fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 ハットヘンテナ

(1) はじめに
    グローバルアンテナ研究会の帯鋼は円形を楽に作れます。
  、、、と云うことで、、。 ‘1991及び’1994のCQ誌の記事を参照しました。


(2) こんなのを
1全体
 帯鋼で作った上下の円の直径は112mm、上下の円の間隔は110mmです。
縦棒2本(一方は給電用)はφ4ステンレスパイプを使用しました。


 寸法です。(下の写真の様に展開出来ます。)
φ4*12mm長の黄銅パイプを潰した「ジョイント」に、帯鋼の片端(写真右端)を6mm
挿入して半田付けし、帯鋼の他端(左端)は自由端として、「ジョイント」に挿抜します。
2 展開


 縦棒2本のうち、左のBNC-Jを取り付けた給電用バーは、φ4*58mm長の2本の
ステンレスパイプを3mmの間隔でお団子の串で繋ぎ、BNC-Jを半田付けして連結。
給電バーの上下は帯鋼に直接半田付けしました。
3 給電部
写真の右のショートバーの上下端には4*5mm長の黄銅パイプを潰した「スライダ」を半田付けしてあります。スライダには上下の帯鋼が挿通され、これによりショートバーは
帯鋼に沿って左右にスライド可能です。(でした)給電バーとショートバーとの間隔を変化
させてSWRの調整を行い、調整後にスライダーを帯鋼に半田付け固定しました。

 給電バーのBNC-Jの下側に貫通させたボールペンのキャップは、給電バーに接着して
おらず、摩擦力でのみ保持されて回転も可能です。このキャップに下の写真のボールペン
軸の右側をカチンと嵌め込みます。
4 連結棒
ボールペン軸の左側の金具を介して、一番最初の写真の様に写真用三脚に取り付けます。


 調整後のSWRは426~440MHzの範囲内で均一の1.1でした。
簡易電界強度計(距離2m 出力1W)の最大指示値は160mAで、同時に測った
J型アンテナ(下の写真 全長536mm ’08.05.03の記事参照)と同一でした。
2 J型アンテナ伸張


(3)その他
(a)移動用にザックに収納するのに便利かな?と思って、展開可能にしましたが、
   使用時のアンテナの大きさの割には、350*110mmの随分大きな長方形です。
   帯鋼を分割するとか、給電バー、ショートバーと帯鋼との連結方法の変更とか
   もう少し遊べるかもしれません。  尚、アンテナの重さは30gです。

(b)概ね水平無指向性ですが、同軸ケーブルの伸びる方向で電界強度計の指針の振れが
  1/2程度に小さくなりました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する