
 記事と同じの勝手違い、を作りました。

(b)同軸管分配器については’08.05.06の記事をご参照下さい。使用した内径φ5.5の
ステンレスパイプは\100店で、かなり以前購入したものですが、この頃は販売
されていない様です。同軸管のインピーダンスの式 138*LOG(D/d)から、
インピーダンス36.3Ωとするためには(同軸管外部導体内径/内部導体外径)=
(D/d)=1.8とすれば良く、例えば内径φ9mmの外部導体と、外径φ5mmの
内部導体との組み合わせなどが使えます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する