アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

144(430)MHz用ホイップアンテナ

(1) また つまらぬものを作ってしまった。
ジャンク箱から何に使ったのか?忘れたφ2ステンレス棒のコイルが出てきたので、
上下にイイカゲンにパイプとBNCをくっつけたら、イイカゲンなアンテナが出来ました。
144MHzと430MHzで、かろうじて使えるみたいです。
1 全体

430MHzでの運用は下部のみを使用。144MHzでの運用は全長382mmのロッドアンテナを
継ぎ足して運用します。ロッドアンテナは¥100店のピックアップツールを加工しました。
2 寸法

 コイルは、かなり歪んだ円形で、1ターン。手でイイカゲンに曲げた? 忘れました。
3 コイル

SWRは142~147MHzの範囲内で1.2以下 432~446MHzの範囲内で1.4以下と、
すっきり下がりません。 又、周囲の物品の影響を受けて不安定に変動します。


(2)比較
 144MHzは秋月通商のキットの電界強度計で、430MHzはいつもの簡易電界強度計で
測りました。 距離2m FM 出力1w 
4 A電界強度計

 上から今回のホイップ。市販品の144/430ホイップ。J型アンテナ(’08.05.03の記事)
一番下の3エレ八木を半分にちょん切った様なのはHB9RU(’12.02.24の記事)
5 比較

収納時
今回のホイップは二つに分解して長い方は150mm。市販品ホイップは235mm。
J型は185mm(写真より もう少し縮められます) HB9RUは4分割。
6 収納


(3) その他
(a)市販品ホイップアンテナは伸長した状態で144/430MHzの送信可能。先端のチップ
が無くなっていますが、SWRは144/430MHz共に広い周波数範囲で1.0付近安定。
型番、メーカー名などはラベルが無くなっていて解りませんが流石に優秀です。

(b)一応144/430MHz両用とは云うものの、市販品ホイップアンテナとの比較では
かなり見劣り。市販品ホイップアンテナを分解して、中身を見たいところですが、
壊さずに分解するのは私には無理な様です。

(c)このコイル 1/4λか3/4λだったかの何段かのコーリニアを作った時の、、。
1.5D同軸線のコイルに取り替えたのが残っていたのじゃないかな?・・忘れました
・・・忘却は忘れた頃にやって来る。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する