アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

144MHz用アストラルプレーンアンテナ

(1) はじめに
144MHz用のアストラルプレーンも作ってみたいものだが、移動用のザックの
外側に結びつけ、ぶら下げて行くにしても、リング部の径が大きいのが邪魔の種。
ネット検索したところ製作例がいっぱい見つかりました。その中で最小かどうかは
解りませんが、リング径がφ84の図面が幾つかあり、これに従って作ってみました。


(2) 前置きが長くて 図面は一昨日の430MHz用のを書き換え
参照図の放射エレメントは1本でしたが、ツインアストラルとして作りました。

<訂正>大変申し訳有りません。 コメントで?を戴き 再確認したところ、
    下の寸法図のスペーサの寸法が誤っており、赤字で訂正致しました。 

a 2mno

 リング、及びリングから給電点までのエレメントはφ3黄銅パイプ。その上はM3プリント
板スペーサを介してロッドアンテナを連結しました。スペーサは上下2枚で作ったのですが、
強度不足の感じで、φ6透ABSパイプで追加。(参照図面のスペーサは3枚でありました )
b うえのほうhi
放射エレメントの長さでSWRを調整し、142~148MHzの範囲内で1.1以下になりました。
調整後の放射エレメントの長さは(偶然かな?)参照図と同一寸法です。
 
分解収納状態
ロッドアンテナは¥100店のピックアップツールを転用。長さが足りなかったので、φ8
黄銅パイプを継ぎ足しました。
c ゅうのう


比較
いつもの簡易電界強度計は430MHz専用で144MHzの測定が出来ないので、秋月電子の
電界強度計キット(’11.09.01の記事)で距離2m、FM 出力1Wで比較。
下の両方のアンテナは共に、55dBを示しました。
d しかく
オープンスリーブアンテナは430/144MHz共用。(’13.07.12の記事を参照下さい)


(3) 蛇足
 (a)移動時は、ザックの外側に結びつけて持ち運ぶ事に。ぶつけて変形しない様に、
φ84*約500mm長の紙筒かなにか容器が、、。 あ、 結構大きいなぁ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

合わない

リングの径(84)とスペイサの寸法と合わないのですが1.1.√2で計算すると(91)

松村弘一 | URL | 2013年10月08日(Tue)09:08 [EDIT]


Re: 合わない

申し訳ありません。誤記でした。 
スペーサのφ3穴の間隔寸法だと思いますが
正しくは 31mmです。 記事は早速訂正いたしました。
試作など、ご迷惑をお掛けしていなければ良いのですが、、。
 

7M2MZO | URL | 2013年10月08日(Tue)13:37 [EDIT]