アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 11エレ八木

(1)はじめに
DG7BYNから派生?した八木の7エレ('15.10.20の記事)、9エレ('15.10.22の記事)
に続き、9エレのMMANAAデータに2エレ追加した、3度目の11エレです。 。


(2)柳の下のドジョウも3度まで
a あんてな
φ6薄肉ステンレスパイプのブームは、設置時の自重による垂下を補正する為に
ブームを曲げました。設置は写真とは上下逆です。エレメントはφ4アルミパイプ
b すんぽ
  MMANAのデータからD3の位置の移動でSWRを調整しました。
SWRは431.2〜437.0MHzの範囲内で1.1以下。 いつもの簡易電界強度計で、
距離2m 出力100mWで160μA。 ブーム長の長い割には小さい。


   給電部   '15.10.20の7エレと同じです。
c きゅうでんぶ

   分解収納状態(重量166g うち エレメントは54g)
d ぶんかい


(3)蛇足
 (a)「利得とF/B比は大きく、ブーム長は短いが良い」を無理やり計算式にした比較。 
e [ひかく
   ブーム長(エレメント数)が大きくなるほどには利得は伸びないが、移動先での
組み立ての際の手間は、それ以上に大きくなる。11エレはあまり使えないかな?

 (b)DG7BYNの参照HPは  http://dg7ybn.de/432MHz/GTV70_7.htm  
   放射器が くの字型 の八木です。 

 (c)MMANAのデータ
        計算値
f けいさんち

        パターン
g ぱたん

        定義
h ていぎ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する