アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

 430MHz用 7エレ・八木

(1) はじめに
ブーム長1mの7エレの普通の八木。MMANAのデータで作りました。


(2) 普通の
a 設置
ブームはφ3ステンレス棒(3分割) エレメントはφ4アルミパイプ

寸法―――エレメント位置はReの位置を0mm とした座標値で。
b すんぽう

給電部の構造。 以前作ったものと同じです。
c 給電3
Ra以外のエレメントはブームに半田付けしたφ5*20mm長の黄銅パイプに挿入支持。


Ra以外のエレメントの長さをMMANAのデータとおりに作り、Ra長さをMMANAデータ
よりも片側3mm長い165mm(全長330mm)まで切り詰めて、SWRは 430MHz:1.1
433MHz:1.0 435MH:1.0 438MHz:1.15。(第一電波工業SX-1000 出力5Wで測定。)

 分解状態
d 分解

(3) 比較
e ひかく

f 比較
7エレ・8JK・ループ八木(’13.07.08の記事)のブームはφ3ステンレス棒、エレメントは
帯鋼(t0.4*w4)


(4)蛇足
(a)ブーム長1mの7エレという事にしてMMANAで八木のデータを3種類作りました。
その中で一番良い値のデータで現物を作りましたが、、、
g はじめの
SWRが下がらず、エレメント位置を移動してSWRを下げましたが、飛びません―
―-いつもの簡易電界強度計で距離2m・1Wの測定で350μAでした。

アンテナを分解して、一番悪いデータ(下表)で作り直したのが、「今回の」です。
h 計算値
ブーム長が最初に作ったのより20mm長いだけで、エレメント配置は似た様な感じ。

(b)これまでにも、MMANAのかなり良いデータで作った(エレメント数6以上の)
八木がうまく動作しない事が何回かあり、今回も似た状況になりました。
「データが良い=設定が過激」なのか どうか? 尤も、今回のが たまたま動作
しただけで、製作再現性が無い可能性もあり、結局 何だか良く解らんと云うお話。


(5)「今回の」 の八木のMMANAのデータ
i ぱたん

 定義
j ていぎ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する