アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 10エレ・八木(製作失敗)

(1)はじめに
  参照HPはhttp://dk7zb.darc.de/PVC-Yagis/10-Ele-70cm.htm です。 
  アンテナのデータをMMANAに入力して計算するとSWR1.3。 もうちょっと、、と
  最適化したデータで、「ブーム長は2mは長すぎだぁ」と言いつつ 作りました。

で、 SWRは下がりましたが、簡易電界強度計の測定では利得は8エレと同じくらい。
  ブームも長すぎるし、これは どうも。


(2)ともあれ
a あんてな
ブームはφ6薄肉ステンレスパイプ。設置時の両端の自重による垂れ下がりの補正の
為に、逆方向に曲げています。エレメントはφ4アルミパイプ。’15.03.04の記事と同じ
構造の通常のダイポール放射器です。
b すんぽ

 分解収納状態 アンテナ重量144g(うちエレメントは46g)
c ぶんかい


MMANAのデータからD2の位置を移動しSWRは431~435MHzの範囲内で1.1以下。
簡易電界強度計 距離2m 出力100mWで 90μA。 
これは8エレ八木(’15.03.20の記事-放射器は通常のダイポール)と同じです。
SWRの調整が不充分かな?とやり直してみましたが結果は同じでした。


(3)蛇足
(a)そんな事で このアンテナは製作失敗と判定しました。
   私にはよく有る事ですが、その原因が解らないのが もどかしい。

(b)MMANAのデータ
    計算値(これだけみれば 結構いい値なんだけど)
d けいさんち

     パターン
e ぱたん

  定義
f ていぎ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する