アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 10エレ八木

(1)はじめに
  たまには、真面目に 普通の八木 ちょと長めの を 作ってみようかと。英文のHPを参照し、
 エレメントは移動用とするためにHP記載の1/2の径のφ4に変更し、折り返しダイポールの放射器を
直線状のダイポールに変更し(ちょっと無茶かな?とは思ったが・・・このあたりで既に不真面目)
MMANAでもっともらしくデータを作り、いつもの イイカゲン で作ってみたが、 

参照HPは、一応、  http://www.dxzone.com/cgi-bin/dir/jump2.cgi?ID=23736  です。


(2)結局 出来たものは
a すんぽ

ブームはφ8ステンレスパイプ。各エレメントはφ4アルミパイプ。
給電部はBNCを半田付けしたM3プリント板スペーサに、M3ねじを圧着したエレメントをねじ込み。
他のエレメントはブームに半田付けした20mm長のφ5黄銅パイプに挿入、支持。
b きゅうでんぶ

分解収納状態 ブームは4本に分割  アンテナの重量は175gr.(うちエレメントは52gr.)
c ぶんかい

MMANAの計算データの通りに作りましたが、433MHzのSWRは5.0付近。  困ったあげくに
D1、2、7の位置を移動。Raを切り詰めて、SWRは420~441MHzの範囲内で1.1以下になりました。
いつもの簡易電界強度計で、出力1W、距離2mで500μA超  距離2.3mで500μAでした。
一応、動作はしている様だが、1.4mもあるブーム長に見合う性能では無さそうですなぁ。 
いつもの事ながら、MMANAのデータからエレメント位置が大きくズレるのは、身から出た錆とは
云いながら、不気味が悪い。


(3)蛇足
(a)作ってはみたけど、性能もナンダカ・・であるし、ブーム長が1.4mもあり、無用の長物?
ハイカーで混雑する山頂では邪魔になりそう。 マイナーな場所で こっそり試してみようかな? 

(b)参照HPの八木は旋盤などの工作機械で作られた部品を使用し、固定用の堅牢な作りです。

(c)MMANAのデータ、最初の計算と、 実際に作った寸法を入力しての再計算と。
  意味があるのかどうか 解りませんが。 

  計算値
d もとけいさん

パターン  (参照HPの放射パターンは キレイでした)
e もとぱたん

 アンテナ定義
f もとていぎ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する