fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 5/8λ・GP

(1) はじめに
インターネットで調べたところ、5/8λGPの場合は、給電線から放射エレメント
への接続は、コンデンサ又はコイルを間に入れる必要のある事が解りました。
コンデンサには、あまり馴染みが無いので、コイルでトライしました。
(と云って別にコイルに馴染みがある訳でもなく、たまたま エナメル線があったから)


(2) なんとか出来ました。
1 全体


寸法です。
 参照したインターネットの記事は多数ありましたが、放射エレメントの長さは420~
430mm程度。ラジアルの長さは170mmが多かったです。コイルについては巻き径も
巻き数も色々でしたが、使用する線はφ1程度のエナメル線など。巻き数と巻き径から
算出した コイル巻きする線の長さは90~120mm。 えいやっと、コイル用の線長を
100mmとし、φ8の樹脂パイプに巻いたところ巻き数は3.5でした。
2 5/8GP寸法


コイルです。
BNC-P-117には予めφ8*長さ20mmのガラスフィラー入り樹脂パイプを挿入しました。
一端をBNCの中心ピンに半田付けしたφ1のエナメル線を樹脂パイプにあけた小穴から
引き出した長さを100mmとし、コイルの巻き数は3.5回でした。(上記と重複します)
エナメル線のコイル巻き終わりは、φ8樹脂パイプに挿入した放射エレメントに半田付け。
尚、放射エレメントはロッドアンテナ(¥100店のピックアップツールを流用)を使用。
3 コイル・ラジエータ
 ラジアルはBNC-P-117にφ2銅線を介して半田付けしたバナナチップにφ5黄銅パイプ
を挿入して着脱可能に取り付けました。φ5黄銅パイプにはφ4アルミパイプを繋いで、
BNC-P-117の側面からのラジアル長さを170mmとしました。
ラジアルの僅かな下向きの角度は意図したものではなく、バナナチップの電線半田付け
穴径がφ2銅線の径よりも少し大きかった事によるものです。


調整
当初は放射エレメント(ロッドアンテナ)の全長を430mmとして作りましたが、SWRの
最低値は430MHz付近でした。ロッドアンテナを縮めて408mmのとき429~434MH
の範囲で1.2以下となりました。 ロッドアンテナの最上部段を切り詰めて完成です。


(3)3/4λコーリニア(’11.02.21の記事をご参照下さい)と比較しました。

 簡易電界強度計、距離2m、出力1Wでの比較。
     5/8λGP: 190μA
   3/4コーリニア: 220μA

  伸張時アンテナ全長(ラジアルは共に外しています)
 5/8λGP:450mm  3/4コーリニア:551mm 
伸張時


 収納時の長さ
5/8λGP:187mm  3/4コーリニア:360mm 
短縮時


(4) その他
(a)5/8λGPの記事はインターネットにもCQ誌関連の雑誌にもかなり多数あり、
  給電部のマッチングにコイルを使うもの、コンデンサを使うものがあり、更に、
コイルの巻き数、コンデンサの容量は記事によりまちまちで、実のところ どれを
参照すれば良いのか迷いました。

まあ、大体こんなものかな? と作ってみましたが、本来の性能が出ているのかなぁ?
簡易電界強度計での比較は、まあアンテナ全長が長い方が大きいし、こんなものかな?

(b)5/8λGPの特徴は「打ち上げ角が低い」との事でした。簡易電界強度計の前で
   両方のアンテナを傾けるなどしてみましたが、違いが良く解りませんでした。

(c)ガラスフィラー入り樹脂パイプは東急ハンズで購入しました(私の最寄りの
ハンズ店には置いていませんが)アクリルパイプなどに較べて曲げ強度が大きく
よく利用しています。外径の種類はφ4~φ10程度。肉厚0.5。切り売り長さ1m
で¥600程度以上と高価ですが。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する