アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用2エレ高調波アンテナ

(1)はじめに
 2エレFD(’14.01.31の記事)が なんとか動作したらしいのに味を占めて、形が
FDによく似た高調波アンテナに反射器をくっつけて 2エレにしてみたのです。

高調波アンテナは折り返し(F)ではないエレメント長1.5λのダイポール(D)で、、FDと同じくスタブからの給電です。 これに反射器を追加して直接給電としました。
FDのように かなりイイ線いくだろうなぁと思っていたのですが、残念ながら。


(2)そんな事ではありますが、、。
a せっちすん

 分解状態
b 分解

 一応MMANAで計算して、そのデータ通りの寸法で作成したところ、SWRは
430MHz:1.15 431MHz:1.1 433MHz:1.0 435MHz:1.1 438MHz1.15 でした。
やれうれしやと いつもの電界強度計 距離2m 出力1Wで測ると 200μAと飛ばない。
2エレFDは、距離2m 出力1Wで500μA超 50mWで40μAでしたが。
c かく


(3) 蛇足
(a)スタブ給電の高調波アンテナは3エレと4エレ(’11.03.08及び’11.03.24の記事)を
作っており、簡易電界強度計の指示値は3エレ:350μA、 4エレ:500μA
でした。今回はスタブ無しの2エレですが、利得が小さすぎると思います。
MMANAのデータもかなりマトモで、そのデータの通りに作ったらSWRも下がり
2エレFDはかなり良かったねと期待して簡易電界強度計で測ったのですが、
「柳の下に2兎を得ず」と云う ことわざ 有りましたかね?

(b)実は最初にトライしたのは反射器と 更に長さ320mmほどの導波器を2本追加した
4エレ・高調波アンテナでした。MMANAによる計算値利得は10.13dBiでしたが、
簡易電界強度計2m 1wでの測定では300μAで、さほど良くありませんでした。
これを追確認する為に、2エレでもう一度作ったのですが、上記の結果でした。

(c)高調波アンテナ(’11.03.08及び’11.03.24の記事)の参考文献
(1)アンテナハンドブック1991年度版 (高調波アンテナ) CQ出版社
(2)アンテナクラフトマニュアル (1λハーモニクスアンテナ)  電波新聞社


(4) MMANAの
計算値  (2ele H=2エレ・高調波アンテナ)
d けいさんち

 2エレ・高調波アンテナの定義
e ていぎ

 パターン
f ぱたん
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する