fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

続430MHz用モクギの そのまた続き

(1)はじめに
  14.09.23の記事の続モクギで終わりにと、思っていましたが、ヒマなものだから、つい
 もう1本導波器を追加したのです。下図の、Ra1,2共に ]の形ではない、モクギ?に。
a h 5八木


(2)MMANAで遊んでいると、こんな事で、
b すんぽ

こんな事になったので、
d 計算値
c ぱたん

寸法図とは左右逆に作った。ブーム:φ6ステンレスパイプ。エレメント:φ4アルミパイプ
e あんてな
MMANAのデータから、Ra1の長さだけ調整して、SWRは431.6~434.5MHzの範囲内で1.1以下に。
いつもの簡易電界強度計1W、2mでは500μA超。2.3mでは450μAでした。
’14.09.23の記事の続モクギ(今回のより導波器が1本少ない)は2.3mで460μAでした。

 給電部
f きゅうでんぶ

 分解収納状態  重量79gr.
g ぶんかい


(3)蛇足
(a)前記の様にRa1の長さでSWR調整しましたが、エレメント長を長くするとSWR最低値の周波数
が高くなる。(短くすると低くなる)でした。見掛けからは、元がモクソンとは解りませんが、
普通の八木とは違った動作なのかな?

(b)MMANAの定義です。
h ていぎ

(c)このアンテナの名前。ヒマなのでつい6エレにしちまった事でもあり、作ったヤツの現状に
鑑み、 「もう6アンテナ」など どうかな と。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する