fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

’12.05.27 上高岩山(1022m) あきる野市

  青梅線御獄駅からのバスも御岳ケーブルカーも、ほぼ満席。そのうちの半数ほどが
ハイカーでした。快晴、微風

 ヤマツツジ
1_20120528161442.jpg

 セリバヒエンソウ
2_20120528161509.jpg

 ヤマクワガタ
3_20120528161536.jpg

ミヤマキケマン
4_20120528161600.jpg

 フウロソウ
5_20120528161626.jpg

クリンソウ
6_20120528161651.jpg

サラサドウダン
7_20120528161714.jpg

 御獄神社への階段の途中から大岳山への道に入りました。ハイカーと観光客で賑わう
長尾平の入り口を通過後はぐっと減りましたが、今日はかなりの人が入っているようです。
8_20120528161750.jpg

9_20120528161832.jpg

ミツバチグリ
b_20120528161922.jpg

  渓流沿いのロックガーデンの出会いを過ぎると人に出会わなくなりました。
芥場峠で、大岳山への道と分かれ、ケーブル駅からは2時間ほどで上高岩山に到着。
今日は430FMのみの装備で、いつもより荷は軽かったはずでしたが、かなり疲れた。

日の出山、反対側には大岳山が間近に見えますが、春霞で丹沢は薄墨色のシルエット。
上高岩山のすぐ下に見える高岩山(920m)を乗越して、養沢に下るルートもあります。
c_20120528162002.jpg

 4種類持参したうちの、4エレ・ループ八木(位相給電)と2エレ垂直指向性アンテナ
のみ建てました。しばらくワッチ。2エレ垂直指向性はS1~2程度小さいが、ビームの
切れは大差が無い。導波器を追加してみたいが、ビームが切れすぎると使いにくいなあ。

11時の気温22℃。そよ風が抜けて爽やかな四阿の屋根の下で昼食のハイカーで
一時は少し賑わいましたが、満員になる事はなく、13時、無人となった山頂から撤収。
d_20120528162046.jpg
 
 ラショウモンカズラ
e_20120528162126.jpg

 往路をロックガーデンとの出会いまで戻ったところ、ハイカーで大賑わい。どっちの
道も混雑ならばと、ロックガーデンに。記念撮影の順番待ちの綾広の滝の脇を通過。
f_20120528162201.jpg

 ヒメレンゲ
g_20120528162230.jpg
 沢沿いの道はひっきりなしのすれ違い。小さなお子さんやポチも歩く観光道路の感じ。
七沢の滝の手前から元のルートに上る事にして、、。

 ホウチャクソウ
h_20120528162302.jpg

 元のルートに戻る道も結構下ってくる人とすれ違ったのですが、人影が途絶えたほんの一瞬に
i_20120528162412.jpg
 すぐに沢への急斜面を下って行きました。直後にお子さん連れの家族とすれ違い。

 ケーブルカー駅近くまで戻りましたが、やはり混雑の感じ。
残りの体力が気になりましたが、意地を張って 鳩ノ巣路を下ることにしました。
j_20120528162458.jpg

 ジロボウエンゴサク
k_20120528162524.jpg

 うーん、、 スミレ
l_20120528162601.jpg

 このルートでは始めに一組のハイカーとすれ違った他には全く人に会いませんでした。
右が深い谷に切れ込むルートです。木の葉で日が遮られ、そよ風が涼しい。
m_20120528162637.jpg

 ガクウツギ
n_20120528162722.jpg

 ヤマクワガタ ふたたび
o_20120528162753.jpg

p_20120528162820.jpg

 ヒメウツギ?
q_20120528162852.jpg

 大楢峠 推定樹齢500年のコナラ。葉に勢いがありません。
s_20120528162922.jpg

 シャガ
t.jpg

 マルバウツギ
u.jpg

 カマツカ?
v.jpg

 コゴメウツギ
w.jpg

鳩ノ巣駅の直前。 雲仙橋からの多摩川
x_20120528163139.jpg


 上高岩山には三角点が無く、地図上の意味での山頂ではありません。高岩山の上の方の
小さなピークに四阿(展望台)を設けた際にテキトーに名付けたのではないでしょうか?
標高ですが、以前は国土地理院の地形図から標高1010m程度と読みとっていましたが、
御岳ケーブルのパンフレットに記載されている1022mの表記に従いました。

 「山頂」の四阿の屋根は鉄板製2.5mほどの高さです。25cm角ほどの鉄の柱が屋根を
支え、四阿の四周を囲むベンチの背もたれは鉄板で補強されています。
今回は小さな写真用三脚にアンテナを小さなアンテナを2つ取り付けて運用しましたが、
少なくとも430MHzFMの送受信に関しては ロケから大体予想される程度の送受信
(かなり良い)でした。
尚、垂直系のアンテナや例えば6m用の大型のアンテナは屋根と干渉すると思います。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する