アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 3エレ・垂直指向性アンテナ

1)はじめに
  ’15.05.11の記事の垂直指向性アンテナ(以下2エレと呼称)についてMMANAの
助けを借りて1エレメント増やしました。
  反射器の追加では利得、指向性共に(MMANAの計算上は)殆ど変化が無く、
導波器を1本の追加です。


(2)そんな事です。
a あんてな
b すんぽぽ
 MMANAのデータの通の寸法でSWRは430.2~433.7MHzの範囲内で1.1以下。
SWR最低値は432.5MHz付近で1.0付近でした。いつもの簡易電界強度計で、
距離2m 出力1Wで460μA 100mWで60μA。
尚、2エレは1Wで、310μA、100mWで60μA でした。

 給電部の構造はの2エレと同じです。
c きゅうでんぶ

 分解/収納状態(重量63g)
d 分解


(3)蛇足
(a)導波器を1本追加で、アンテナの重量、ブーム長は大幅に増加。利得、指向性
   はそれに見合うほど増加したかどうか?
   導波器2本以上の追加をMMANAで試みましたが、利得、指向性増加の「効率」
   は、更に低下する様でしたので断念。 残念。

(b)MMANAのデータ
   計算値
e けいさんち

  パターン(赤線は水平偏波)
f ぱたん

 今回の3エレの定義
g ていぎ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する