アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

50MHz用ダイポール

(1) はじめに
\100店で5mの巻き尺を見つけました。スケールを引き出すと2m長くらいまでは
腰折れしません。 


(2) その巻き尺を2個購入。
設置
 巻き尺の、たぶん中心と、表裏のケースを止めるらしいタッピングビスのあった2箇所
にφ3の貫通孔を開け、建築用?のt0.8鉄板2枚で両側から夾んでM3ねじで固定。一方
の鉄板に三脚で固定する為のw1/4のナットを、もう一方にBNCとミノ虫クリップを固定。
収納
 巻き尺を145cm引き出して塗装をヤスリで剥がし、ミノ虫クリップで接続しました。
BNCとミノ虫クリップの間にバランを入れましたがSWRが落ちません。インピーダンス
も100Ωあります。バランを外すと48~51MHzの範囲内でSWR1.7 インピーダンスは
は50Ω付近でした。 尚、SWRは狭い室内で測っており、かなりの誤差が見込まれます。
又、簡易電界強度計での測定はまだ行っていません。


(3) 蛇足
(a)50MHzのアンテナに5mの巻き尺を使うのが悪い。と お隣の猫が言いました。
すみません。6mの巻き尺は\100店には無かったのです。

(b)巻き尺の残り(5-1.5=3.5m長)がコイル状に巻かれている事が何か影響するか?
スケールを3.5m切り詰める事で、バランが動作する様になるかどうか?トライしよう
と思います。 ま そのうちに いつか もしかしたら 気が向いたら 。
尚、巻き尺のスケールはt0.12 19mm幅です。3.5m*2個分の重量≒128gで
切り詰める事で、軽量化(今の状態で 全体の重量は470gr.です)にもなります。 

(c)バランは http://www.ddd-daishin.sakura.ne.jp/ddd/67-qrp-balun/index.htmを参照
フェライトコアFT-40-53に2310同軸線とφ0.4ウレタン線を巻きました。
コイル巻きを間違えたかな?と2回作りましたが、同じでした。 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する