アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 7エレ・8JK(位相給電)・ループ八木(再)

(1) はじめに
自作8JK(位相給電)6エレ・ループ八木の手書き図が描かれたQSLカードを
戴きました。エレメントはφ3。プリント基板を使用Ra1,2に給電。導波器4本

図を良く見ると、以前、HB9CV式の位相給電として作ったループ八木と同じ給電
と解りました。(’10.12.29に4エレ、’11.01.01に7エレの記事)その後に作った
スイスクワッド式の位相給電(’11.0113に4エレ、’11.01.29に7エレの記事)の方が
4エレで比較して僅かに利得が良かった、と覚えています。
それはともかく、呼称としては、8JK(位相給電)の方が適当かもしれません。

ジャンク箱に帯鋼の残りがぴったり7エレメント分だけありました。サンドペーパー
で赤錆を落とし、久しぶりにHB9CV改め8JKの7エレ・ループを作ってみたのですが、、。


(2) と、云う事で
a 設置

 給電部 前回とは構造を少し変更して、作りやすくなりました。
b 給電部
c きゅうでん
まず、φ4黄銅パイプを金槌で叩いて潰したエレメントト受け(長さ20mm)を7個、
ブームに所定の間隔で半田付け。 Ra1,2に、13mm長のエレメント受けを、絶縁板
(今回は1mm厚のガラスエポキシ板)を挟んで木綿糸と瞬間接着剤で固定。これにマッ
チングロッドの電線を半田付け。2液性エポキシ接着剤で補強してから、13mm長の
エレメント受けの先端部の余長を切り取り。

 前回((’10.12.29及び、’11.01.01の記事)の給電部は下図。左右の逆はご容赦。
最初にブームにBNCを半田付け。BNCの中心導体ピン及び外部導体(の近くのブーム)に
10mm長のエレメント受けを半田付け。他のエレメント受け(20mm長)をブームに半田付け。次にマッチングロッドの電線を半田付け。―――半田付けがかなり難しかったです。
d 給電いらすと1


 寸法
e 寸法
エレメント配置とエレメント長D1~4は前回と同一として、念のためにRe、Ra1,2の
エレメント長でSWRを調整しました。432~436MHzの範囲内で1.2以下。最低値1.2
とすっきり下がらず、やや不安定。 エレメント長は、前回と大きく異なりました。

簡易電界強度計 距離2m 出力1Wで比較
いつもの 7エレ.スイスクワッド式位相給電・ループ 400μA、
今回の  7エレ・8JK・ループ 450μA

上:いつもの位相給電 ブーム長615mm  下:今回の8JK ブーム長696mm
f 比較

 分解収納時 上:いつもの位相給電 重量137gr. 下:今回の8JK 重量139gr.
g 分岐


(3) 蛇足
(a)スイスクワッド式の方が僅かに利得が良かった。と覚えているのですが、今回は
   逆転。前回とは給電部の構造を僅かに変えてはいますが、エレメント長は大きく
異なり、SWRも不安定。再現性のない不安定なシロモノかも知れません。
真面目なアマチュア無線家なら、検証の為に引き続き作って確認する処ですが、
幸いな事に。帯鋼の手持ちが全くありません。 バンザーイ。

(b)帯鋼は、グローバルアンテナ研究会のHPからネット調達が出来ますが、来月の
ハムフェアで調達しようかと。その頃なら前記の検証など、とうに忘れてるよね。
ともかく、ループ八木以外のアンテナ作成にも便利に使用出来る材料ですので、
再入手しようと思います。

(c)今回使用した帯鋼の使い残りの保管期間は、2年くらいかな?。油(CRC-5-56)
をいっぱい塗ってポリ袋に入れ、随時必要量を切り出して使っていましたが、
残り少なくなって、赤錆(Fe2 O3)が発生。サンドペーパーで落としました。

「正規の」防錆油を使用するか、あまり大量に調達(在庫)せず、早めに使用
するのが良いと思います。
蛇足の蛇足――帯鋼の元々の青-黒色の肌は青錆-四三酸化鉄(Fe3 O4)で、
緻密な酸化層を作り、防錆効果もある。と、大昔に工業高校で教わりました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する