fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

昨日の続きの430MHz用 3エレ・bent dipole 八木

(1) 昨日の続き
とりあえず各エレメントの関節を減らして様子を見ようと思ったが、たいして期待
出来んなぁとも思い、手軽に、20mm長のφ3アルミ針金の関節にφ4アルミパイプ
を嵌めて様子を見たのです。
a せっち

b きゅうでんぶn


(2) 簡易電界強度計 距離2m、出力50mWで測ってみたら、’13.08.28の記事の元祖
3エレ・bent dipoleと同じ 50μAの指示値を得ました。 念のために、アンテナ
の折り畳み→展開→測定 を3回繰り返してみましたが、結果は同じでした。

各エレメントが同一平面上にあるように気を付けて展開すれば、簡易電界強度計の
指示値は変化(減少)しませんでした。  折り畳み、収納状態も昨日とほぼ同じ。

関節部も含めた一体のφ4アルミパイプで作り直すつもりでしたが、かなり手間が
かかるので、このままズボラに使用しようと思います。
  

(3)蛇足
 (a)ポリスチレン樹脂の\100店の定規のブームはねじ゙締め部など、やはり割れが入り
    瞬間接着剤で補修しています。ストレスが加わると痛むのは人体と同じですが、
体の方は瞬間接着剤で、、と云う訳にもゆかず

 (b)ある日、移動先の山の上で、アルミの関節がポッキリと折れるのと、こっちが
ポックリ逝くのと、どっちが早いか?楽しみにしています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する