アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

6エレ・FD八木(再)

(1) はじめに
MMANAで比較的良いデータが作れたので、データ通りの寸法にアンテナを作ったら、
SWR初期値は2.0位。エレメント長はMMANAのデータ通りなので、エレメント配置
を動かしてSWR調整を行ううちに、MMANAのデ-タとはかなり異なるアンテナに。


(2) ともあれ
a 設置

b すんぽ

 ブームは|100店の30cmのアクリル製定規です。Raエレメントはφ2ステンレス棒を
曲げ、BNCを半田付け。木綿糸と瞬間接着剤で、短く切ったアクリル定規に固定し、
ブームにローレットネジで固定しました。
c 給電部

 Reエレメント及び導波器はφ4アルミパイプです。ブームに接着したφ6(肉厚1mm)
透明ABS樹脂パイプに挿入、支持しました。

前記の様に、エレメント配置を動かして調整を行って、SWRは
430MHz:1.5 431MHz:1.2 432~435MHz:1.1 436MHz:1.2 437MHz1.4
いつもの簡易電界強度計で、距離2m 出力1Wでは500μA超 50mWで50μAでした。
指向性は解りませんが、ブーム長の割りには利得が大きい感じです。
注)「いつもの簡易電界強度計」は当ブログの「無線関連」カテゴリーに記事があります。

分解収納状態  重量は106gr.
d 分解


(3) MMANAのデータ(実際に作ったアンテナのエレメント配置を入力して計算)
計算値
e 計算値

 パターン
f ぱたん

 定義
g 定義


(4) 蛇足
(a)かなり狭幅の折り返しダイポールです。2エレFD八木(’10.10.11の記事)、
6エレ八木(’10.10.10の記事)と作って(MMANAは使用せずに)いますが、
エレメント配置は、今回とかなり異なり、利得は今回の方が大きい感じです。
残念な事に、’10の作成時に参照したHPは再び見つける事が出来ません。

(b)MMANAのデータと、実際に作ったアンテナの寸法がSWR調整でズレるのは
よくある事ですが、今回はかなりズレました。エレメント寸法などの誤差に敏感な
不安定なアンテナなのかもしれません。

(c)参考用として、最初のMMANAのデータを添付します。
h さいしょの計算値

i さいしょのぱたん

j さいしょの定義
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する