アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 10エレ・八木

(1) はじめに
自力ではエレメント数6以上の八木がうまく作れなくて、どうすれば良いか解らず、
とりあえずのお勉強用として、下記HPを参照して10エレを作ってみたのです。
http://g4cqm.www.idnet.com/2M%20YAGI/flowayagi.html


(2) ま、そんな事で、
a 設置

b 寸法

ブームはφ6薄肉ステンレスパイプ。エレメントはφ4アルミパイプ。給電部は従前と
同じM3プリント板スペーサを利用する構造で、何の進歩もありません。
c 給電3

参照HPの2m用の八木の寸法を433MHz用に換算した値を、MMANAに入力。
計算してみると、ほぼ無修正でSWRの計算値が下がりました。
d はじめの
それでは、とRaだけは少し長めに。他のエレメントはMMANAデータ通りの長さと配置
で作り、Raを切り詰めましたが、SWR2程度から下がりそうな気配がありません。
仕方なく導波器D1の位置を動かしたところ、良さそうな感触がありRaを更に切り詰めて
SWRは 432MHz:1.1 433MHz:1.0 434MHz:1.15 となりました。

分解状態
e 分解

いつもの簡易電界強度計で 7エレ・八木’14.01.24の記事) と比較しました。
f ひかくん
g 比較


(3) MMANAの 
  計算値
h けいさんち

 パターン
h ぱたん

 10エレのアンテナ定義
i 定義


(4) 蛇足
(a)導波器D1の当初の位置は放射器Raとの距離37mm。RaとD2との間隔の1/4ほど
の位置で「ずいぶん近いなぁ」という感じでしたが、前記のSWR修正でD1をRaと
とD2との間隔の1/2ほどの位置(Raとの距離71mm)まで移動。
エレメントの配置(見た目の感じも)ずいぶん変わりました。

(b)出来たアンテナは動作はしている様ですが、D1の位置を大きく動かして、参照HP
の記事とは大きく異なってしまい、変更後のエレメント配置でのMMANAの計算値
は前掲の様な値になり、なんだか訳の解らん事になりました。
勉強の付け焼き刃は やはりNGという勉強をさせて戴きました。「これからは
気持を入れ替え、本格的に勉強を!」とは、全然思わないのが私のエライところ。

(c)参照HPには50~1200MHz帯用の八木が記載されていますが、430MHz用は
エレメント数18以上の長い八木の為、144MHz帯用の記事を参照しました。
特殊なエレメント配置が特徴で、安定なアンテナであると云う様な事が書かれて
いる(らしい)以外にもいろいろ書かれている(らしい)のですが、私には程度が
高すぎて読解出来ません。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する