アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 3エレCJU

 (1)はじめに
 CJUアンテナに導波器を1本追加。

CJUアンテナはネット上に沢山紹介されており、衛星通信用に、435MHz用と
144MHz用とを1本のブームに組み立てたものが多いです。これらを参照して
作った'09.01.10の記事を元にMMANAで導波器を追加しました。


(2)ま、ともかく
a あんてなすんぽ
  各エレメントはφ4アルミパイプ。ブームはプラスチック定規とABS樹脂パイプ。
  Raエレメントはφ4アルミパイプを長方形に(あまり上手でなく)折り曲げて構成。
  D1の位置の調整でSWRは431.2〜440MHzの範囲内で1.1以下。
  いつもの簡易電界強度計 距離2m 出力1W:500μA 、 100mW:80μA

    給電部
b きゅきゅ
  φ4アルミパイプのエレメントに、φ3黄銅パイプを介してφ4黄銅パイプを圧着連結。
  φ4黄銅パイプにBNCを半田付けし、エポキシ接着剤で補強。
  
   分解収納状態(アンテナの重量72g) 
c ぶんかい



(3)蛇足
(a)CJUと同じ様な(厳密には違うのかな?)長方形ループ状の放射器を使用して
八木アンテナを構成するLFA(Loop Fed Array)というのがありました。
参照HP:http://www.g0ksc.co.uk/intro-lfa.html 18〜30エレのyagiが紹介
されています。(4、6、9エレを作りました-----'11.09.09〜'11.10.11の記事)
  
LFAの放射器の方がCJUよりも細長い感じで、収納性は多少良くなりそうですが
    今回のCJUと同様の、3エレLFAのMMANAでの計算結果は、CJUが僅かに
良いデータ(単にMMANAを扱う技能の問題かも知れませんが、)でしたので、
今回はCJUを作った。という訳です。

  (b)MMANAのデータ
       計算値
d けいさんち

    パターン
e ぱたん

    定義
f ていぎ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する