アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 7エレJ/B八木

(1)はじめに
参照HPの表題は  A High Gain Mode J/B Yagi Antenna 
J/Bの意味は、私の語学力では解りませんでした。
HPのアンテナ寸法をMMANAに入力し、最適化を行って、、。


(2)ともかく。
a あんてな
 エレメントはφ4アルミパイプ。ブームはφ6薄肉ステンレスパイプ
b すんぽ
D1,D2の位置の移動でSWRを調整。 418〜442MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計 距離2m 出力100mWで 100μAでした。

給電部  M3プリント板スペーサを利用した、いつもの構造。
c きゅうでんぶ

 分解収納状態(重量105g うちエレメントは37g)
d ぶんかい


(3)蛇足
(a)参照HPは 数年前にダウンロード/記録しました。 今回、念のために見に行くと
 dxzone のパスワードが必要とかで、閲覧することが出来ませんでした。

(b)作るアンテナの選定の目安は、「利得は大きく、ビームは鈍く、ブーム長は短く」

   今回は、用意した二つの7エレ八木のMMANAデータについて、下表の様に比較。
e せんてい
Aは利得とF/B比の合計。 BはAをブーム長(m)で割った値です。
ゴマメの歯軋りのピントのズレた選定。そのときの気分で選ぶのが良いかも。

(c)MMANAのデータ
      計算値
f  けいさんち

     パターン
g ぱたん

   定義
h ていぎ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する