アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 DG7YBN・7エレ・八木

(1) こういう八木です。
a あんてな
エレメントはφ4アルミパイプ、ブームは薄肉φ6ステンレスパイプを使用。
b すんぽう

 給電部(上の写真、寸法図とは向きが逆です)
c 給電部2
t0.5のプラスチック板(何かの包装箱の透明窓だったと思います。結構腰があります)に
M3プリント板スペーサを2個乗せ、木綿糸と瞬間接着剤で固定。他のt3プラスチック板
で裏打してブームに乗せ、木綿糸+瞬間接着剤で固定後、全体を2液性エポキシ接着剤で
固めました。

 収納状態   アンテナ重量128gr.(エレメント40gr. ブーム79gr.)
d 収納
いつもの簡易電界強度計 距離2m 出力1Wで500μA超  50mwで50μA
SWRは431.6~433.4MHzの範囲内で1.2以下 431.8~433.2MHzの範囲内で1.1以下


(2) はじめに
参照HPは  http://dg7ybn.de/432MHz/GTV70_7.htm    です。

参照HPではNECで計算している様です。エレメント径はφ8で、放射器のみφ10です。
MMANAにHPのエレメント数値を入力しましたが、SWR等HPの記載とは異なりました。
考えても解りませんので、勝手にエレメント径を全てφ4とし、MMANAの最適化でデータ
を作りました。最適化を繰り返すうちに、放射器が垂直の直線状(つまり、普通の八木
放射器)に変化する等したため、元に戻ってやり直しを数回繰り返し、くの字の放射器
のデータが4、普通の八木の放射器のデータが2 出来たところで、利得とF/B比が一番
良いデータ(くの字放射器です)でアンテナを作る事にしました。但し、利得、F/B比とも
くの字、直線、に大きな差は無く、放射器が「くの字」である事の利点は、「解りません」

ま、ともあれ、 と、云う事で出来たのが前記のアンテナです。
上記のSWR範囲を「もう少し高い周波数にまで伸ばしたい。」ところでしたが、
放射器の長さを切り詰めてゆくとSWR最低値の周波数が単調に大きくなってゆく。」と
云う事ではなく、「特定の長さでのみ433MHz付近でSWRが下がる。」という妙な状態。 
製作の再現性は無いかもしれません。

上記の「特定の長さ」はMMANAデータよりも20mmほど長いのですが、データ通りの
長さにして、反射器の位置を移動しても433MHz付近でのSWR値は下がりました。
が、簡易電界強度計のデータは400μA以下と、利得の大きさは得られませんでした。


(3) 蛇足
(a)ブーム長に見合うだけの利得はありそうです。が、簡易電界強度計での感じでは
ビームの切れはかなり鋭く、ロケに良い場所でのCQには使いにくいかも知れません。
   
(b)MMANAのデータ
 計算値
e けいさんち

 パターン
f ぱたーん

 定義
g ていぎ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する