アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用   8エレLFA八木

(1)はじめに
LFAは “Loop Fed Array” 放射器が長方形ループの八木です。
参照HPは http://www.g0ksc.co.uk/intro-lfa.html  50、144、430MHz用の
LFAが掲載されていますが、430MHz用は18エレ以上のみ記載されています。
144MHz用の8エレの寸法をMMANAで430MHz用にサイズ変換して作成。


(2)こんなの です。
a あんてな
  ブームはφ6薄肉ステンレスパイプ、エレメントはφ4アルミパイプ
b すんぽ
 MMANAのデータから、D5の位置の移動でSWR調整。 430.9〜434.8MHzの
範囲内で1.1以下。いつもの簡易電界強度計 距離2m 出力100mWで130μAでした。

 φ4アルミパイプの反射器、導波器は、ブームに半田付けした短尺のφ5黄銅パイプ
 に挿入、支持します。
d えれめんと
Raの四隅はφ4アルミパイプ内にφ3黄銅パイプを挿入して曲げました。Raは4つに
分けて作り、φ3黄銅パイプで連結&圧着で組み立て。BNCの半田付け部は、短尺の
φ4黄銅パイプをφ3黄銅パイプでφアルミパイプと連結&圧着しました。
 Ra全体は樹脂板に木綿糸+瞬間接着剤で固定後、更にエポキシ接着剤で補強。
 ブーム側にも樹脂板を取り付けて、竹串とM3ローレットねじで固定します。 

 分解収納状態(重量143g うちエレメントは73g----樹脂板が意外に重い)
e ぶんかい


(3)蛇足
(a)先週、桜山で使用した2本も 同時に簡易電界強度計で測って(勝手な)比較。
  赤い罫線の欄は(MMANAの利得、F/Bの計算値)/(ブーム長)
  青い罫線の右端の欄は(簡易電界強度計の測定値)/(ブーム長)
c ひかく
 簡易電界強度計とブーム長との比の方が、使用時の感じに近いと 爺が自賛。

(b)LFA八木は過去に 6エレ(’11.09.22の記事)と9エレ(’11.10.11の記事)
  を作っていますが、いずれも(特に9エレは)ぱっとしない出来でした。
  今回、一見良さそうなのは たまたま かも知れないが、 知らんぷり。

(c)MMANAのデータ
      計算値
f けいさんちん

       パターン
g ぱたん

       定義
h ていぎん
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する