fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 9エレ八木(再)

(1)はじめに
  ’15.02.07の記事の9エレの八木は利得が小さめ?の感じがありました。
  このときのMMANAのデータについて、更に「最適化」を行い、さほど変わりは
しませんでしたが、出来たデータに従ってもう一度作りました。
’15.02.07のアンテナを分解して作り直したので、直接比較はできませんが、
元のアンテナより、ちょっと良くなった様だ(と思っています。)


(2)さておき、
a あんてな

さてさて
 「電界強度計の指示値」は いつもの簡易電界強度計 出力100mW距離2mでの
指示値です。前回の(’15.02.07の記事の)は出力1W 距離2.6mで400μAで、
直接比較ではありませんが、出力100mW 2mなら たぶん50μA以下と思われ、
今回の方が ちょいと良いのだろうと思います。 
b ひかく
 FD(’15.02.01の記事)はブームが短いのに、電界強度計の指示値は大きく、
 でも、SWR1.1以下の範囲が狭くて、。良いような、そうでもないような。


今回の寸法。SWR調整時にMMANAのデータからD2,D4の位置を移動しました。
c すんぽう


 給電部は いつもの構造です。
d きゅうでんぶ


 分解収納状態。 アンテナ重量145g(うちエレメントは48g)
e ぶんかい


(3)蛇足
(a)今回のが前回のより(たぶん)良いのは、 偶然そうなっただけ。
FDのSWR1.1以下の範囲が小さいが利得は大きいのも偶然。
このあたりの理由、理屈が、偶然解らないかな? 無理だよね。

(b)MMANAのデータです。
計算値(いずれもSWR調整前の元データです。)
f けいさん

 今回の パターン(SWR調整前の元データ)
g ぱたん

 定義
h ていぎ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する