アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 2段コリニアなのかどうか? の その2

(1)はじめに
昨日の、、を作り直してみました。が やはり参照記事とは「似て非なる」ものが・・

(2)・・出来ました
1 全体
ラジアルはφ3黄銅パイプで作り、BNC-P117の上部から約7°下方に4本。


寸法です  (赤)が昨日の、 (黒)が参照記事の指定寸法です。
2 2番目
BNCP-117にM3プリント基板スペーサを半田で取り付け、少し短めですが、ジャンク
品のラジアル(φ3黄銅パイプ)を取り付け。BNCP-117に短かいφ7フプラスチックパイ
プを挿入してロッドアンテナ(210mm長)を外部導体から絶縁。ロッドアンテナの上部
にφ6プラスチックパイプを挿し、φ0.8ポリウレタン線を、φ6プラスチックパイプに
約7.5回巻きました。その上に、黄銅パイプを介してロッドアンテナ(計440mm長)を
接続しました。

造りは、昨日と同じで、BNCからラジアルまでのφ7黄銅パイプを省略しただけ。参照
記事との違いは、位相コイルが針金の1ターン巻きを、ポリウレタン線のコイル巻きに
した位で、大体同じはずなのですが、上下のエレメント長は上図の様にかなり違って
しまいました。
SWRは430〜436MHzの範囲内で1.1以下。 簡易電界強度計での比較は
J型アンテナ 160μA  昨日の 200μA  今日の 200μA (距離2m 1W) 
3 比較


 分解/収納時、 昨日の と同様にコイルの上で分解可能としました。
4 収納
 一番長いのが180mmです。


(3)蛇足
 (a)「昨日の」から黄銅パイプを省略しただけでも、エレメント長さがこれだけ
    違ってしまうというのは、私の手に負えません。

(b)は昨日と同じ。
シロウトのイイカゲンの これらのアンテナは、いったいどんな動作なの?

(c)しかし、昨日の、今日の、と よほど ヒマをもてあましているらしい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する