アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 8エレ八木

(1)はじめに
  '15.08.29の夜に作り、翌日 大塚山で使用したアンテナです。


(2)ともあれ
a あんてな
エレメントはφ4アルミパイプ。ブームのφ6薄肉ステンレスパイプは、自重による
垂れ下がり補正の為に逆方向に曲げています。(写真とは上下逆に設置、運用)
b すんぽ
SWRは432.6〜433.3MHzの範囲内で1.1以下と かなり狭い。
 いつもの簡易電界強度計 出力100mW 距離2mで110μA

   給電部
RaはM3プリント板スペーサで取り付け。 導波器等はφ5黄銅パイプに挿入支持。
c きゅうでんぶ

分解収納 (重量124g  うちエレメントは44g)
d ぶんかい

 ブームは3分割し、φ7黄銅パイプで連結します。
e はじめ


(4)蛇足
(a) 本来の参照HPは :http://dk7zb.darc.de/PVC-Yagis/7-Ele-70cm.htm
   7エレ八木です。 MMANAでエレメントを増減して遊んでいるうちに
なんとなく8エレに。 元の7エレは普通の八木でしたが、これは放射器が
反射器よりも長い。 作り手の ひねくれた根性が反映している  らしい

(bアンテナ重量の測定用の天秤秤(本来は郵便物の重量測定用)
f はかり
40gくらいまでは0.5g単位の読み取り可。
  ブームは1本づつ。アルミパイプのエレメントはポリ袋に一括して測定しています。

(c)MMANAのデータ
    計算値
g けいさんち

    パターン
h ぱたん

    定義
i ていぎ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する