アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430NHz用 7エレ八木

(1)はじめに
  普通の7エレの八木です。  


(2)まずは、
a あんと
 エレメントはφ4アルミパイプ、ブームはφ6薄肉ステンレスパイプ
b すんぽ7-4
MMANAのデータ通り(のつもり)に組み立てSWRは428.6〜436.3MHzの範囲内で
1.1以下。いつもの簡易電界強度計 距離2m 出力100mWで240μAでした。


      分解収納状態(重量102g うちエレメントは34g)
c ばらば


(3)蛇足
(a)今週4本めの7エレ八木です。 一応7エレ一番目=(7-1)てな番号をつけました。
(7-1)、(7-2)、(7-3)の参照HP元データは同一で、エレメント径、周波数帯を変更し、
最適化を繰り返してMMANAのデータを作りました。
(7-4)の参照HPは http://dk7zb.darc.de/PVC-Yagis/7-Ele-70cm.htm 元データは
430MHz用のエレメント径φ4で、MMANAにデータ入力後、数回の最適化で僅かに
データを変更して作成しました。
月曜日に(7-1)を作り、なんとなく簡易電界強度計の指示値が小さいような気がして
分解しては又作り、今日(木曜日)に4本目の'-4)を。無思慮に作り、反省の色も無く。

(b)(7-4)のMMANAデータ
        計算値
e けいさん

       パターン
f ぱたん

        定義
g ていぎ

(c)各アンテナのエレメント位置座標のみ比較
d ひかくすんぽ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する