アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 3エレCJU(垂直スタック)

(1)はじめに
  3エレCJUアンテナを新たに2本作り、垂直スタックとしました。
  ビームが鋭くならずに、利得が大きくなるのを期待して。
  
CJUアンテナはネット上に沢山紹介されています。四角ループ状の放射器と
反射器の2エレ構成で衛星通信用に、435MHz用と144MHz用とを1本の
ブームに組み立てたものが多いです。 
430MHz用のCJUに導波器を追加して3エレとしました。('15.07.05の記事) 


(2) で
b すんぽ
左右の向きが逆ですが
a あんてな
アンテナは、白色のφ8ABS樹脂パイプのブームにφ4アルミパイプのエレメントで構成。
 スタックバーは、白色のφ8ガラスフィラー強化樹脂パイプで構成。
 同軸管分配器(カテゴリー無線関連の'14.07.20の記事)で接続。

3エレCJUアンテナの造りは前回('15.07.05の記事)とほぼ同じす。SWR調整は
前回と同様導波器の位置調整で行い、一方が432.6〜437MHzの範囲内で、もう一方は
430.4〜435.8MHzの範囲内で1.1以下。 いつもの簡易電界強度計 出力100mW、
距離2mでの結果は 両方ともに同じ90μAでした。 
スタックの状態でのSWRは432.6〜436.8MHzの範囲内で1.1以下。 
いつもの簡易電界強度計 出力100mW 距離2mで、120μA でした。

当初、スタック間隔を1.2λ=831mmとしました。
SWRは430.6〜438.3MHzの範囲内で1.1以下。いつもの簡易電界強度計
出力100mW 距離2mで、110μA でした。スタック間隔を短くしたら、
利得が良くなるのでは?と、φ8ガラスフィラー強化樹脂パイプの3本継ぎの
スタックバーから1本を除去して2本継ぎ にしたところ、スタック間隔が
0.83λとなりました。 というのが上記の スタック間隔0.83λ=573mm
の理由であります。


分解収納状態  (総重量218g)
(アンテナの重量57g*2本=114g 、 スタックバー26g 、 同軸管分配器78g)
c ぶんかい
これら一式が¥100店のA4サイズの書類袋に入りました。
書類袋にガムテープで紐を取り付け、ザックに縛りつけて移動運用を行う予定です。


(3)MMANAのデータ
     計算値
d けいさんち

      パターン
e しんぐるぱたん

f すたっくぱたん

     定義
g ていぎ


(4)蛇足
(a)スタック間隔を1.2λ=831mmにした。 0.83λ=573mmにした。 について、

まずMMANAでスタック間隔を変えて計算値を算出(下表) 
Ga及びF/Bの最大値は間隔1.2〜1.3λにあり、これによりスタック間隔を1.2λに。
h りとくとかんかく
スタック間隔1.2λでの、いつもの簡易電界強度計の結果は上記の様に110μA。

遅まきながら、垂直面の放射パターンを確認。(下図) 
スタック間隔が大きくなるに従い、斜め上方(&下方も)への放射が大きくなる事が
解りました。Ga値が大きくても、斜め上下への放射成分に喰われてしまう。
i ぱひかく

スタック間隔0.6λでは斜め上下への放射はシングルより小さいが、利得は小さ目。
スタックバーを、スタック間隔0.83=573mmに作り直して、斜め上下への放射は
この程度なら、、なんとか と云うことで。 無理やり決着。

しんすたぱ


(b)スタックバーに使用した、ガラスフィラー強化樹脂パイプは曲げ剛性が大きく、
今回のアンテナ及び同軸ケーブルの重さによっても撓む事がありませんでした。
東急ハンズで購入していましたが、少し前から店頭に無く、入手不可になりました。
今回は僅かな残りをかき集めて作成し、無駄を出したくなかったので、中途半端な
スタック間隔としました。 初めから放射パターンに注目し、計算値と合わせて
検討しておけば、もう少しマシな事が出来たのではないかと。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する