アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 3エレ?ヘンテナ

(1)はじめに
   1/2λヘンテナに、八木と同じ直線状の導波器を1本、反射器を2本。


(2)そんな事です。
a あんてな
エレメントはφ4アルミパイプ。ブームはφ6、φ8のABS樹脂パイプ
b すんぽぽ
  ヘンテナの給電エレメントの位置をMMANAのデータから1mm移動して
  SWRは431.3〜439.1MHzの範囲内で1.1以下。
  いつもの簡易電界強度計 出力100mW 距離2mで100μA。
  MMANAの計算利得くらいの利得はありそうです。


 給電部
 φ4アルミパイプの先端部にφ3黄銅パイプを中子にしてφ4黄銅パイプを連結し、
 1.5D-2Vを半田付け。1.5D-2Vの他端は、ヘンテナ外周にt3プラスチック板を
  介して取り付けたBNCに半田付け。1.5D-2Vの両端は、エポキシ接着剤で補強。
c 給電部
 当初、1.5D-2Vは長めにしておき、給電エレメントの移動でSWR調整を行いました。
433MHz付近でのSWR最低値が1.5程度で、給電エレメントを固定し、1.5D-2Vを
上の写真に切り詰めたところ、SWRが改善され、前記の値となりました。
ヘンテナは給電線の取り回しに注意したほうが良いようです。


分解収納状態(重量70g)
d ぶんかい


(3)蛇足
  (a)まず1/2λヘンテナのMMANAデータを作り、次に導波器と反射器を
各1本追加して計算を行いましたがSWRが収束せず。反射器を2本に
増やしたらSWRが収束しました。反射器同志の間隔の増減で、F/B比を
調整しましたが、導波器の長さが、えらく短くなりました。やはり変テナ。

(b)SWR調整はかなり微妙でした。八木の様にパイプに分解し、移動地で
   組み立て出来る様にするのは、私の腕前では無理だと思います
   ザックに詰めての移動運用はヘンテナの変形に要注意。
     
(c)MMANAのデータ
計算値
e けいさんち
 1/2λヘンテナは、MANAの計算のみ行いました。寸法は下図。
f すんぽ

     パターン
g ぱたん

h ぱたん

    定義(3エレ?ヘンテナの)
i ていぎ

   定義(1/2λヘンテナの)
j ていぎ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する