アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

 430MHz用 6エレ(FD)八木

(1) はじめに
 FD(折り返しダイポール)の八木の適当なHPを見つけてMMANAで遊んでいるうちに、
参照したとは言えぬ様なデータになりましたが。 まあ 作ってみました。


(2)見かけは普通の八木。エレメントはφ4アルミパイプ。ブームはφ3ステンレス棒。
a せっち
b すんぽ

放射器のφ4アルミパイプの間隔が5mmの折り返しダイポールです。
c ほうしゃき
φ4アルミパイプを短尺のφ5樹脂パイプ(肉厚1mm)に挿し、木綿糸と瞬間接着剤で
束ねて、間隔5mmとしました。両端の「折り返し部」はφ5*長さ4mm(肉厚0.5)の
黄銅パイプを2本並べて半田付けして嵌め、SWR調整後にM2ねじで固定。
給電BNCはアルミパイプ端部にφ3とφ4の黄銅パイプを重ねて挿入して半田付け。
d 給電部ほじ
φ3黄銅パイプとローレットねじを取り付けたt0.8鉄板をブームに半田付けし、これに、
t3樹脂板を接着した給電部を取り付け。D1など、放射器以外のエレメントは、ブームに
半田付けした短尺のφ5黄銅パイプに挿入、支持します。

 収納状態です、。ブームは3分割しました。 重量113gr.
e ぶんかい

(3)蛇足
(a)各エレメントの配置、長さはMMANAのデータ通りに。少し長めに作った放射器
を切り詰めてSWRの調整を行いました。放射器が少し長い状態では420MHz付近
でSWR1.0近くまで落ちましたが、更に切り詰めると、SWR最低値が1.2までしか
下がらなくなりました。 431.5~433.9MHzの範囲内でSWR1.2 で調整終了。

SWRに影響する要因が放射器の長さ以外に、何かあるのかな?折り返しダイポール
なるモノは、長さ調整せず、他のエレメント長さや配置で調整するモノなのかな?

(b)いつもの簡易電界強度計。 いつもの 距離2m 出力1Wでは500μA、
出力50mWでは50μAでした。ブームの長さなりの性能は出ている様です。
簡易電界強度計ではハッキリしませんが、ビームはかなり鋭い感じです。

(c)MMANAのデータです。
   計算値
f けいさんち

   パターン
g ぱたん

  定義
h ていぎ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する