fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 垂直指向性アンテナ

1)はじめに
   参照HPは  http://www.diagram.com.ua/list/an-v-n.shtml (ロシア語です)
   アンテナの名前は、表題 Еще один вариант вертикальной направленной антенны
のネット翻訳「垂直指向性アンテナの別バージョン」??ということで、、。
  
  
 (2)こんなのができました。
     一見、2エレの八木ですが、給電方法が異なります。
1 形状
 2本の垂直エレメントは帯鋼(グローバルアンテナ研究会で領布しています)を使用し、
上下端にφ4黄銅パイプを叩き潰した(角パイプ)を挿して半田付けしました。


  給電部
2 給電部
帯鋼のエレメントをスライド伸縮するために、中央部にφ4黄銅パイプを叩き潰した
(角パイプ)を取り付け。この角パイプの夫々に長さ32mmのφ4黄銅パイプ(叩き潰
していない)を半田付けし、φ5樹脂パイプで連結(但し接触しない様に間をあけて)
φ5樹脂パイプに開けた2個のφ3の穴からφ4黄銅パイプにBNCを半田付け。


エレメント全長と、給電点の上下のエレメント長さの比を変えることで、SWRを調整しま
した。給電位置が、エレメント長さの中点からある程度以上ずれていないとSWRが下がり
ません。(このずれによりインピーダンスが変わるらしいです)
 調整は、かなり微妙でしたが、SWRは431.5~435.3MHzの範囲内で1.1以下になりました。

簡易電界強度計(μAメータにダイオードを接続しただけの自作品)での測定では
 垂直指向性アンテナ 220μA (距離2m 出力1W FM 432.8MHz付近で) 
 j型アンテナ    200μA (比較のために 同時に測定)
J型アンテナは、ほぼ無指向性でラジアルの方向に、少し電界強度が増加します。
垂直指向性アンテナは(名前のとおり?)の指向性があり、長いほうのエレメントの
後方及び、横方向では簡易電界強度計に感度がありませんでした。

 比較測定したアンテナ。 上が垂直指向性アンテナ、下がJ型アンテナ
3 比較

 これらのアンテナは共に縮小して収納可能です。
4 収納


(3)その他
  (a)参照HPのアンテナ寸法です。(実寸法は、29MHz用を記載)
前記の実際に作ったアンテナは433MHzで寸法を算出して作り始め、調整の過程
で下図とは微妙にズレました。尚、0.09λの箇所は最初からその寸法で作り調整は
していません(出来ません)でした。
5 寸法
参照HP以外にも幾つか同じ内容のHP(ロシア語)が見つかりました。

(b)今回作ったアンテナの前方に、導波器を追加すると,更に、、、と
   素人は思うのですが、、。 はてどうなりますか?  そのうちに。

(c)430MHz用がうまく出来た(らしい)のに味を占め、では144MHz用をと
   素人は思うのですが、、。 はてどうなりますか?  そのうちに。
   50MHz用は、、、

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する