アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 5エレ・スカイドア(製作失敗)

(1)はじめに
参照HP http://mk1502.web.fc2.com/ap04/43skydor.htm 430MHz用SKYDOOR
この記事から3エレ・スカイドア('16.02.27の記事)を作りました。
同じ穴のムジナを狙って、5エレにトライしてみたが、ムジナは連休で留守。


(2)こんなのです。
a あんと
エレメントはφ3アルミ棒又はアルミパイプ。ブームは\100店のプラスチック定規
b すんぽ
 MMANAのデータ通りの寸法(のつもり)に組み立て、SWRの最低値は428MHz付近。
 430MHz以下の周波数で1.1以下。432MHz:2.0 433MHz:2.8
 いつもの簡易電界強度計 距離2m、出力100mW 433MHz付近では、電流計の指針が
全く振れません。
 長方形のエレメントの長辺の長さは調整可能に作りましたが、SWR調整は出来ずでした。
 エレメント配置の修正は仮に行ってみましたが、SWRの改善は難しい様でした。


給電部
Raエレメントは、内部にφ2アルミ針金を挿入したφ3アルミパイプを曲げは四隅と
φ3アルミパイプの直線部との組み合わせで作りました。給電部はφ4黄銅パイプを
圧着して10mm間隔で穴あけしたφ6ABS樹脂パイプに挿入してBNCを半田付け。
ブームに「瞬間接着剤+M2ねじ」で取り付けたφ8ABS樹脂パイプ(スリットあり)
に挿入して支持します。
c Qでんぶ


Ra以外の各エレメントのブームへの支持方法はRaと同じです。手持ち材料の都合から、
φ3アルミパイプ+φ2アルミ線の圧着連結のエレメントとφ3アルミ棒の一筆書き曲げの
ものがあります。いずれもブームへの支持部のφ6ABS樹脂パイプの中で突き合わせて
φ4黄銅パイプで圧着連結しました。 尚、φ3アルミパイプのエレメントの重量は約10g。
φ3アルミ棒のエレメントは約20gでした。ただ、アルミ棒のほうが、はるかにしっかりしており
次回作るとするなら、アルミ棒で、と思います。
d えれめんとお


  分解収納状態(重量192g うちエレメントは74g) ブームは2分割。
e ぶんかい


(3)蛇足
(a)通常の八木に較べて作る手間がかなり多かったので、製作失敗でうれしいのです。
このところ、製作失敗が(再び)続いておりまするが、無思慮、無反省でゆくしか
出来ませんのです。

(b)MMANAのデータ
      計算値
けいさん

      パターン
ぱたん

定義
ていぎん
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する