アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

 430MHz用 3エレFD(folded dipole) antenna

(1)はじめに
  参照HP   http://www.i1wqrlinkradio.com/antype/ch16/chiave89.htm
    及び  http://www.i1wqrlinkradio.com/antype/ch16/chiave1224.htm
2つのHPの内容はほぼ同じです。1.5λ長のフォールデッドダイポールに、イン
ピーダンス整合用のスタブから給電します。

 これらを参照してまず、ハーモニクスアンテナ(’10.02.17の記事)を参照HPの
とおりに「インピーダンス整合用スタブあり」で作り、次ぎに反射器を追加しました。

次は(’14.01.31の記事) インピーダンス整合用スタブを省略し、反射器の追加で、
インピーダンス整合を図った2eleFDを作りました

今回はやはりスタブは省略し、反射器と導波器を追加しました。但し導波器は1.5λ長
ではうまくゆかず、通常の八木と同じ0.5λ長の導波器の追加 です。


(2)前置きが長いですが、ともかく こんな事です。
a あんてな
MMANAでの計算では、1.5λ長の導波器の追加は利得、F/B比共に追加前よりもむしろ
低下しました。0.5λ長の導波器を1本追加したところ、利得、F/B比共に増加しました。
0.5λ長の導波器を更に(2本以上)追加すると利得、F/B比共に増加せずでした。
0.5λ長の導波器1本だけの追加が最も良い計算値でしたが、、 何故? 解りませんです。


導波器、反射器の配置、長さはをMMANAのデータのとおりに。放射器の長さをデータ
よりも25mm短く切り詰めて、SWRは、429.2MHz~435MHzの範囲内で1.1以下
いつもの簡易電界強度計、距離2m 出力1Wで450μAでした。

給電部
b きゅうでんb
各エレメントはφ4アルミパイプ。給電部のみ上図の様にBNCの半田付け部に黄銅パイプ
を圧着で連結し、木綿糸+瞬間接着剤で¥100店の30cm定規(を切ったプラスチック板)
に固定。

放射器は3分割。端部を30cm定規のプラスチック板で固定し、φ3黄銅パイプで連結。
c えれめんと連結
反射器も3分割。プリント板スペーサ(雌-雌タイプ)とM3ねじで連結

(下の写真の左)ブームは3分割。φ8及びφ6のABSパイプで竹串で回り止めして連結
d ブームの連結
(上の写真の右)フォールデッドダイポール導波器の先端はφ4アルミパイプを金槌で
潰した板?を巻き付けてM2ねじで固定。

 分解状態(アンテナ重量 116gr.)
e_201411231626289e8.jpg


(3)蛇足
(a)MMANAの計算値
  3エレFD:今回作ったもの。
2エレFD:’14..01.31の記事(反射器あり スタブ無し)
FD:’14..01.31の記事(反射器無し スタブ無し)
f けいさんち

(b)MMANAの計算パターン
g ぱたんぱ

(c)3エレFDのMMANAアンテナ定義
h ていぎ

(d)更に蛇足
いつもの簡易電界強度計で、距離2m 1Wで、2エレFDは250μA、3エレFD
は450μA(前記)でした。以上は昨日測定したものですが、’14..01.31の記事では
2エレFDが500μA超となっていました。 何故? 解らん。

(e)更なる蛇足
  現在3エレAWX(X字形の放射器、反射器に0.5λの導波器を1本追加したもの)を
使用しています。今週、4エレAWX(X字形の放射器、反射器、導波器の計4エレ)にトライしました。MMANAの計算では利得、F/N比共に現在の3エレよりも優れる
事になっていましたが、実際に作ったものはいつもの簡易電界強度計で300mμAと
飛びませんでした。 何故? 知らねぇ。
そんな事があり、今回の3エレFDを作ってみた訳ですが。 と云う事は??? 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する