アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 3エレ・ラケットアンテナ

(1)はじめに
   参照HPは   http://jr3kqf.info/aidea.html   JR3KQFk局のHPです。
  たくさんの記事の中に、430MHz用のラケットアンテナとして縦長の矩形(網?)に
柄(同軸ケーブル)が付いた、ラケットに似た形のアンテナが紹介されています。
この縦長の矩形(網?)を3つMMANAの助けを借りて、並べてみました。


(2)ところが
  左図は、MMANAの作図に寸法を記入したものです。矩形の姿勢が縦長になる様に、
  入力して、それなりの計算値も得られたのですが、いつもの簡易電界強度計では、
右の写真の様に、横長の状態で、垂直偏波となり、放射の最大値が得られました。
a あんてなん
 エレメントの配置間隔を変えてSWR調整し、430~434.2MHzの範囲内で1.1以下に。
いつもの簡易電界強度計で、出力1W、距離2mで、上図左の姿勢で、220μA。
上図右の写真の姿勢で、距離2mで500μA超 2.3mで400μAでした。

 上からみたアンテナ。エレメントはφ4アルミパイプ。ブームはφ8ABS樹脂パイプ。
b うえから


各エレメントはφ4アルミパイプ(肉厚0.5)を矩形に曲げ、Re,D1エレメントは、
短辺の中央で40mm長φ3黄銅パイプを挿入して圧着して連結。
RaエレメントはBNCの半田付けの為に、30mm長のφ3黄銅パイプに5mm長のφ4
黄銅パイプを重ねてφ4アルミパイプに挿入して圧着。お団子の竹クシで連結。
c 連結
各エレメントの1隅にφ6ABS樹脂パイプを(木綿糸+瞬間接着剤&エポキシ接着剤)で
固定し、ブームに固定した短尺のφ8ABS樹脂パイプに挿入、固定します。


分解、収納状態(ブームは2分割)アンテナ重量76gr.(うち エレメントは49gr.)
d ぶんかい
さて、この形では、移動時にザックにぎゅっと詰め込むと、エレメントが変形するはず。
何か、軽くて平たい丈夫な入れ物を調達する必要があります。


(3)蛇足
(a)参照HPに、エレメントは縦長の姿勢で図示されており、この姿勢で使用するもの
と思いました。MMANAの定義入力も縦長の姿勢で行い、違和感を感じないまま作り
ましたが、後で気が付いたら放射パターンに「水平偏波」と記載されておりました。
キュービカルクワッドもヘンテナもこの姿勢です。 素人には困ったものです。


(b)素人の作ったMMANAのデータ
 計算値
e けいさんち

 パターン
f ぱたん

 定義  エレメントが縦長矩形で定義されています。
g ていぎ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する