アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 折り返しGP

(1) はじめに
ウィキペディアでは、“GPアンテナ”でも“ブラウンアンテナ”でも同じ内容の記事が
HITします。その記事には「ブラウン氏の発明のブラウン・アンテナ 又はGPとも云う」
とあり、垂直エレメントが折り返された見慣れぬGPの写真が掲載されています。  


(2) だからどうしたと言う事でもありませんが。
a 全体

各エレメントはφ3黄銅パイプです。垂直エレメントは頂点でφ4黄銅パイプを金槌で板
にしたショートバーで連結(折り返し) 折り返した垂直エレメントは下方でラジアルに
短絡。 4本のラジアルはBNC-P117に、プリント基板スペーサを介して取り付けました。
b 分解あ

 寸法
c 寸法
SWRは垂直エレメントとラジアルを交互に切り詰めて行いましたが、すっきりとは
下がらず。427~434MHzの範囲内で1.4以下。最低値は429MHzで1.2でした。


簡易電界強度計での比較(距離2m、出力1W 電流計の指示値μA)
d 指示値
 スプーンアンテナとやじろべえGPは傾けても指示値は変わりませんでした。

比較したアンテナ 
上から 折り返し、スプーン、やじろべえ、J型(J型は全長182mmに短縮可能)
e 比較
 

(3) 蛇足
 (a)性能は、やじろべえGPと同じか、少し上か?と思って作り始めたのです。
    やじろべえは偉い! 

 (b)ラジアルは水平としました(ウィキペディアの写真と同じに)が、少し斜め下方
    に伸ばした方が、SWRがすっきり下がったのかな?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する