アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 7エレ八木(反射器が短い)

(1)はじめに
  MANAで遊んでいるうちに、、。  反射器よりも放射器の方が長い。  最も長いのは放射器。
SWRは一応小さくなったし、それなりの動作もしている様です。 


(2)左から2番目が、長い放射器
a せっち
 エレメントはφ4アルミパイプ、ブームはφ6ステンレスパイプ。

 写真とは左右が逆です。
b すんぽ

 給電部、エレメントの支持など、構造は従前に同じです。
c きゅうでんぶ

分解収納状態  重量は112gr.
d ぶんかい


Ra長さと、D2の位置移動でSWR調整を行い、429.1~435.2MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計 出力1W、距離2mで500μA超 2.3mで420μA でした。
ブーム長、エレメント数に対して 利得がやや小さ目かな?、ですが、 一応の動作
はしている様です。


(3)蛇足
(a)MMANAのデータ 
定義   
f ていぎ
(赤字の様に修正した後の計算値、パターンは(b)に示します。)

  計算値
e けいさん

 パターン
g ぱたん

(b)SWR調整結果に従って 定義を修正した MMANAデータ
計算値
h 修正後計算

パターン
i 修正後ぱたん
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する