アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MH用 8エレ・8JK(再度の失敗)

(1) はじめに
前回の8エレ・8JK(’13.12.10の記事)は不安定で(’13.12.20の記事)で使用不可。
何らの反省も無く、もう一度8エレ・8JKにトライしたのですが、結果は予想どおり。 


(2) こんなのが出来ました。 
エレメント:φ4アルミパイプ、ブーム:φ3ステンレス棒(3分割)、重量:118gr.
a 設置
SWRは  430MHz:1.1  433MHz:1.1  435MHz:1.15  438MHz:1.2
いつもの簡易電界強度計 距離2m 出力1Wでは500μA超。50mWでは60μA
数回アンテナの分解/組立を行いましたが、SWRも簡易電界強度計の指示値もやや不安定。ところで、上の写真は 7エレメントです。 導波器D1がありません。
b すんぽ


(3) つまり
 8エレ・8JKを組み立てました。が、SWR下がらず。放射器Ra1,Ra2の寸法をMMANA
の計算値から大きく変更する事で、なんとかSWRは下がりましたが、簡易電界強度計 
2m・1Wで350μAと8エレにしては飛びません。ナントカならぬか?と闇雲に弄った
結果が「冒頭の」です。一応SWRも下がりましたし、簡易電界強度計の指示値も
「それなり」ですが、やや不安定、移動運用に持ち出す気があまりしません。

MMANAのアンテナ定義。 オレンジ色の数字、文字が「冒頭の」です。
c 定義8jk

利得等の計算値です。「作成」が「冒頭の」です。
d けいさんちせいご


(4) 蛇足
(a)前回作成した8エレ・8JK(’13.12.10の記事)もやはりMMANAの計算値から
導波器Ra1、Ra2の長さを修正してSWRを下げ、簡易電界強度計の指示値も
「それなり」でしたが、やはりインピーダンスは20Ω付近で、アンテナの動作は
不安定でした(’13.12.20の記事)

(b)前の失敗を解析、反省することもなく同じ事を繰り返すと云うのもどうかと思う。
、、というのを物忘れが良いので、すぐ忘れて、、。  だめだね これは。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する