アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 8エレ八木(制作失敗)

(1)はじめに
  あるHPに 8エレのTマッチの八木が掲載されていました。
  そのまま作れば良いものを、不遜にも、形がTマッチに幾分か似ている折り返し
  ダイポールで作ってみようかと。 

(2)とどのつまり
a あんてなん
ブームはφ6薄肉ステンレスパイプ エレメントはφ4アルミパイプ
b すんぽ

(a)MMANAのデータから、D1,D3の位置を移動してSWR調整し、
   431.6~434.5MHzの範囲内で1.1以下となったが、いつもの簡易電界強度計 
   距離2m 出力100mWで50μA。 
(b)D1,D3の位置を元に戻し、Ra長を調整(片側3mm切り詰め)で
   SWRは431.9~434.7MHzの範囲内で1.1以下となったが、いつもの簡易
   電界強度計 距離2m 出力100mWで60μA。

  '16.01.17の記事の8エレLFAの簡易電界強度計の指示値は、130mAでした。  
  SWRは下がったが飛ばないSWRは下がったが飛ば、、、の原因/理屈は解りませんが
  不埒な態度が原因かもしれない。、


(3)蛇足
  (a)給電部は 間隔5mmの折返しダイポールです。
c ほうしゃきちゅ

 (b)放射器の取り付け
d きゅうでんび
   φ4アルミパイプの反射器、導波器はブームに半田付けした肉厚0.5mm
   φ5黄銅パイプに挿入、支持します。

(c)分解収納状態(重量136g うちエレメントは71g)
e ぶんかい

 (d)MMANAのデータ   
       計算値
f けいさんちん

       パターン
g ぱたん

        定義
h ていぎん


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する