アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 7エレ八木

(1)はじめに
  SWR調整で、最後端の反射器と最前端の導波器以外の全てのエレメント配置を
  MMANAのデータから変更してしまいました。MMANAのデータはあるHPの
  144MHz用の八木を430MHz用にサイズ変換して作りましたが。


(2)なんだがわかりませんが
a あんと
エレメントはφ4アルミパイプ。ブームはアルミ型材AC08551(8*5.5*1.0 コ断面)。
b すんぽ
MMANAのデータとおりの寸法(のつもり)に作って、433MHz付近のSWRは3.0。
上下の周波数でSWRが減少(増加)する傾向は殆ど無く、エレメント長はそのままで、
前記の様に、最前端と最後尾以外の全エレメントを移動し、SWRは432.3〜433.7MHz
の範囲内で1.1以下。いつもの簡易電界強度計 出力100mW 距離2mで340μAでした。


        給電部はいつものとおりです。
c Qでん
2本の12mm長のM3プリント板スペーサの外周を削り、26mm長のABS樹脂パイプ
の両端から押し込み。樹脂パイプに10mmで間隔で空けたφ4穴からBNCを半田付けし、
ブームに木綿糸+瞬間接着剤で固定後エポキシ接着剤で補強。Raはφ4アルミパイプの
一端にM3ねじを圧着して、プリント板スペーサにねじ込み。


        エレメントの支持もいつものとおりです
d Dはき
エレメント受けとして、ブームにφ6ABS樹脂パイプを木綿糸+瞬間接着剤で固定後
エポキシ接着剤で補強。φ4アルミパイプのエレメントに短尺のφ5アルミパイプを
M2ねじで取り付け、エレメント受けに挿入した際の位置決め&抜け止めとしています。


         ブームは3分割しました。
e 2なぎ
φ6黄銅パイプを金槌で叩き潰して先端に幅3mmのスリット、後端にM3ローレットねじ
を設け、挿入後、相手側ブームの待ちうけのM3ねじと嵌合すると共に、ローレットねじ
を締めて結合します。


          分解収納状態(重量145g うちエレメントは40g)
f ばらし


(3)蛇足
(a)1〜2本のエレメント配置の変更でのSWR調整はよくありましたが、、、。
   なんだかわかりませんが、簡易電界強度計の指示値は、まあ、それなり なので。

   ところで、各エレメントは木綿糸+瞬間接着剤で仮固定していますが、ブームには
   瞬間接着剤を使用しません。この状態では各エレメントはブームに沿って、自由に
   スライド、移動可能です。SWRが落ち着いたところで、ブームにも瞬間接着剤を
   使用し、その後エポキシ接着剤で補強。といった段取りです。

(b)MMANAのデータ
       計算値
g Kさん

       パターン(元のMMANAデータ)
h ぱたん

       定義
i ていぎ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する