アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 3エレ・変形八木

(1) はじめに
  \100店に、柔軟に曲がる工芸用?のアルミの針金。線径φ1~φ3の数種類があり、
薄い塗装で着色されています。φ3*1.5m長=\105を3個購入。
3エレ。Bent八木(’13.08.28の記事)を作ったが、SWRが下がりませんでした。 
アルミ針金ぐにょぐにょと曲がる事の影響かどうか?解りませんが。
ともかく これは諦めて 3エレの八木を作ってみたのです。


(2) ま そんな事です。
a 設置

 30cmのプラスチック定規(厚さ2mm 幅30mm メタクリル樹脂製)にエレメントを木綿糸と瞬間接着剤で固定。給電部はアルミ針金の塗膜を剥がしてφ4黄銅パイプに挿通
し、BNCを半田付けしました。エレメント長の調整で、SWRは430~439MHzの範囲内
で1.1以下となりました。
b きゅうでんぶ


(3) 比較  
前回の3エレ・八木(’13.09.14の記事)と比較しました。 写真ヘタだな
c 比較

 収納
d 収納


(4) くにゃくにゃ
下の写真の状態でSWRは433.0MHzで1.0付近でしたが、簡易電界強度計での指示値は
400μAに落ちました。(出力1W、距離2mでの指示値)
e くにゃ
各エレメントがほぼ同一平面内であれば、SWRは殆ど変化しませんが、目で見た感じで、10mm以上エレメントの平面から離すとSWRは例えば1.0→1.2の様に増加しました。
まあ、各エレメントを“概ねキレイ”に整列させて使用しようと思います。


(5) MMANAのデータ
アンテナ定義   
SWR調整の過程で、各エレメント共このデータよりも5~6mm短くなりました。
f 定義3V

 計算値
g 計算値3V

 パターン
h 3Vぱたーん


(6) 蛇足
 (a)(1)はじめに、に、はじめに記載した様に 3エレbent八木はアルミ針金では
    SWRが下がりませんでした。エレメントの屈曲箇所にプラスチック板を曲げて
    沿わせるなどしましたが、今回の3エレ変形八木の3倍弱のエレメント長であり
    3本のエレメントをキレイに整列させる事が困難でした。或いは、エレメントの
    曲がりなどの影響が大きいアンテナであるのかどうか?解りませんが。

(b)MMANAの計算利得は、前回の3エレ八木よりも今回の3エレ変形八木の方が
   大きいのに、簡易電界強度計の指示値はその逆。アルミ針金のくにゃくにゃの
   影響なのかどうか?解りませんが。

(c)今回の3エレ変形八木の反射器を「く」の字形にした事で、MMANAの計算では
   前回の3エレ八木よりも、F/B比が改善されたのかどうか?解りませんが。    

(d)アルミの針金は柔らかで、手指で容易に曲げることが出来ます。曲げ伸ばしする
   うちに付いた曲げグセは、極端な(曲げ径の小さい)曲げでなければ手指で、
   あるいは、平らな台の上に置いて、木の板で叩くなどで直す事ができます .
   「手指で曲げ径φ8mmくらいに曲げて伸ばす。」を繰り返して30回行いイヤに
   なって止めましたが、多少硬化して曲げにくくなりましたが、折れませんでした。

(e)以前に、\100店で購入した巻尺を八木のエレメントに使用した事がありました。
  曲げて収納し、使用時は びよーん と直線状に伸びるのが面白かったです。
  アルミ針金よりもこっちの方が良かったかな?解りませんが。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する