アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 マグネチックループ(製作失敗)

(1)はじめに
  430MHz FMで移動運用中 「このアンテナ使用しています」の局と交信出来ました。
かなり強い電波を受信。 作ってみたくなりました。


(2)小人閑居して不善を為す。(ヒマ人はロクな事をしない で良かったかな?)
あんてな
メインループは280mm長のφ5黄銅パイプをイイカゲンに直径φ85mmほどに丸め。
メインループの開口部はφ7透明ABSパイプを嵌め、コンデンサとして3D-2Vの中心導体(&絶縁被覆)を挿入。中心導体の一端はメインループ(の写真右上)に半田付け。
メインループの開口間隔は11mm。3D-2Vの中心導体は右側の開口端から左に向かって、
11mm(と0.3mmくらいか?) 突き出しています。

給電ループはφ2黄銅線を直径φ20mmほどにイイカゲンに丸め、BNCの中心ピンと
メインループの中点に両端を夫々半田付け。

当初はメインループの開口間隔の調整のみでSWR調整をましたが、うまくゆかず
3D-2Vの中心導体を挿入しました。給電ループは最小φ6から最大φ50くらいまでの
4種類作って試し、SWRが小さ目の(偶然かも知れないが)φ20mmとしました。
上の写真の状態では、

SWRが調整出来たかな?メインループ開口部の透明ABSパイプを瞬間接着剤で接着。
メインループの開口間隔は11mm。3D-2Vの中心導体は右側の開口端から左に向かって、
11mmと0.3mmくらいか? 突き出しています。
SWRは432.1〜434.8MHzの範囲内で2.0以下。433MHz付近で最小値1.7。 
いつもの簡易電界強度計 距離2m 100mWで20μA 1Wで120μA
垂直偏波の指向性は写真の面に平行で上方に向かいます。

もう一度SWRを測ると、あれれ、2.0以下の範囲は 433.9〜437.2MHzでした。
とりあえず も一度トライする元気が とりあえず 出ておりません。


(3)蛇足
(a)このアンテナは大昔に作ったことがあり、「うろ覚え」でやってみましたが、
  うろ覚えの通りに、SWR調整が ものすごーく微妙。偶然にSWRが下がった
のではないかな?の感触。 偏波面については全く思い違いをしておりました。
   今回も うまく出来なかったけれど、 また いつか思い出したら作ってみよう。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する